【都内有数の珍スポット】哲学堂公園のご案内

KURISEKIHAN
中野区にある哲学堂公園は名前も謎ですが公園そのものがユニーク。歴史的な意味が有るのかもしれませんが突っ込みどころ満載の面白スポットです。

哲学堂公園とは

哲学堂公園は、東京都中野区にある中野区立の公園である。
東洋大学の創設者である哲学者の井上円了が、ソクラテス、カント、孔子、釈迦を祀った「四聖堂」を建設したのが、この公園のはじまりである。この四聖堂を当初哲学堂と称し、それがそのまま公園の名になった。

うん、なんだか訳がわからないよね。

哲理門
哲四聖堂の正門にあたり、この地に天狗松と幽霊梅があったことにちなみ仁王の代わりに門の右側に天狗、左側に幽霊の彫刻像(田中良雄刻)を置いています。天狗は物的・陽性、幽霊は心的・陰性なもので物質界・精神界とも根底に不可思議が存在しているという圓了の妖怪観にもとづき、不可解の象徴とみなしました。
幽霊像
こ、怖い・・・
瓦には「哲」の文字
四聖堂
四聖堂は、東洋哲学の孔子と釈迦、西洋哲学のソクラテスとカントの4大哲学者を祀っています。哲学の根本的な基礎となる精神を円形、物質を四角形で表し、様々な工夫をしています。
4月と10月に内部が公開される(普段は非公開)
六賢台
ここに東洋的哲学人として、日本の聖徳太子・菅原道真、中国の荘子・朱子、印度の龍樹・迦毘羅仙の六人を「六賢」として祀ってあります。赤色塗り、六角形の周囲六間の建物で、四聖堂の西に建っています。屋根の上に相輪と九つの法輪(九輪)があり、最上部に宝珠を付け屋根の棟瓦の一端に天狗がついています。
絶対城
万巻の書を哲学界の万象とみたて、それを読み尽くせば「絶対の妙境」に到達するという寓意から図書館を絶対城と名づけました。圓了の蔵書を中心とした図書館で、内部右側に国書・漢書を左側に仏書を収蔵していましたが、図書館本来の目的は果たさず今日に至っています。※現在は図書館ではありません。
宇宙館
哲理門を抜けた左手にあり、建物脇にゆうれい幽霊ばい梅があります。哲学が宇宙の真理を研究する学問であるとの観点にもとづき、さらに圓了の考案で内部横斜めに皇国殿という八畳敷の一室を哲学の講習の講義室として設けられました。
聖徳太子立像(和田嘉平作)が堂内に安置され屋根上部の棟部分に烏帽子がついています。
三学亭
四聖堂が世界的、六賢臺が東洋的なものとされたのに対して、日本的なものとして建築された円柱3本で正三角形をつくる平屋のあずまやです。碩学を重視し最も著述の多い、平田篤胤(神道)・林羅山(儒道)・釈凝然(仏道)の三者を祀るものです。天井に三碵学の石額(田中良雄刻)を掛けてあります。
三祖苑
前へ
三祖碑には、中国の黄帝、印度の足目、ギリシャのターレスの三人が刻まれています。
鬼燈
人生観を例える唯物園の狸燈に対した燈籠で、人の心中に宿る鬼にも良心の光明は存する人心観を寓しています。
狸燈
人間の心情には狸に類するものがあり、しかも、時には光輝ある霊性を発することもあるとして腹中に燈籠を仕込んであります。

他にも「髑髏庵」「鬼神窟」「時空岡」「概念橋」「理想橋」等などへんてこりんなネーミングが溢れています。

「哲学の庭」
「哲学の庭」は宗教・哲学・法を代表する人がそれぞれ同心円上に配置されており、世界の異なった場所の人々が、より相手に近づくことが出来るようになるためには、プラス・マイナス(±1)の原点に返ることが必要という作者の考えが反映されています。また作品には民族や歴史、文化などは違っても西洋と東洋をつなぎ、人間社会の本質を考察し、人類の恒久平和の理想を追求した作者ワグナー・ナンドールの思いが込められています。

第一の輪・・・中心点に集まる完全な輪で、異なった文化を象徴する、思想を作り世界の大きな宗教の祖となった人物たちが配置されています。

・老子(ろうし 道家の祖)
・キリスト(イエス・キリスト キリスト教の基礎を築いた)
・釈迦(しゃか 仏教の開祖)
・アブラハム(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教を信じる、いわゆる聖典の民の始祖)
・エクナトン(エジプト第18王朝第10代の王アメンホテプ4世の別名 アモン信仰を捨てアトン崇拝を開始した)

第二の輪・・・文化や時代が違っても、同じように悟りの境地に達してそれぞれの社会で実践し成果を得た人物たちが配置されています。

・達磨大師(だるまたいし 禅宗の開祖とされている人物。中国で活躍した仏教の僧侶)
・聖フランシス(フランシスコ修道会の創設者。カトリック修道士です)
・ガンジー(インド独立の父。弁護士、宗教家、政治指導者)

第三の輪・・・法の輪で、異なった時代において各々が法をつくり、現存する法律の主流をつくった人物達が配置されています。

・聖徳太子(冠位十二階などの他・憲法十七条を制定し、仏教の興隆に力を尽くしました)
・ユスチニアヌス(ローマ法大全を編纂し、ローマ法の集大成を図りました)
・ハムラビ(バビロン第一王朝第六代の王。慣習法を成文化した「ハムラビ法典」を制定しました)

公園は妙正寺川に面しています
https://matome.naver.jp/odai/2138629015132362101
2014年10月07日