【結婚式】やっておけばよかった・・・後悔しないためのブライダルエステ!【画像アリ】

kinoko13
人生でたった一度きりのウエディングドレスを着る機会。それなのに、後から式の写真を見返すと、「顔が大きい」「二の腕が目立つ」「ニキビが・・・」と後悔している花嫁さんも多いそう。ブライダルエステがまだピンと来ていない方にも、参考になれば幸いです♪

■ブライダルエステは「最高の花嫁姿」を目指すためのエステ

ブライダルエステは、挙式日に目標を定めた集中ケア。花嫁姿が一番キレイになるようコンディションを整えるのが目的。一方、普通のエステは日常的に通って長期的にキレイを目指すもの。
ブライダルエステの特徴は、「ドレスを美しく着こなすためのケア」ということ。顔やデコルテ、背中などドレスから露出する部分を中心に、肌トラブルの軽減や脱毛などで外見を磨くほか、忙しい花嫁の心身をリラックスさせる効果も。カウンセリング時に期間や予算に応じてプログラムを組めるので、希望に合ったお手入れが可能。
ハリのないお肌、背中のニキビ、ぷよぷよ二の腕・・・。ブライダルエステでは、オーダーメイド感覚で施術内容を相談できるので、ドレス映えもバッチリ。また、顔&ボディの輝きを左右するシェービングは、ぜひやっておきたいケアのひとつ。

■ブライダルエステの効果を画像で比較

上半身のむくみ解消
前後比較すると、首周り二の腕がすっきりしています。
上半身のむくみを解消することで、小顔効果もあるのだとか。
ウエディングドレスを着たときも、きれいなスタイルが映えそうですね。
ブライダルシェービング
襟足がきれいになり、肌色が明るくなっています。
襟足は、アップのヘアスタイルをされる場合に特に気をつけたいポイントです。
背中シェービング
肌色が明るく、きれいになっています。
ドレスを着た際、露出度の高い背中。花嫁自身からはいえない部分なのであまり気にされない方が多いのですが、実はゲストは一番注目している箇所なのだとか。
背中ニキビ対策
露出度が高く注目されがちな背中のニキビは、特に気にしてほしいポイント。
ブライダルエステをすることで、かなり目立たなくすることが出来るそう。
二の腕対策
ブライダルエステをすることで、かなり細くなっています。
背中と並んでゲストの注目を集めがちな二の腕。
ドレスの袖から肉があふれている・・・なんてことにならないよう、十分気をつけたい箇所です。

■ブライダルエステ、いつから始めるの?

一昔前では半年以上前から通うのが当たり前だったブライダルエステも、今は式直前の駆け込み派が圧倒的に増えているようです。
普段お仕事をしている人や、妊婦さんで安定期待ち…というケースだと、やはり3ヶ月前ほどが妥当なのでしょう(^^)b

ブライダルエステの期間と費用は比例するもので、準備時間が長ければそれだけ出来るケアも多くなり、ブライダルエステの予算は高めに見積もるべきということになります。最近では結婚式自体の予算を減らすために、ブライダルエステの予算をできるだけ抑える傾向に。

■先輩花嫁が「ブライダルエステやっておいて良かった!」部位

【第1位:背中】
「背中のニキビはメイクで隠しにくいから、ケアしておくべき」
「ゲストとの距離が近くなるパーティ歓談時、背中はアップでみられます」
自分では気がつきにくいけど、「意外と目立つ!」という声が。背中が開いたドレスを選ぶなら、ケアは必須!

【第2位:フェイス】
「化粧のりが格段に良くなって、メイクさんに褒められた」
「エステをしたら、血色のいいツヤ肌になれた。いちばん写真を撮られるのは顔!」
どんな場面でもゲストの視線が集中するのは、やはりフェイス。トリートメント+シェービングで、メイクが映えるなめらか肌を。

【第3位:デコルテ】
「顔アップの写真は、デコルテの肌の質感がよくわかる。お手入れしてよかったと思った」
「首にシワが多いと老けた印象に。エステをしたらハリが出た」
首から鎖骨にかけてのデコルテは、フェイスとセットでみられていると意識すべき。また、年齢が出やすい部位という意見も気になるところ。

■ブライダルエステの出来るエステサロンを探すなら

https://matome.naver.jp/odai/2139071786970284701
2014年01月26日