コンサドーレ札幌が目論む赤黒にちなんだ世界戦略と世界の赤黒チーム

anpeppe
新年早々スケールの大きな話しが飛び出ました。J2コンサドーレ札幌はユニフォームの赤黒にちなんで世界の赤黒ユニフォームのチームとの提携を目指しているとのニュースがありました。赤黒といえば本田圭佑が移籍した名門ACミランが有名ですが世界には数多くの赤黒のユニフォームを背負ったチームがあります。

新年早々スケールのデカイ話しが飛び出ました

世界に広めよう赤黒の輪! J2札幌が、ACミランなど海外の赤黒クラブと連携し、世界的な提携プランを検討していることが12月31日、分かった
札幌「赤黒」世界戦略ACミランと提携も

「北海道とともに、世界へ」のスローガンに掲げている通り、将来的なビジョンは世界進出にある。ミランにはMF本田圭佑(27)が移籍し、交渉中の小野伸二(34)のウエスタンシドニーも赤黒。意外な縁をキーワードに、夢プラン実現に動きだす。
札幌「赤黒」世界戦略ACミランと提携も

野々村芳和社長(41)は赤黒プランについて「世界のどのクラブとも、常にいろんな可能性を考えている。クラブとしていいと判断したことはどんなことでもやっていきたい」と話した。
札幌「赤黒」世界戦略ACミランと提携も

あくまでプランの段階、とのことです。

Wata@Wata_kili

社長が代わってから、やってることがナナメ上を行っていて、何か楽しい(^^)
札幌「赤黒」世界戦略ACミランと提携も – J2ニュース : nikkansports.com smar.ws/4PMcG #SmartNews

とまと@tomatogarden_s

これ実現してほしい(((o(*゚▽゚*)o)))

札幌「赤黒」世界戦略ACミランと提携も : nikkansports.com nikkansports.com/m/soccer/news/…

りょーた@ryota060614

“@consadole: 札幌「赤黒」世界戦略ACミランと提携も nikkansports.com/soccer/news/p-… #consadole

これできたらやばいな。

赤黒といえばまず思い浮かぶのはあのクラブでしょう

先日本田圭佑が移籍した名門ACミラン

アッソチアツィオーネ・カルチョ・ミラン(伊: Associazione Calcio Milan s.p.a)は、イタリア・ミラノを本拠地とするサッカークラブチーム。ACミラン(エーシー・ミラン)あるいは単にミランとも呼ばれる。
ACミラン – Wikipedia

イタリアのみならず、世界でも屈指のビッグクラブの一つである。国際タイトル獲得数、世界1位のクラブである。クラブカラーからロッソ・ネロ(イタリア語で「赤と黒」、複数形でロッソ・ネリとも)またはディアボロ(イタリア語で「悪魔」)の愛称で呼ばれる。サポーターはミラニスタといわれる。
ACミラン – Wikipedia

UEFAチャンピオンズリーグでは過去7度の優勝を果たしており、これはレアル・マドリードの9度に次ぐ歴代2位の記録である。また、この記録はイタリア国内でUEFAチャンピオンズリーグを制覇した経験のある他の2チームの記録(インテルは3度、ユヴェントスは2度)を大きく引き離している
ACミラン – Wikipedia

世界にはまだまだ赤黒のチームが存在します

RCDマジョルカ
スペインのマジョルカ島に本拠地を持つチーム。現在元日本代表家長が在籍し、カメルーン代表FWエトーが頭角を現したクラブとしても有名。

RCDマヨルカ(Real Club Deportivo Mallorca)は、スペイン・マヨルカ島のパルマ・デ・マリョルカに本拠地を置くプロサッカークラブ。バレアレス諸島に本拠地を置くクラブの中で、歴史が最も古い。2013-14シーズンはリーガ・エスパニョーラのセグンダ・ディビシオンに所属。
RCDマヨルカ – Wikipedia

バイエル・レバークーゼン
ドイツブンデスリーガの名門チームの1つ。過去には風間八宏、細貝などが在籍。ドイツ代表で一時代を築いたバラックも在籍経験あり。

バイエル・レバークーゼン(Turn und Sportverein Bayer 04 Leverkusen)は、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州・レーファークーゼンを本拠地とするサッカークラブチーム。日本語ではバイエルをバイヤー、レバークーゼンをレヴァークーゼンと表記する場合もある。
バイエル・レバークーゼン – Wikipedia

ブンデスリーガに所属。この街の大企業でもある製薬会社バイエルをスポンサーに持ち、資金提供を受けて補強を図ってきた。歴史も長く古豪チームではあるが、タイトルをあと一歩で逃すことが多いため、「万年2位」や「シルバーコレクター」、「ネバークーゼン」などと揶揄されることもしばしば。2002年にUEFAチャンピオンズリーグ、ブンデスリーガ、ドイツカップをあと一歩のところで逃し、全て準優勝に終わるという「準三冠」を達成したこともある。
バイエル・レバークーゼン – Wikipedia

アイントラハト・フランクフルト
現在日本代表乾が所属し過去には稲本、高原に在籍。2012-2013シーズンにはブンデスリーガ1部において6位と躍進を見せた。

アイントラハト・フランクフルト(Eintracht Frankfurt)は、ドイツ・ヘッセン州・フランクフルトに本拠地を置くサッカークラブチーム。
アイントラハト・フランクフルト – Wikipedia

1963年に創設されたブンデスリーガの初年度のメンバーでありブンデスリーガやUEFAカップでの優勝経験もある古豪チーム。
アイントラハト・フランクフルト – Wikipedia

CRフラメンゴ
あの神様ジーコが活躍したチームとしても有名。過去の在籍選手を見るとブラジルのレジェンド達が大勢います。ロナウジーニョも1年間在籍しているので兄アシスが在籍したよしみでなんとか・・。

クルーベ・ジ・ヘガータス・ド・フラメンゴ(ポルトガル語: Clube de Regatas do Flamengo)は、ブラジル・リオデジャネイロを本拠地とするサッカークラブチーム。
CRフラメンゴ – Wikipedia

ホームスタジアムはマラカナン・スタジアムで、同じくリオデジャネイロを本拠地とするフルミネンセやヴァスコ・ダ・ガマ、ボタフォゴFRとはライバル関係にある。ユニフォームは赤と黒の横縞。かつては元サッカー日本代表監督のジーコが在籍し活躍していた。リオデジャネイロで1番人気のあるクラブで、ブラジル全国でも最も人気のあるサッカークラブである
CRフラメンゴ – Wikipedia

ウェスタンシドニーワンダラーズ
2012年に創設された新設チームだが初年度でレギュラーシーズン優勝を果たした。現在元日本代表小野伸二、元浦和スピラノビッチが在籍する。年末年始に野々村社長がオーストラリアを訪れるとの記事があったのでそういう話も出てはおかしくないクラブでしょう。

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC(英: Western Sydney Wanderers FC)は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州シドニー郊外のパラマタを本拠地とするサッカークラブである。Aリーグに所属する。同じシドニーに本拠地を置くシドニーFCとの対戦はシドニーダービーとなる。
ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC – Wikipedia

クラブ初シーズンとなったAリーグ2012-2013シーズンは、出だしで0勝1分2敗と低調な滑り出しとなったがその後は順調に勝ちを重ねRound 23(第23節)で首位となり、最終節Round 27でニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツFCを3-0で破ってリーグ参入初年度でのレギュラーシーズン優勝が決定した
ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC – Wikipedia

OGCニース
フランスリーグの古豪。過去にはロリス、エブラなどが在籍している。

オランピック・ジムナスト・クルブ・ドゥ・ニース・コート・ダジュール(Olympique Gymnaste Club de Nice Côte d’Azur)は、フランス・ニースを本拠地とするサッカークラブチーム。
OGCニース – Wikipedia

1904年創立。リーグ優勝4回、カップ優勝3回と数々のタイトルを獲得している。
OGCニース – Wikipedia

番外編

ジャイアントキリングのETUのユニフォームも赤黒
世界のチーム云々は関係ありませんが是非コラボしてほしいところです。
実際に商品化もされているようです

遠川@10kawa

札幌「赤黒」世界戦略ACミランと提携も nikkansports.com/soccer/news/p-…

ETUとコラボしてくれてもいいのよ

https://matome.naver.jp/odai/2138856088500254001
2014年01月04日