美しい髪のために…『正しいブラッシング方法』とは?

mahalo_green
ヘアスタイルを整えるだけが、ブラッシングの役割ではないそう。頭皮の血行を良くしたり、頭皮の角質を落としてくれたり、髪に良いこといろいろ。ただし、間違ったブラッシングをしてしまうとダメージヘアの原因に…。適切なブラシの選び方と、正しいブラッシング方法をご紹介。

1日に1回以上、できればシャンプーの前に、ゆっくりと髪をなでるようにブラッシングすることをおすすめします。
All About(オールアバウト)

◆ブラッシングの効果

シャンプー前のブラッシングは、ホコリやフケが落ちるので洗浄効果がアップ
ブラッシングで豊かな髪づくり : 女性のための育毛講座

髪のもつれを解いて、洗髪時の抜け毛を防ぐ働きもあります。

根元から毛先に向けてブラッシングすることで、髪全体に皮脂をゆきわたらせ、つややかでうるおいのある髪をつくります。
ブラッシングで豊かな髪づくり : 女性のための育毛講座

皮脂の分泌を促して髪に行き渡らせる効果、頭皮の余分な角質を落とす効果もあります。
2/2 基本が肝心! ブロー&ブラッシング術 [髪の悩み・対処法] All About

頭皮を適度に刺激することで血行がよくなり、髪に栄養がしっかり届くようになります。
ブラッシングで豊かな髪づくり : 女性のための育毛講座

髪の成長促進にもいい影響を与えるので、髪の発育を促します。

◆ブラシの選び方

ブラッシングには、必ずブラッシング専用ブラシを使うこと
ブラッシングで豊かな髪づくり : 女性のための育毛講座

目の細いくしやブロー用のロールブラシは不向きです。素材は、静電気を発生させず毛先の柔らかいものがベスト。豚毛や猪毛のブラシなどなら理想的です。

▶獣毛製(猪毛や豚毛など天然毛を使ったヘアブラシ)
2/2 基本が肝心! ブロー&ブラッシング術 [髪の悩み・対処法] All About

髪に自然なツヤを与える効果があるとされています。ただ、密度が高いものが多く、髪が摩擦を受けやすいので、ぬれた髪には使わないでください。また、植毛してあるため、穴に汚れや水分がたまり、雑菌が繁殖することがあります。定期的にクリーニングして、毛を下にして乾かしてください。

KENT
英国伝統のブランド「KENT」
1777年にイングランドで誕生したブランドです。200年以上前から現在まで、ブラシのトップブランドとして英国御用達の証しを授かりながら世界的地位を確立しております。
歴史と格式のため、素材の厳選からはじまり伝統技術を守り続ける職人のこだわりが最高の品質を生み出し続けています。

▶ナイロン製、ポリエチレン製
2/2 基本が肝心! ブロー&ブラッシング術 [髪の悩み・対処法] All About

軽くて扱いやすく、目がつまっていないものが多いので摩擦が少ないのがメリット。洗えるので清潔に使えます。しかし静電気が発生しやすく、切れ毛の原因になってしまいます。静電気を防止する工夫がしてあるものがおすすめです。ナイロン製よりポリエチレン製の方が静電気が起こりにくいので、材質を確認してください。

AVEDA
ブラシ部分が頭皮に刺激を与えマッサージ効果を高めるヘアブラシです。ブロードライやスタイリング時の髪や頭皮への負担を緩和するようデザインされており、空気穴がほどこしてあります。

▶木製
2/2 基本が肝心! ブロー&ブラッシング術 [髪の悩み・対処法] All About

静電気が起こりにくいのが特長です。硬いので、頭皮に力がかかり過ぎないよう、注意して使ってください。

REDECKER/レデッカー
REDECKER(レデッカー)は1936年創業のドイツの老舗ブラシメーカー。良質な天然素材を使用し、熟練された職人の手によってひとつひとつ丁寧に作られるブラシは、何年、いえ、何十年と使い続けられるものばかり。使えば使うほど手になじみ、愛着が湧いてくる、いわば一生モノ。

ブローの時は、円形のスタイリングブラシが扱いやすく、髪の内側から乾かしやすいので便利です。
2/2 基本が肝心! ブロー&ブラッシング術 [髪の悩み・対処法] All About

◆ブラッシング方法

1)パサつくときはまずケアを
ブラッシングで豊かな髪づくり : 女性のための育毛講座

髪がパサついていたり静電気が起きやすいときは、ブラッシング前に髪を水でやや湿らせるかブラッシング用のスプレーなどで保護しましょう。ロングヘアの場合は、ヘアクリームや椿油などを毛先につけると、ブラシの滑りがよくなり枝毛、切れ毛が防げます。

2)毛先のもつれをほぐします
ブラッシングで豊かな髪づくり : 女性のための育毛講座

髪の根元からいきなりブラシを入れて引っ張ると、切れ毛が生じたり毛根にダメージを与えてしまいます。まずは毛先のもつれやさしく解きほぐすこと。毛先の痛みが激しいときは、手を添えてていねいに行います。

3)徐々に根元へ向けてブラッシング
ブラッシングで豊かな髪づくり : 女性のための育毛講座

毛先がほぐれたら次は髪の真ん中、そして根元へと順番にブラッシングします。抜け毛を最小限にとどめるためにも、ブラシはゆっくり動かすのがポイント。時間がない時でも、ここだけはしっかり守って。

4)仕上げのブラッシング
ブラッシングで豊かな髪づくり : 女性のための育毛講座

最後に髪の根元から毛先に向け、髪の流れに沿って全体をブラッシングします。このとき、ブラシの毛先を決して頭皮に強く当てないように。心地よい刺激を感じるくらいのソフトなタッチでブラッシングしましょう。

◆間違ったブラッシング

× 根元から毛先にかけてのブラッシング
髪や頭皮にトラブルがあったらシャンプーを変える前にブラッシングの仕方を見直そう! | 乙女ハック

根元から毛先にブラシをかけてしまうと、毛が抜けてしまう可能性が!毛先からブラシをかけて、髪の絡まりを少しずつとかしていくようにしましょう。

× 間違ったヘアブラシを使っている
髪や頭皮にトラブルがあったらシャンプーを変える前にブラッシングの仕方を見直そう! | 乙女ハック

合成毛でできたヘアブラシではなく、イノシシの毛でできたヘアブラシを試してみるといいかもしれません。猪毛ヘアブラシは頭皮から出る自然な油を毛先まで浸透させてくれます。

× 汚れたブラシを使っている
髪や頭皮にトラブルがあったらシャンプーを変える前にブラッシングの仕方を見直そう! | 乙女ハック

チークブラシなどを洗うように、ヘアブラシも週に一度は洗った方がいいでしょう。せっかくキレイな髪をとかしているのに、前日の汚れが頭皮や髪にうつってしまいフケなどの原因になる可能性が…。

◆ブラシのお手入れ方法

シャンプーを溶かしたぬるま湯の中で、軽く動かしながら汚れを落とします。十分にすすいだ後、柄の部分の水分を拭き取り、毛の部分を下にして乾いたタオルの上に置いておきます。
ブラッシングで豊かな髪づくり : 女性のための育毛講座

https://matome.naver.jp/odai/2139201013011920701
2014年02月12日