【都内図書館で】アンネの日記とは【破損相次ぐ】

kangokuusako

アンネの日記

『アンネの日記』(アンネのにっき、オランダ語: Het Achterhuis)は、ユダヤ系ドイツ人の少女アンネ・フランクによる日記様の文学作品。
アンネの日記 – Wikipedia

アンネ・フランクってだれ?

[1929~1945]ユダヤ人の少女。フランクフルトの生まれ。ナチスの迫害を避けるため、家族とともにアムステルダムの隠れ家に移り住む。2年後に強制収容所に送られ、病死。没後、隠れ家での生活を綴った「アンネの日記」が父オットーにより出版された。
フランク とは – コトバンク

都内の図書館でアンネの日記関連の本が破られたりしているそうです。

東京都内の複数の図書館で「アンネの日記」や関連図書が破られる被害が相次いでいることが21日、分かった。
「アンネの日記」破損相次ぐ=都内図書館で、被害250冊超 (時事通信) – Yahoo!ニュース

被害は250冊に上り、各図書館は警視庁に被害届を提出。同庁は器物損壊容疑などで捜査している。
「アンネの日記」破損相次ぐ=都内図書館で、被害250冊超 (時事通信) – Yahoo!ニュース

早く犯人が捕まることを祈っています。

https://matome.naver.jp/odai/2139296219915836301
2014年02月21日