2014年バレンタイン 東京で買えるチョコレート5選【カカオマニア推薦】

lovedrop
2014年バレンタインまでもう少し!自称カカオマニアが推薦する東京で買えるバレンタインチョコレートをまとめました。

2014年1月17日にオープンした話題のお店。
「ル パティシエタカギ」のオーナーシェフの高木康政が監修した高級キットカットを販売しているが、1本315円という価格にもかかわらず連日完売が続く。
誰もが知っているチョコレートの高級版なので購入できれば話題間違いなし。

【店舗情報】https://www2.seibu.jp/wsc/010/N000063185/0/info_d

2013年から東京の催事に出展し始めた京都のチョコレート店。カカオ豆の調達からチョコレートが出来るまで自社で行っているため、カカオのフレッシュ感が段違いと評判。
日持ちがしないため、知る人ぞ知るチョコレート。東京には常設店舗がないため、バレンタインなど特定の時期などの限定出展。

【出展情報】http://darikchocolate.blog.fc2.com/blog-entry-259.html

オーストリア ウィーンのチョコレート店。各デパートに常設店もあり。
有名な猫パッケージのソリッドチョコは舌触りが良く、まろやかな甘さが特徴。
しっかり甘いのでどちらかと言えば甘党の男性向けにオススメですが、お酒にも合います。

【出展情報】http://www.demel.co.jp/company/v_shops.html

モナコ公室御用達のブランドとして有名な「ショコラトリー・ドゥ・モナコ」。レニエ公とグレース・ケリー王妃の婚礼の際に引き出物として使われたことでも有名です。
カカオバターが使われており、口に入れると濃厚な甘さが広がります。
バレンタインなどのイベント時以外出展が無いため、しっかりと甘みのあるチョコレートが好きな方は是非お試しください。

【出展情報】
池袋西武
日本橋三越本店
※詳しい出展情報は各HPにてご確認ください

可愛いパッケージで有名なゴンチャロフ。大正12年に神戸で創設され、進化を続けるチョコレート菓子です。
日本人の好みに合った甘さはバレンタインチョコレートの万能さNO.1!
手ごろな値段なので多めに買う人にもおすすめ。

【バレンタインチョコ商品一覧】http://www.goncharoff.co.jp/item/vd/
【出展情報】http://www.goncharoff.co.jp/shopcat/03/

https://matome.naver.jp/odai/2139046544530684701
2014年01月27日