Dr.DMAT(ドクターディーマット) ネタバレ・あらすじのまとめ

geq100man
毎週木曜日 夜9時~原作・高野洋、作画・菊地昭夫の人気マンガ『Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス』を原作に、過酷な状況下で命と向き合い、響が成長していく姿が描かれます。
Dr.DMAT(ドクターディーマット) 第十話 ネタバレ・あらすじ
東京・西多摩地区を震源とする大地震が発生。雷蔵(左とん平)の診療所に転院する春子(瀧本美織)に付き添っている凛(加藤あい)の携帯電話は回線混雑のためつながらない。小曽根(佐藤二朗)らは心配するが、響(大倉忠義)はけが人への対応に集中しようと気丈に振る舞う。そんな中、DMATに出動要請が。要請のあった工場に到着した響は冷徹に指示を出すが、混乱を極める現場を目の当たりにして…。(内容変更の場合あり)
Dr.DMAT(ドクターディーマット) 第九話 ネタバレ・あらすじ
紅美(市川実日子)が春子(瀧本美織)について、体が動かせなくても意識がある可能性を示唆し、脳の血流検査を行う。だが響(大倉忠義)は、春子を実験台にされているように思えて反感を抱く。そんな中、事故の現場にDMAT隊が出動。搬送順について響と紅美の診断が食い違うが、自分に自信が持てない響は意見を押し通すことができない。一方、伊勢崎(國村隼)は、響にDMATの統括責任者を任せたいと切り出すが…。
Dr.DMAT(ドクターディーマット) 第八話 ネタバレ・あらすじ
同じ症状でERに運び込まれたのにフリーターの患者はすぐ退院になり、人気評論家は特別室でVIP待遇。この格差に響(大倉忠義)は納得することができない。そんな中、DMAT隊はガス爆発事故の現場に出動。小曽根(佐藤二朗)は、より重症だと響が診断したホームレスよりも、経済界の重鎮を先に搬送させる。差別に憤る響は、小曽根に指示を出した伊勢崎(國村隼)に詰め寄るが、逆に命は平等ではないと言われてしまう。
Dr.DMAT(ドクターディーマット) 第七話 ネタバレ・あらすじ
遊園地で火災が発生したとの連絡を受け、響(大倉忠義)らDMAT隊が出動。だが、現場に到着した響らを待っていたのは、発煙筒の煙に紛れ、無差別に人を刺す犯罪の現場だった。安全のため、犯人確保まで待機を指示する小曽根(佐藤二朗)に対し、響や凛(加藤あい)、紅美(市川実日子)、長谷川(麻生祐未)らは反発。現場に駆け出していく。倒れている人の中には、寿退社したばかりの凛の後輩看護師・麻美らの姿があり…。
Dr.DMAT(ドクターディーマット) 第六話 ネタバレ・あらすじ
春子(瀧本美織)が肺炎で危険な状態になり、絶望する響(大倉忠義)。そんな折、末期がんの工場主・土屋と、事故で右腕をつぶされた音大生・明日香(徳永えり)がERに搬送された。プロのバイオリニストを目指す明日香だが、凛(加藤あい)らは励ます言葉もない。やがて目覚めた土屋から延命治療を拒否された響は生かす意味について迷う。一方、二度とバイオリンが弾けないと知った明日香は、死を望む土屋と病院を抜け出す。
Dr.DMAT(ドクターディーマット) 第五話 ネタバレ・あらすじ
ある日、乗用車同士の事故で多数の傷病者が発生し響(大倉忠義)らDMAT隊が出動。響は重症の母子、佑子(長谷川真弓)と翔太(須田琉雅)の診断を任される。佑子は自分より翔太を助けてと懇願。だが、2人の症状を比べた響は苦悩しながらも助かる可能性が高い佑子の治療を優先する。一方、シングルマザーの長谷川(麻生祐未)は同じ母として佑子の言葉を無視できず、響の指示を無視して翔太の心臓マッサージを続ける。

Dr.DMAT(ドクターディーマット) 第四話 ネタバレ・あらすじ

ERに移った響(大倉忠義)は小曽根(佐藤二朗)らに邪魔者扱いされ、自分の技術のなさを痛感する。一方、病院には伊勢崎(國村隼)の娘の脳外科医・紅美(市川実日子)が赴任。紅美は神の手を自称するほどの敏腕外科医で、彼女に自分なら春子(瀧本美織)を助けられたと言われた響は衝撃を受ける。そんな中、ビルの解体現場で事故が発生。響は紅美らと現場に向かい、がれきの下敷きになった通行人の秀次郎を診るが…。
ドラマ特集 冬号 – Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]

Dr.DMAT(ドクターディーマット) 第三話 ネタバレ・あらすじ

3年前、響(大倉忠義)が舌がんを早期に発見したことで助かったパティシエ・柏木(中村俊介)が、中古ビルでカフェを開くという報告に響の元にやって来た。柏木からヒーローだと絶賛された響は、火災現場で凛(加藤あい)を見殺しにしかねなかった自分を思い複雑な心境になる。そんな中、柏木が自分のビルでエレベーター事故に遭い、両足を扉に挟まれてしまう。響らDMAT隊は現場に急行するが、厳しい状況に直面する。
ドラマ特集 冬号 – Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]

Dr.DMAT(ドクターディーマット) 第二話 ネタバレ・あらすじ

トンネル事故の現場から病院に戻った響(大倉忠義)はDMATの隊員を辞めたいと伊勢崎院長(國村隼)に直訴する。しかし伊勢崎は「命を選びたくない」という響を理想論だと切り捨て、逆に問い詰める。その時、雑居ビルで起きた火災へのDMATの出動要請が!響は結論が出ないまま現場に向かう・・・
Dr.DMAT 第2話 | :ドラマの感想・あらすじ・視聴率をチェック:ドラマハンティングP2G

Dr.DMAT(ドクターディーマット) 第一話 ネタバレ・あらすじ

トンネル内で高速バスを含む多重追突事故が発生。多くの負傷者が助けを求めて現場は混乱し、救急車が間に合わないほど緊迫した状況です。DMATとして初めて出動した響(大倉)は、その惨状に呆然とし、自分の判断が負傷者の生死を分けることの責任の重さに動けなくなってしまいます。
重傷者の前で呆然……関ジャニ∞・大倉忠義の『Dr.DMAT』に「イライラする」の声|サイゾーウーマン

出演者

八雲 響・・・大倉忠義
吉岡 凛・・・加藤あい
八雲春子・・・瀧本美織
長谷川久美子・・・麻生祐未
伊勢崎紅美・・・市川実日子
小曽根達也・・・佐藤二朗
村上和司・・・ほっしゃん。
花田大吉朗・・・松尾 諭
水野幸子・・・滝沢沙織
小松健二・・・髙木雄也(Hey! Say! JUMP)
八雲雷蔵・・・左とん平
桜庭周作・・・石黒 賢
伊勢崎勝一・・・國村 隼
あらすじ|木曜ドラマ劇場『Dr.DMAT』:TBSテレビ

https://matome.naver.jp/odai/2138970055566822101
2014年03月20日