もうすぐソチオリンピック女子フィギュアSP キム・ヨナの画像をまとめました!

otokudaisuki
金 姸兒(キム・ヨナ、1990年9月5日[4] – )は、大韓民国のフィギュアスケート選手(女子シングル)。2010年バンクーバーオリンピック金メダリスト。2009年、2013年世界選手権優勝。
1990年9月5日、富川市で生まれる
家族は両親と3歳上の姉。カトリック教徒で、ステラという洗礼名を持つ。2009年3月より高麗大学校に在籍。母親が代表取締役を務めるマネジメント会社「オール・ザッツ・スポーツ(AT SPORTS)」に所属
2010年4月には『タイム』誌のオンライン投票「世界で最も影響力のある100人」のヒーロー部門で2位に選ばれた
読売新聞社と韓国日報社が2010年4月に発表した日韓共同世論調査によると、日本人が親しみを感じる韓国人の1位が金妍児で、50%が金に親しみを感じると回答した
同年8月、韓国系米国人が最も多く居住するロサンゼルスを訪問することを記念し、ロサンゼルス市議会は8月7日を「金妍兒の日」と定めた
金の活躍により韓国ではフィギュアスケートがブームとなった。世界選手権で初優勝した2009年度は米フォーブス誌に「韓国で最も影響力ある有名人」に選ばれた。
2018年冬季五輪平昌招致委員会の広報大使も務めた。2011年7月6日の国際オリンピック委員会総会の最終プレゼンテーションでスピーチし、平昌招致決定に貢献した。また、現在も平昌スペシャルオリンピックの広報大使としても積極的な広報活動を行っている
ISUジャッジングシステムのもとで行われた主要国際競技会において、女子シングル史上初めて200点台を出した選手(2009年世界選手権)。
2010年バンクーバー五輪でマークしたショートプログラム(SP)、フリースケーティング(FS)、総合得点のパーソナルベストはいずれも歴代最高得点であり、このスコアは2012年にギネス世界記録として登録された
https://matome.naver.jp/odai/2139281044207243201
2014年02月19日