【I♡TEA】 『KUSMI TEA』の魅力

kana216357
紅茶党の皆さんも、そうでない皆さんも。ロシア発、パリ育ちの『KUSMI TEA』でお気に入りのフレーバーティーを見つけよう!

皆さんは紅茶って好きですか?

うち紅茶派ー。コーヒーは甘くないと飲めない
@y_zakuro_r ここの紅茶めっちゃおいしいから好きなんですよお川o’-‘)フフ♪

L&M@OxoRie

紅茶うまい*☆*─p(o´・ω・`o)q─゚+o。o+゚─p(o´・ω・`o)q─*☆*

紅茶は日本人にも馴染みのある飲み物になりました

日本が初めて紅茶を輸入したのは明治20年(1887年)で、たったの100kgでした。
日本紅茶協会 | 紅茶を知る | 紅茶の歴史

日本における紅茶文化も100年以上になるんですね。

1980年後半の缶やペットボトル入り液体紅茶飲料の登場などによって、紅茶製品は一気に多様化し、さまざまなライフスタイルにあった飲み方が去れるようになりました。
http://www.eonet.ne.jp/~nkgw/chishiki/01history.ht

確かに、コンビニにもたくさんの種類が置かれていますね。

最近増えてきているフレーバーティーって?

フレーバーティーとは、紅茶や緑茶などをベースに香料や花びら、果皮などで香りを付加した飲料であり、ドライフルーツや花びらなどを茶葉に混ぜたものもフレーバーティーとされる[1][2]。
フレーバーティー – Wikipedia

ストロベリーティーやオレンジティー、キャラメルティーなんかもフレーバーティーですね。
最近はこういったフレーバーティーが増えてきています。

そのフレーバーティーでお勧めしたいのがこちら。

クスミティの創始者クスミチョフはその帝政ロシア時代の1867年セントペテルスブルグにて創業。
KUSMI-TEA 御紹介

ロシア発のブランドなんですね!

香りの国フランスの茶師たちが自信をもってお勧めする、茶と様々なフルーツ、花、スパイスの競演は絶妙です。
KUSMI-TEA 御紹介

創始者がロシアからフランスへ亡命してからも続けていくうち、仏露の良い融合となったんですね。

パケ買いしちゃう可愛さ!!!

何よりまずパッケージが可愛い!!!
1個包装もあるので、オフィスなんかにも持っていきやすいですね。

沢山のフレーバーがあるのが人気の理由

数十種類のフレイバーティーがあるのも魅力の一つ。
その日の気分に合わせて、お好みの一杯を見つけてみては??

https://matome.naver.jp/odai/2139088611965861801
2017年05月30日