鈴木敏夫が明かした、宮崎駿とジブリの秘話

curator
日テレ「世界一受けたい授業」で鈴木敏夫が明かした、宮崎駿とジブリの秘話をまとめました。|天空の城ラピュタ、となりのトトロ、耳をすませば、紅の豚、千と千尋の神隠し、転ぶシーン、面倒くさい、タイプの女性、スタジオジブリ、東小金井、チャンバラ漫画
宮崎駿と鈴木敏夫

ジブリは何故スゴイのか?日本が世界に誇るジブリ作品の秘密◆2013年11月9日 放送◆

「天空の城ラピュタ」を考えたのは小5のとき

トトロの原題は「所沢のとなりにいる不思議なお化け」

Orui-Daichi@Sendai@1347Tohoku

となりのトトロって最初は所沢のとなりにいる不思議なお化けにしようとしたらしいよ

「耳をすませば」のエンドロールは、傑作

「アニメーションは歩きに始まり歩きに終わる」

年齢や性別によって歩き方は様々。それを描き分けるのは至難の技なのです。中でも「耳をすませば」のエンドロールの歩きのシーンは、スタジオジブリで、事あるごとに新人アニメーターに見せる。
授業復習 | 世界一受けたい授業

宮崎監督いわく、傑作のシーンだそうです。
授業復習 | 世界一受けたい授業

「紅の豚」のモデルは自分自身

千と千尋で、自転車を引き抜くシーンは実話

さっちゃん@sortiraiti

駿さんは川の掃除をしてたんだって
その時に自転車があったんだって
それを千と千尋の神隠しに使ったんだって

ジブリの10作品中、転ぶシーンが63回ある

死威壊@siie96

確かにジブリ転ぶシーン多いね

あるふぁ@R__alufa

ジブリで転ぶシーンが多いのは人間性をより高めるため

宮崎監督の口ぐせは「面倒くさい」

「大事なものというのは必ず面倒くさいんだ」

ジブリのヒロインは宮崎駿のタイプの女性

スタジオジブリが東小金井にある理由

次の仕事は「チャンバラ漫画」

もしかしたら、宮崎監督が1980年頃に映画企画を立てていた、『戦国魔城』の漫画版かもしれませんね。
宮崎駿監督、次の仕事は漫画連載!内容は戦国時代のチャンバラもの? « スタジオジブリ非公式情報サイト

リンク

ニュース

同展示は、映画『風立ちぬ』の制作中に出会った絵本『くるみわりにんぎょう』(徳間書店)を“メルヘンのたからもの”に感じた宮崎監督が、幼い女の子たちをひきつける「クルミわり人形」の不思議な魅力を読み解いたもの。

https://matome.naver.jp/odai/2138406291526569701
2014年05月31日