「セブンカフェ」を追撃なるか!ローソンの「ファンタジスタ」

masahusa
コンビニコーヒー業界で後発ながらみごとにトップの座を獲得したセブンイレブンの「セブンカフェ」。先発のローソンが「ファンタジスタ」の投入で逆転を狙う!(サッカーの話ではありません)

2013年の「年間ヒット商品ベスト30」(日経 BP 発表)で1位に選ばれるなど、日本のコーヒー市場を大きく動かした「コンビニコーヒー」。
ローソン「コンビニのカフェ化」へ–コーヒー&接客のプロ「ファンタジスタ」を育成 – Peachy – ライブドアニュース

ローソンのファンタジスタ

ローソンは接客技能やコーヒーに関する知識が高い「ファンタジスタ」と称する認定スタッフを、10月現在の約500人から来年末までに2千人に増やす計画。
ローソン 希少な豆「イエローブルボン」を使用のコーヒー販売!!認定スタッフ「ファンタジスタ」も増員 : 激うまグルメ2ch

「ファンタジスタのいる店」プレート

現在(2013年10月末時点)505人が411店舗で活躍しているそうです。
ローソン「コンビニのカフェ化」へ–コーヒー&接客のプロ「ファンタジスタ」を育成

まるでスタバの「バリスタ」(コーヒーをいれるスタッフ)教育のようだが、カフェチェーン追撃への構えはまんざらでもない。
NEWSポストセブン|スタバ化するローソン 珈琲知識に長けたファンタジスタ育成

コーヒー豆にもこだわり

この度発売する「イエローブルボン」は、質の高い品種として知られる「ブルボン」の中でも、実が熟した時に赤ではなく黄色になる希少なもので、甘みを伴った柔らかな苦味とフルーティーな香りが特徴です。
マチカフェイエローブルボン240万杯限定特別提供 | ニュースリリース | 会社情報 | ローソン

イエローブルボン

さらに周辺アイテムなども充実させる模様

今後、コーヒーやカフェラテに合う焼き菓子、それにタンブラーなど周辺商材も充実させると意気込むローソン。
スタバ化するローソン 珈琲知識に長けたファンタジスタ育成(NEWS ポストセブン) – Y!ニュース

ところで缶コーヒーはどうなった?

若干ある。缶コーヒーとチルド系のコーヒーではカニバリが見られるが、コーヒーカテゴリー全体でみれば、売り上げは伸びている。
缶コーヒーと共食い? ローソンの玉塚COOが語る、今後のコンビニコーヒー (2/2)

最高執行責任者(COO)の玉塚元一氏による缶コーヒーとのカニバリゼーション(共食い)に関するコメント

マチカフェイエローブルボン240万杯限定特別提供 | ニュースリリース | 会社情報 | ローソン

関連リンク

トップを走るセブンカフェ

特にセブン-イレブンの「セブンカフェ」は当初の年間目標を早々に上方修正し、年4億5000万杯を販売する勢い。購入者の約半数が女性といい、缶コーヒーの代替ニーズだけではなく、既存カフェの需要も取り込み、一躍、大手セルフカフェの一角に躍り出た。
“いれたてコーヒー大戦争”の勝者は? コンビニVSカフェVS異業種

実は、「いれたてコーヒー」分野では、セブンは最後発だった。それが導入後の展開が早く、一気にトップランナーに躍り出た格好。
いれたてコーヒー、熱い戦い コンビニ業界、セブンカフェに負けるな(J-CASTニュース) – Y!ニュース

先発のコンビニの営業スタイルを研究し、味、価格だけでなく佐藤可士和氏のデザインを採用、あらゆる面で徹底的に差別化を図り参戦した。
スーパーも参入で過熱する“カフェ戦争”〜勢力図変えたセブン、押される専門店や缶商品 – ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る

9月20日には全店舗(約1万8,500店)への導入も完了し、さらに購入者が増えていく事も予想される。
セブンイレブンのドリップコーヒーが開始当初から好調を維持する理由は?

関連リンク

関連まとめ

https://matome.naver.jp/odai/2138529231070819901
2013年11月24日