先進国に蔓延する「インフルエンザ」ならぬ「アフルエンザ」って一体何?

nekofunk
豊かさ病、消費伝染病とも呼ばれる「アフルエンザ」。アメリカだけでなく世界中の先進国で広がりつつあります。

「アフルエンザ」とは?

アフルエンス(豊かさ、裕福さ)+インフルエンザ=アフルエンザ(豊かさ病)
消費伝染病「アフルエンザ」

アメリカ発、世界に蔓延する「ショッピング最優先社会」の病理
消費伝染病「アフルエンザ」 : なぜそんなに「物」を買うのか – Webcat Plus

もっと、もっとと多くの富を求めて、今の自分では満足が出来ずに、常に成功を善として、右肩上がりの経済成長がないと幸せと感じない病。
目には見えない病に冒されている世界 | ひとりごと | 心理カウンセラー 衛藤信之 | 日本メンタルヘルス協会

「もっと手に入れたい」という強い思いから生じる痛みを伴い、伝染性で社会的に伝播する、物の持ちすぎ、借金、浪費、不安の状態。
もっとも怖い伝染病「アフルエンザ」の毒性: ぽらん日記 〜雨宮農園の日常〜

「店の商品をすべて買ってしまうマイケル・ジャクソン」なんかは重症のアンフルエンザなのでしょう。
アフルエンザ、猛威を振るう – フカオ歯科医院ブログ 〜継続は力なり〜

うつ病など精神疾患へと発展する場合も…

多くの人は、これが病気であるとも、精神障害だとも思いません。だけどこれらは、典型的な中毒(依存症)の症状なのです。
アフルエンザ(消費病) – イソップ通信 – Yahoo!ブログ

自分が所有しているものを他人と比べて劣等感をいだく、見栄えにおける豊かな生活を続けるために、家庭を壊し、精神を壊すまで働き続ける。
在宅勤務者は生産性が高い!?「働き方革命」はどんどん進む | Social Design News【ソーシャル・デザイン 公式サイト】

結果、うつ状態になり、不安になり、何かに依存しなくては生きていけないような状態が起こってくる。
アフルエンザ | From Today to Tomorrow

子供にも認められる「アフルエンザ」の症状

アメリカで、ハイテク相場で大儲けしたために消費ゲームにあけくれて、親になっても庶民の金銭感覚とはかけ離れた子供を生み出してしまう。
affluenza noun – definition in the British English Dictionary & Thesaurus

ゴシップ誌ではセレブの子供たちが浪費に走り問題を起こすケースが度々報じられる。

生活感覚がマヒして、プライドが高く、見栄っ張りでうそつき。金、モノ、快楽に執着するなど他人より優位に立ちたいという気持ちが強く、その結果犯罪に至ってしまう。
あなたは、どうしてますか

15~25歳ぐらいの人がかかりやすいらしい。

(アメリカにおいて)テレビでは、売れっ子俳優の豪華な生活や非常識な金銭感覚が肯定的に取り上げられている。
プラステックドラッグ<前編> – <LA発>幸せレシピ – Yahoo!ブログ

あなたも「アフルエンザ」に感染しているかも?

【家の中がガラクタであふれ収納場所がないのに、要らないものばかり買う】【職場の同僚やテレビに出てくる人たちと比べて、自分の家や持ち物に劣等感を抱く】【今使っているものを使い古す前に、すぐ新製品に買い換えてしまう】(など)
消費伝染病 – fum*k*4666のブログ – Yahoo!ブログ

アメリカ人の見分けられる野生の草花の平均は10種以下だそう。対し、既知のブランドロゴは・・・100種を超えるとか。何か変だ?!
easy goin’ every day: 消費伝染病「アフルエンザ」@米色々な学者さん達

これは多くの日本人にも共通しているかもしれません。

アフルエンザに潜む問題点は数多い…

石油や食料、人口増加、エネルギーなど多くを網羅しているのですが結局はアフルエンザの背後にいる人々が問題なのではと感じてしまいます。
アフルエンザにかかる、地球人 | 原宿の本屋がわり

人の心だけでなく、環境問題・貧困問題にまで影響を及ぼしている、と専門家は指摘しています。

消費しないと経済が成り立たないとは分かっていても、無駄なものばかりを、しこたま買わされるのが、このところの消費拡大主義というか、悪しき資本主義の実態です。
消費伝染病=アフルエンザ :: 桃猫温泉三昧|yaplog!(ヤプログ!)byGMO

アフルエンザの治療薬はあるのか?

買うのを止めなさいということではなく、本当の利益、買うことの代償に十分に注意を払って、慎重に、意識しながら買いなさいということなのです。この世で最も大切なのは、モノではないということを常に忘れないでほしい。
消費伝染病=アフルエンザ :: 桃猫温泉三昧|yaplog!(ヤプログ!)byGMO

消費伝染病「アフルエンザ」ジョン・デ・グラーフ, デイヴィッド・ワン, トーマス・H.ネイラー 著 ; 上原ゆうこ 訳 より

「買い物が楽しい」、「ムダにショッピングモールに行く」といった私のような生活スタイルを改めて、「持つこと」でなく「知ること」や「信じること」に価値を置き、より持続可能な生活を目指す必要があります。
消費伝染病「アフルエンザ」 なぜそんなに「物」を買うのか: Book’s Inlay  ビジネス書を中心とした書評とかのブログ

消費活動(ショッピング)はもちろん悪ではありませんが、「アフルエンザ」に心あたりがある人は是非一度考え直してみては?

関連リンク

https://matome.naver.jp/odai/2138682869194808401
2013年12月14日