農業と福祉が連携!今、注目の「農福」とは

kookok
農福をまとめてみた

農福とは?

就労系障害福祉サービス事業所等を利用する障がい者が様々な農作業に従事し、障がい者の農業分野での就労を促進するため、農家と就労系障害福祉サービス事業所との農作業受委託のマッチング支援を行うほか、特産品生産に係る支援など受注体制強化のための取り組みを行っています
農福連携の事業制度/障がい福祉課/とりネット/鳥取県公式サイト

人手の足りない農家と働く場を探してる障がい者が手と手を取り合う仕組みです。

背景・目的

●障がい者の自立支援へ向け、障がい者の働く場の拡大や就労支援事業所における工賃向上が不可欠ですが、現状では、就労支援事業所内における受託作業(内職)が中心であり、さらに就労の場を開拓していくことが必要です。

●農業においても、繁忙期の労働力確保や、担い手不足、耕作放棄への対策、加工を含めた六次産業化等の課題があります。

●農作業の受け皿として障がい者が就労する余地は大きいが、現状では両者を結び付ける機能がないことから、両者のマッチング体制の構築と、地域の関係機関による支援ネットワーク形成を行います。障がい者にとっては就労の場の拡大や工賃の向上、農業経営体にとっては担い手確保や六次産業化へつなげ、双方にメリットのある連携を目指します
農福連携

農福による地域の活性化、まちづくりにつながる取り組み

岡山県玉野市にある社会福祉法人同仁会のぞみ園です。ここは最近、雑穀のアワ、ヒエを作っています。地元の農家の人たちが自分の畑も使ってよ、と技術指導も一緒にやってくれる。地元を巻き込んでまちおこし、まちづくりの一環としてこれがうまく回りつつあります。
農業と福祉〜全国の先進事例を参考に – グローバルコラム – 環境goo

三重県四日市の呼夢は知的障害者が働いていますが、成功のポイントは餃子の材料にする低農薬の野菜づくりです。白菜、ショウガ、キャベツ、ネギを調理して水餃子の中身に使われています。野菜を作るだけでなく餃子まで作っていて、大変評判が良いのです。
農業と福祉〜全国の先進事例を参考に – グローバルコラム – 環境goo

福祉施設の作ったチーズが世界の一流ブランドになりました。

福祉施設の農業への取り組みを調べました。私はそれらの実践例は四つに分類できるのではないのと思っています。第一の分類は日本を代表する世界に誇れる農業、いわば成功している事例です。
農業と福祉〜全国の先進事例を参考に – グローバルコラム – 環境goo

北海道新得町にあるNPO共働学舎の例で、宮嶋望さんが、30年くらい前から知的障害者など70人と一緒にやっている牧場です。農業組合法人としていろいろな立場の人たちが共同生活をしています。米国の大学を出た宮嶋さんが工夫して作り始めたチーズが、今では「さくら」をはじめ一流ブランド製品になっている。東京駅の前に北海道のアンテナショップがありますが、そこで一番売れているのがこのチーズです。2年前の洞爺湖サミットで各国の首脳にも出されました。
農業と福祉〜全国の先進事例を参考に – グローバルコラム – 環境goo

障がいのある人を労働力として受け入れてみませんか?

農の福祉力: アグロ・メディコ・ポリスの挑戦
農福連携による障がい者就農

農業と福祉で手と手を取り合う

社会福祉施設、社会福祉の関係者は、農業を行うには大変良い条件にあり、農業は高齢者、心身障害者の健康維持に大変役立つのではと思っています。昔の農業の形態を思い出して下さい。畑や田んぼで家族が、人手が足りないので親戚や近所の人たちが協力して農作業をしました。まさに「結」の精神は日本の農家で生まれたのです。今、障害者、高齢者が社会的に孤立し、ホームレスは社会から排除されています。それが日本の伝統的な農業においては皆結びついていた。農業は人と人とを結びつける日本古来からの形だったことに着目しなければいけません。
農業と福祉〜全国の先進事例を参考に – グローバルコラム – 環境goo

https://matome.naver.jp/odai/2139226624615181701
2014年02月13日