「睡眠中のよだれ」は危険?!

o-sazi

「睡眠中のよだれ」は顔のたるみや口臭の原因になると判明

ウトウトと電車の中で寝たときに口元が濡れていた、朝目が覚めて枕によだれがついていた……そんな経験がある方は多いのではないでしょうか? 赤ちゃんならばかわいらしいと思われるよだれも、いい大人なら誰かに見られたら恥ずかしいもの。

でも“恥ずかしい”だけでは済まされない、よだれは美容と健康の危険信号なんです。
「睡眠中のよだれ」は危険!顔のたるみや口臭の原因になると判明 – ネタりか

■よだれは口呼吸が原因

よだれが出るのは、睡眠中に鼻で呼吸するべきなのに、口で呼吸している証拠。口を開けてここから呼吸していると、口の中が乾いてしまい、それを補うためによだれが分泌されているのです。

「ちゃんと息してますか!? ある2つの違いで美容効果に影響が! 」でご紹介したように、口呼吸はよだれ以外にも、頬や口元のたるみを招く、細菌が繁殖しやすくなり口臭が強くなる、免疫力が低下して肌荒れを起こしやすくなるなど、さまざまなデメリットをもたらすのです。

また、口呼吸の人にはいびきが激しい人が多かったり、ひどい場合は睡眠時無呼吸症候群になったりと、口呼吸には健康面でも美容面でも悪いことだらけなのです。
「睡眠中のよだれ」は危険!顔のたるみや口臭の原因になると判明 – ネタりか

■よだれの解決策は?

ガムを噛んだり、食事のときによく噛むことを習慣づけること。

口呼吸の人は口のまわりの筋肉が弱いので、この筋肉を鍛えてあげることが良いのです。
「睡眠中のよだれ」は危険!顔のたるみや口臭の原因になると判明 – ネタりか

枕の高さもチェック

枕の高さが高すぎると気道が狭くなり鼻呼吸がしづらいため、自然と口呼吸に頼ってしまう
「睡眠中のよだれ」は危険!顔のたるみや口臭の原因になると判明 – ネタりか

https://matome.naver.jp/odai/2138639395691120001
2013年12月07日