マクロスF曲まとめ。【ランカ】【シェリル】パチスロ。

ryu0707
マクロスFの曲まとめです。また新しいパチスロ出ますねー!
マクロスF
『マクロスF』(『マクロスFRONTIER』『マクロスFrontier』とも表記、マクロスフロンティア、MACROSS Frontier)は、日本のテレビアニメ作品。およびそれを原作としたメディアミックス作品。2008年4月から2008年9月までMBS・TBS系列で放送された。全25話。「マクロスシリーズ」初のハイビジョン制作・地上デジタル放送。

『超時空要塞マクロス』をはじめとする「マクロスシリーズ」生誕25周年記念作品であり、テレビアニメでは『マクロス7』以来13年ぶりの3作目となる。

主な登場人物

早乙女 アルト
本作の主人公。美星学園高校パイロット養成コースに通う高校生。
端正な顔立ちと長い髪からよく女性に間違えられるが、れっきとした男子。普段は反抗的で斜にかまえた性格。歌舞伎の名門の家系に生まれたが、空への憧れと父親との確執からバルキリーパイロットを目指している。マクロス・フロンティアの中での暮らしに悶々とした想いを抱いていたが、 バジュラの攻撃により、最新のVF-25に乗り込むことに。
ランカ・リー
『マクロスF』に登場する2人のヒロインの1人。緑の髪をした少女で、歌が好きで、銀河の妖精と呼ばれるトップシンガー「シェリル・ノーム」と出会ったことをきっかけに歌手を目指すようになる。やがて芸能プロダクションに入り、映画出演をきっかけに「超時空シンデレラ」と呼ばれるスーパーアイドルになってゆく。
シェリル・ノーム
『マクロスF』関連作品に登場する2人のヒロインの1人。ストロベリーブロンドの髪をした美人で、銀河の妖精と呼ばれる人気トップシンガー。もう一方のヒロインであるランカ・リーが幼さが残る少女であるのとは対照的に身長は高く、ボディラインもセクシー。性格は自信家で、高飛車な振る舞いをする毒舌家だが、普段は他人に見せない繊細な面や、やや子供らしい面も持っている。またプロの歌手である自分に誇りを持っており、トップシンガーであり続けるための努力は惜しまない。

シリーズの伝統である歌姫については、1980年代の清純派アイドル風のランカ・リーと、現代の洋楽ディーヴァ風のシェリル・ノームがダブルヒロインとして登場する。ランカ・リー役は、約5000通の応募からオーディションで選ばれた新人・中島愛が演じており、歌唱シーンも中島本人が担当している。シェリル・ノーム役は、声優とシンガーがそれぞれのパートを担当する『マクロス7』と同様の手法が採られており、「歌シェリル」を女性歌手のMay’nが担当している。放送中には物語とリンクする形でヒロイン2人のオフィシャルブログも掲載された。
楽曲の多彩さに加え、作中の随所で歌唱シーンを演じている影響から、主題歌・挿入歌のシングルやサウンドトラックがオリコンチャート5位以内に飛び込むセールスを記録、武道館ライブの先行予約には23万件の応募が寄せられ、当選倍率は20倍を上回った。

https://matome.naver.jp/odai/2139222645199656801
2015年10月05日