黒字予定であった任天堂・・ソフトやハードの売り上げ伸びず、赤字へ転落・・最終赤字250億円

alive1984
黒字回復を目指し勝負に出ていた任天堂はソフトやハードの売り上げがいまいち伸びず・・・赤字へ転落したことが明らかになった。ライバルであるソニーやマイクロソフト等は売り上げが好調で任天堂は「独り負け」の状況へ陥ってしまった。

・ 黒字を見込んだ昨年の年末商戦だが・・Wii Uの売り上げ伸びず赤字へ転落した任天堂・・経営再建図る

任天堂は1月17日、2014年3月期通期の連結最終損益が250億円の赤字になる見通しだと発表した。
任天堂、最終250億円の赤字に 「Wii U」の当初目標900万台→280万台 – ねとらぼ

1年で最も売り上げが大きい年末商戦で、主力の家庭用ゲーム機の「WiiU」や携帯型ゲーム機の「ニンテンドー3DS」のほか、ゲーム機のソフトの販売が伸び悩んだ
任天堂 3期連続の営業赤字へ NHKニュース

主力ゲーム機の一つ、Wii Uの販売見込みを今回、当初目標(900万台)の3分の1に満たない280万台に修正した。
任天堂、3期連続の営業赤字へ Wii U販売不振:朝日新聞デジタル

Wii U
Wii Uは日本と海外とも売り上げが伸びず悩んでいた

前回予想では550億円の黒字だったが、主力ゲーム機「Wii U」の販売不振などにより、下方修正を迫られた。
任天堂、最終250億円の赤字に 「Wii U」の当初目標900万台→280万台 – ねとらぼ

最終損益は従来予想の550億円の黒字から250億円の赤字になる。業績悪化に伴い、期末配当も従来予想の1株当たり260円を100円に引き下げた。
任天堂、最終赤字250億円 2014年3月期連結業績予想 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

3DSは国内では引き続き好調を維持し、販売台数は490万台あまりと、目安としていた500万台にはわずかに届かなかったものの高い水準を保った。
任天堂、通期業績予想と配当予想を修正。ハードとソフトの不振で純利益は800億円減、最終赤字と予測 – GAME Watch

3DS
3DSは国内で人気があり売り上げを伸ばしていた

昨年前半に有力ソフトが出なかった影響が大きい。3DSも欧州など海外の一部で苦戦し、当初計画より25%少ない1350万台へと修正した。
任天堂、3期連続の営業赤字へ Wii U販売不振:朝日新聞デジタル

売上高も、当初(9200億円)より35・9%少ない5900億円に下方修正。
任天堂、3期連続の営業赤字へ Wii U販売不振:朝日新聞デジタル

本業のもうけを示す営業損益は従来予想の1000億円の黒字から350億円の赤字となる。
任天堂、最終赤字250億円 2014年3月期連結業績予想 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

赤字へ転落した原因は

欧米でのWii Uハード値下げは期初計画では見込んでいなかったため、売上高や利益予想を押し下げる主要因のひとつとなっている。
任天堂、通期業績予想と配当予想を修正。ハードとソフトの不振で純利益は800億円減、最終赤字と予測 – GAME Watch

画像はイメージです

任天堂はWii Uの価格を引き下げ、「スーパー・マリオ」シリーズの最新作を投入するなどソフトを拡充したものの、2012年11月の発売開始から5カ月間の販売台数にも届かなかったことになる。
任天堂、3期連続営業赤字へ―Wii Uは本体もソフトも不振 – WSJ.com

海外ではシェアは向上したものの、「年末商戦で販売を大きく加速させる」という目標を達成することはできず、アメリカでは全ゲームプラットフォームの中でトップシェアとなり、累計では1,150万台を超えたが、通期の販売見込みは期初予想を大きく下回る状況という。
任天堂、通期業績予想と配当予想を修正。ハードとソフトの不振で純利益は800億円減、最終赤字と予測 – GAME Watch

ライバルのソニーやマイクロソフトは好調で任天堂は負け越した

「Xbox One(エックスボックス・ワン)」と「プレイステーション4(PS4)」

任天堂のWii Uとは対照的に、昨年11月に発売されたソニーの「プレイステーション4(PS4)」とマイクロソフトの「Xbox One(エックスボックス・ワン)」の売り行きは好調だ。
任天堂、3期連続営業赤字へ―Wii Uは本体もソフトも不振 – WSJ.com

■ 岩田社長は記者会見でこう述べている

任天堂の岩田聡社長は大阪市内で記者の質問に答え、市場動向を見誤り、適切な判断ができなかったと認めた。さらに、顧客を驚かすものを提案する必要があると述べた。
任天堂、3期連続営業赤字へ―Wii Uは本体もソフトも不振 – WSJ.com

記者会見に応じる岩田社長

岩田聡社長は営業利益1000億円を“公約”に掲げてきたが、「早期に勢いを回復させることが自分の責任」と述べ、辞任を否定した。
任天堂、最終赤字250億円 2014年3月期連結業績予想 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

いずれの市場においても、ソフトの販売数量減少によるマイナスが最も大きく利益予想の修正に影響し、加えてドル建てで支払う製造コストを増やしてきた同社は、超円高時代が終わったことが影響し、比較的好調だった国内市場において製造コストの増加につながっており、今期収益において、為替が円安方向に変化したメリットを十分に活かせなかったとした。
任天堂、通期業績予想と配当予想を修正。ハードとソフトの不振で純利益は800億円減、最終赤字と予測 – GAME Watch

「結果を出せなかったことに責任を感じているし、株主の皆様に大変申し訳ないと思っている」と述べ、業績不振の責任を取って、役員報酬を減額する考えを明らかにしました。
任天堂 3期連続の営業赤字へ NHKニュース

「新たな事業構造」 を検討していると述べたが、詳細は明らかにしなかった。任天堂は今月30日に経営方針説明会を開く予定。
任天堂、3期連続営業赤字へ―Wii Uは本体もソフトも不振 – WSJ.com

● 参考リンク ●

https://matome.naver.jp/odai/2139012973912892201
2014年01月20日