【メッシから本田圭佑まで】2013年のサッカー界を総まとめしてみた

footfootfoot
W杯予選やコンフェデ杯、W杯抽選会などなど、色々なことがあった『2013年のサッカー界』。そんな2013年のサッカー界の国内外のニュースについて、1月から順にまとめてみました。

柏レイソル、第92回天皇杯のチャンピオンに(1月1日)

35分の渡部博文のゴールの1点でガンバ大阪を下して、柏レイソルとなってから初となる天皇杯優勝を飾りました。

メッシ、4年連続4度目のバロンドールを受賞(1月7日)

前年まで3年連続でバロンドールを受賞していたリオネル・メッシが、クリスティアーノ・ロナウド、アンドレス・イニエスタの両選手を抑えて、再びバロンドールを受賞。前人未到の4年連続4度目の受賞を達成しました。

高校サッカー決勝が大雪で延期(1月14日)

例年通り、成人の日に国立競技場で行われる予定だった第91回高校サッカー選手権決勝が、大雪のために当日に延期に。

19日に行われた決勝では、鵬翔(宮崎)が京都橘(京都)をPK戦の末に下して初優勝を果たしました。

ナイジェリア代表がアフリカネーションズカップで優勝(2月10日)

決勝でブルキナファソを1‐0で下し、3度目のアフリカ王者に。コンフェデ杯ブラジル大会への出場権も同時に獲得しました。
http://www.youtube.com/watch?v=1oPHVTImiWQ
40分にムバが決勝ゴール。

香川がマンチェスターUでの初ハットトリックを達成(3月2日)

プレミアリーグ2012‐13第28節ノリッジ・シティ戦で前半アディショナルタイム、76分、87分にゴールを記録。マンチェスターU移籍後初となるハットトリックを達成しました。

バイエルン、ブンデスリーガ史上最速優勝を決める(4月6日)

フランクフルトとのアウェーゲームを1‐0で制し、リーグ優勝を決定。第28節での優勝はブンデスリーガ史上最速となりました。

大宮アルディージャ、J1での無敗記録を樹立(4月20日)

ホームで行われた浦和レッズとのさいたまダービーで勝利して18試合無敗を達成し、J1での連続無敗の新記録を樹立。その後記録を21試合まで伸ばしました。

ファーガソンの勇退が発表に(5月8日)

1986年の就任から27年間守り続けていたマンチェスター・ユナイテッド監督の座から退くことを発表。71歳での退任となりました。

ベッカムが現役引退発表(5月16日)

所属クラブのPSGのリーグ優勝が決定した4日後に発表。こちらは38歳での現役引退となりました。

チャンピオンズリーグ2012‐13はバイエルンが制覇(5月25日)

ドイツ勢同士の対戦となったドルトムントとの決勝で、1‐1で迎えた89分にロッベンが決勝ゴールを決めて、通算5度目のCL制覇を達成。バイエルンはその後ドイツ杯も制覇し、三冠を達成しました。

ネイマールのバルセロナ移籍が決定(5月26日)

レアル・マドリーとバルセロナの2チームからオファーが届き、最終的に本人がバルセロナ行きを選択。移籍金は74億円で、5年契約を交わしました。

日本代表、ブラジルワールドカップ出場を決める(6月4日)

ホームで行われた最終予選オーストラリア戦を土壇場の本田のPKによって引き分け(1‐1)、5大会連続5度目の本大会出場が決定。3大会連続での世界最速出場決定を果たしました。

コンフェデ杯で日本代表が3連敗敗退(6月22日)

グループステージでブラジル代表、イタリア代表、メキシコ代表と対戦し、3戦3敗で大会を去ることに。

ブラジル代表が地元開催のコンフェデ杯を制覇(6月30日)

スペイン代表との決勝を3‐0で制し、大会3連覇を達成。大会得点王はフレッジとフェルナンド・トーレス、大会MVPはネイマールが獲得しました。

日本代表、東アジア杯初制覇(7月28日)

国内組メンバーで大会に臨み、2勝1分けという成績で大会初制覇。柿谷曜一朗が大会得点王を、山口螢が大会MVPをそれぞれ獲得しました。

UEFAスーパーカップをバイエルンが制覇(8月30日)

PK戦の末にCL王者のバイエルンがEL王者のチェルシーを撃破。『グアルディオラvsモウリーニョ』の因縁の対決はグアルディオラに軍配。

ベイルがレアル・マドリーに高額移籍(9月1日)

夏の欧州移籍市場最終日の前日に、トッテナム・ホットスパーからレアル・マドリーへの移籍が発表。移籍金は史上最高額の約130億円。

Jリーグ理事会が2ステージ制復活を承認(9月17日)

Jリーグにおける2015年からの2ステージ制復活が決定。復活が決定するまでの過程や複雑な王者決定方式の採用などが、議論を呼ぶことに。

21代目のJリーグ杯王者は柏レイソル(11月2日)

前半アディショナルタイムの工藤壮人のゴールの1点で浦和レッズを退け、建て替え前の国立競技場での最後のJリーグ杯王者に。

ジュビロ磐田のJ2降格が決定(11月10日)

後がない状況で迎えた第31節サガン鳥栖戦で黒星を喫し、3節を残してクラブ初のJ2降格が確定。

日本代表、オランダ代表&ベルギー代表に善戦(11月16日、19日)

ベルギー遠征初戦のオランダ代表戦を2‐2で引き分けると、2戦目のベルギー代表戦では3‐2の勝利を飾り、良い形で1年間を締めることに。山口や大迫、柿谷といった今年の新顔の活躍も光りました。
http://www.youtube.com/watch?v=XfquzYxd1p0

ブラジルワールドカップの組み合わせが決まる(12月6日)

日本代表はコートジボワール代表、ギリシャ代表、コロンビア代表と共にグループCに。グループDは「4チーム中3チームが世界王者経験者」といういわゆる『死の組』に。

サンフレッチェ広島がJ1連覇(12月7日)

最終節の勝利で前節まで首位に立っていた横浜Fマリノスをかわし、2年連続でのJ1優勝を成し遂げました。

本田のミラン移籍が発表に(12月11日)

イタリアの名門ACミランが来年1月の本田圭佑の加入を発表。同時にフリットやルイ・コスタ、セードルフがつけていた『10番』を背負うことも発表されました。

バイエルンがクラブワールドカップを制覇(12月21日)

決勝で開催国代表のラジャ・カサブランカ(モロッコ)を2‐0で下して、優勝を達成。2013年5冠達成となりました。
https://matome.naver.jp/odai/2138715625486028601
2013年12月30日