通算4464勝の元騎手・アンカツのG1予想は当たるのかを検証する【随時更新】

acdbdb
アンカツこと安藤勝己元騎手のG1レースに関する予想・発言をまとめました。

★2016年★

スプリンターズSまでの本命一覧

スプリンターズS→シュウジ 4着(5人)
宝塚記念→ドゥラメンテ 2着(1人)
安田記念→モーリス 2着(1人)
日本ダービー→サトノダイヤモンド 2着(2人)
オークス→シンハライト 1着(1人)
ヴィクトリアマイル→ショウナンパンドラ 3着(2人)
NHKマイルカップ → メジャーエンブレム 1着(1人)
天皇賞・春 → ゴールドアクター 12着 (1人)
皐月賞 → リオンディーズ 5着 (2人)
桜花賞 → メジャーエンブレム 4着(1人)
高松宮記念 → アルビアーノ 3着(3人)
フェブラリーS → ノンコノユメ 2着 (1人)

スプリンターズSまでの成績

本命 2-4-2-4 (1番人気7回、2番人気3回、3番人気1回、4-5番人気1回)
対抗 2-2-3-5 (1番人気3回、2番人気2回、3番人気5回、4-5番人気1回、6番人気以下1回)
単穴 3-2-1-6 (1番人気1回、2番人気4回、3番人気4回、4-5番人気2回、6番人気以下1回)

1番人気を本命にしたのが7回。そのうち優勝は2回・・・。
単穴が狙い目!?

スプリンターズS

本命 シュウジ ←4着(5人)
対抗 ビッグアーサー ←12着(1人)
単穴 レッドファルクス ←1着(3人)

宝塚記念

本命 ドゥラメンテ ←2着(1人)
対抗 キタサンブラック ←3着(2人)
単穴 ラブリーデイ ←4着(4人)

以下、レース後。

マリアライト。ディープっぽくない牝馬で道悪は歓迎やし、また追われてからがシブい。外から位置を取りにいく馬が多かったで、一番流れにも上手く乗れた。ただ、フロックであの2頭に勝てないからね。蛯ちゃんも勝負強いわ。ドゥラメンテが歩様悪くなったんは入線直後。馬が気を抜いたタイミングやね。
競馬BEATで言わせてもらったけど、ドゥラメンテは気配がもうひとつやった。ゲートも良くなかったし、あの馬場と位置でクビ差まで来るんやから能力は抜けとる。色んな意味で残念ではあったけどね。キタサンブラックもかなり強い。普通なら今日の展開でつぶれとる。12キロ増は充実の証明やったね。

以下、レース前。

リーマンショック級。先見の明やね。なんて思っとったら、今日は色々とありすぎるな。宝塚記念の波乱を示唆しとらんとええけど。何にせよ、馬場状態だけはしっかり見ときたい。競馬場に行ける人は、当日に予想変えるくらい柔軟でおったほうがいい。

安田記念

本命 モーリス ←2着(1人)
対抗 サトノアラジン ←4着(3人)
単穴 リアルスティール ←11着(2人)

ロゴタイプ。腹を決めた逃げが生んだ勝利。直線は迷わず内ラチにピッタリ張り付いて、ペース的にも田辺はしてやったりだったと思う。掛かり気味にモーリス2番手という展開も後続を封じ込めた。モーリスは返し馬で行きたがる兆候あった。ただ、馬は良かったし、あの競馬で2着に残すんやから力ある。
いつも上手く乗れるもんやないけど、サトノアラジンは不利を承知で前走の競馬してほしかった。エンジンかかるの遅いで、馬群を割るような型は合わない。この馬でなければ悪くねえ運びなんやけど。フィエロは欲出さずに乗れた分、直前の乗り替わりがハマった。惜しい3着というのもこの馬の個性やね。
今日は最高の運びやったで、直線に向いた時には勝ったと思ったほど。早目に抜け出すとフワッとしたり、出遅れたり、いざ追い出すと馬がヤメたりと乗り難しい。力負けではないと思うな。 twitter.com/noric2014/stat…
イスラボニータについて。
今日は明らかに状態の問題やね。中間の調整は悪くなかったように思うけど、パドックではもう覇気がなかった。競馬場に入ってから、目に見えない疲れが一気に出たのかな。 twitter.com/anarogunoumiso…
リアルスティールについて。

日本ダービー

本命 サトノダイヤモンド ←2着(2人)
対抗 ディーマジェスティ ←3着(1人)
単穴 マカヒキ ←1着(3人)

青葉賞後のアンカツのつぶやき。

メンバー的に時計はそれなりやけど、やっぱりインパクトというところで青葉賞ワンツーよりも皐月賞組。ヴァンキッシュランはキャリア積みつつ競馬が上手くなっとる。今日はソツなかったもんね。将来性で言うならレッドエルディスト。四位クンが権利獲りに徹したで、本番はどう乗ってくるかは気になる。

京都新聞杯後のアンカツのつぶやき。

スマートオーディン。能力が違ったし、勝ちに動く馬が多い番組やで流れて折り合いついたけど、やっぱりNHKマイルCで走りを見たかった。ダノンシャンティの切れ味を引き継いどるから余計にそう思う。ダービーは合わねえ競馬になるんやないかな。秋以降は2000mまでの距離で活躍していく馬。

オークス

本命 シンハライト ←1着(1人)
対抗 エンジェルフェイス ←10着(3人)
単穴 チェッキーノ ←2着(2人)

シンハライト。乗っとる池添もヒヤヒヤしたやろけど、大した勝負根性の馬。ラスト1Fの瞬発力が違うし、着差以上に能力の差があった。スムーズなら圧勝しとったなと思う一方、直線は開くまでよう我慢した。先に繋がる勝ち方やったね。チェッキーノは相手が悪かっただけ。ケイタも馬場をよう読んどる。
先行馬には厳しい流れになったからね。そこで勝負を懸けたミルコ、一か八かで決め撃ちしたノリ、ソツなく乗った四位クンって感じかな。とりわけ、ローテ考えてもペプチドサプルは頑張っとる。ひと息入れて順調なら、秋はもうひとつ怖い伏兵になる。 twitter.com/kinopio_brothe…

ヴィクトリアマイル

阪神牝馬S終了後のアンカツのつぶやき。

スマートレイアーは本当に立ち回りが上手くなった。マイルならもう大崩れはなさそうやね。とはいえ、地力ならミッキークイーンが上。今日は久々でマイルって分。エンジンかかったところがゴールやで、ペースに慣れる次走は逆転可能。ヴィクトリアMは好メンバーになりそうやけど、本命は決まっとる。

ダービー卿チャレンジトロフィー終了後のアンカツのつぶやき。

マジックタイム。53キロのシュタルケが勝負懸けとった。人気馬の競馬が上手くいってない中で経済コースをシメシメと立ち回ってきた。ロゴタイプも力が違うとこ見せとるけど、そこはハンデ戦。先が目標とはいえ、サトノアラジンは見とって歯がゆい。なんか、ある意味でキャラクターを確立してきた。

中山牝馬S終了後のアンカツのつぶやき。

ルージュバックはケイタが完璧なエスコートしとる。56キロでも押し切らんといけない競馬。能力が落ちたとは言わねえけど、ハッキリと成長力は乏しいね。正直、G1を獲れるか怪しい気がしてきた。シュンドルボンはこの舞台がベスト。その差があるにしても、ルージュには地力で凌いでほしかった。

本命 ショウナンパンドラ ←3着(2人)
対抗 ウインプリメーラ ←11着(10人)
単穴 スマートレイアー ←4着(3人)

NHKマイルカップ

本命 メジャーエンブレム ←1着(1人)
対抗 ロードクエスト ←2着(2人)
単穴 イモータル ←11着(3人)

以下、レース後。

メジャーエンブレム。普通ならロードクエストが届くラップやけど、これこそが持ち味やから。負けられねえレース選択やったで、力見せてくれて良かった。オークスでも勝ち負けしとったと思うけどね。池添はまた②着で悔しい流れやね。ただ、正念場は来週からや。らしい勝負強さに期待しとる。
ユーイチもまた③着や。枠を思えば完璧に乗っとるけどね。かえってロードクエストが併せにきたら際どくなってたかもしれない。ただ、相手が相手やでレインボーラインは思ってたより力ある。シュウジはもろに距離やし、ティソーナはノーカウント。マイルG1であれだけ出遅れたら厳しい。

天皇賞・春

本命 ゴールドアクター ←12着(1人)
対抗 シュヴァルグラン ←3着(3人)
単穴 キタサンブラック ←1着(2人)

以下、レース後。

キタサンブラック。まず状態が抜群に良かった。線の細さが解消しとったもん。絶好枠から自然と逃げる形になって、ユタカちゃんがこれしかないってペースに持ち込んだ。ああなると外枠と追い込みは苦しい。池添も最高に上手く乗ったけど、あれが底力とオーナーの運。中距離でもG1を勝つんやないかな。
ゴールドアクターはかみ合った勝ち馬と真逆やった。今日はテンション高かったし、ペースも相まって出していけなかったのが敗因。最終コーナーでは力のあるところ見せとるで、着順を悲観することはない。シュヴァルグランも展開ひとつで突き抜けまであった競馬しとる。若い馬たちやで再戦が楽しみやね。
たしかに展開向いて久々に見せ場があった。あの手応えから伸び切れんかったあたりは、まだ状態的に万全じゃない部分やないかな。枠順ひとつで結果も違った競馬やで、この馬に限らず評価が難しい。 twitter.com/trickster7mr92…
トーホウジャッカルについて聞かれて。

皐月賞

各トライアルレース終了後のアンカツのつぶやき。

マカヒキ。ルメールが一番上手く乗ったとはいえ、あの位置からスッと動いていくもんね。本当にディープ譲りの瞬発力。リオンディーズは想定外の位置取りやったと思う。ただ、掛かっても止まってねえし、まだ良くなってく体。とはいえ、気性が兄によう似とる。皐月賞は勝ちパターンに持ち込めるどうか。
弥生賞後。
エアスピネルも道中行きたがったけど、それ以上にリオンディーズは掛かっとるからね。今後も同じ舞台やと、先着された2頭には分が悪い。普通の年なら勝っとる競馬やで、運が悪いとしか言えない。しかし、素晴らしいレースやった。これにサトノダイヤモンドがぶつかるんやから、皐月賞は世紀の一戦。
弥生賞後その2。
アドマイヤダイオウは早目に動いた上での差し返しで、ハナ差以上の能力は見せとる。今日の馬場だと、バッタリ止まる可能性がある仕掛けやったから。3着とも8馬身差。あれなら距離は保つし、じっくりとダービーや菊花賞を見据えたほうが良さそう。相手も強い世代やけど、先々は面白い存在になる。
若葉S後。
スプリングSはトライアルとして見応えあったけど、皐月賞では難しいところ。先行力という意味で、何かあるならマイネルハニー。最後のクビ差は前半の分やし、延びてじんわり行かせたほうがいいタイプ。マウントロブソンは厩舎力と金子さん。ロードクエストはライバルもキレるで、極端な脚質が弱点。
スプリングS後。
オレも大一番で苦しめられた勝負強い騎手。脚は間違いなく測っとるし、そのための起用でしょ。ただ、今年の皐月賞は決め手比べになる。さっきもつぶやいたけど、何かあるなら有力馬が牽制し合った時に前で立ち回れるタイプ。それでも3頭が強えか…。 twitter.com/danoise64/stat…
スプリングS後、池添騎手について聞かれて。

本命 リオンティーズ ←4着入線(2人)
対抗 マカヒキ ←2着(3人)
単穴 サトノダイヤモンド ←3着(1人)

以下、レース後。

ディーマジェスティ。いくらかみ合ったとはいえ、能力なくして走れない時計。とんでもない瞬発力やで、共同通信杯からまた力つけたんやね。抜け出して、もうひと伸びしとるもん。あとでまた語るけど、3強やなくて4強になった。マカヒキは普通なら勝っとる競馬。もう1頭、化け物が潜んでたってこと。
今日のリオンディーズは返し馬で落ち着いとった。だから、出して位置取っても折り合えると思ったんじゃないかな。ベリーが突っ掛けてくる誤算で、もう我慢できなかった。最後の直線はフワッとしたで寄せに行っとるの。結果アウトになったけど、力ないと掲示板に残れない。ダービーで巻き返す力はある。
サトノダイヤモンド。馬は良かったし、ルメールもソツなく乗っとる。戦ってきた相手の違いがあったにせよ、3着とはいえ上位陣の中でインパクトが薄かった。エアスピネルもそう。この馬なんか、NHKマイルCに向かえば確勝級なのにね。惜しむらくは、今年のクラシックは役者が揃いすぎとる。
マカヒキは勝ち馬の存在だけが誤算やった。ただ、なかなかあの末脚は続けて使えねえし、ライバルを把握できたダービーはもう一段上の競馬ができる。自分の型を持っとるのもいいよね。距離が延びて問題ないってのもハッキリ分かった。皐月賞を踏まえたダービーのジャッジは色々と心が動きそうや。
その考えは間違ってないし、オレもタメると思ってた。ダービーで逆転するなら、あの時のイメージで乗るしかない。今日は勝負に行って、かつ抵抗して負けとるで、陣営がどうリセットして臨むかやね。 twitter.com/spo48/status/7…
リオンティーズは後ろから行った方が能力を出せるのでは?とユーザに聞かれて。

桜花賞

本命 メジャーエンブレム ←4着(1人)
対抗 ジュエラー ←1着(3人)
単穴 シンハライト ←2着(2人)

今日のルメールは下手に乗った。言うなれば最悪のレース。あのスタートでも強引に行かねえとメジャーエンブレムは持ち味が出ないからね。あの展開にしたらジュエラーとシンハライトにやられるの見えとるのに。ミルコはもう完全に決め打ち。池添も最高に乗っとるけど、それを上回る勝負乗りやった。
ジュエラー。不思議なもんで、勢いってのはあるんやね。藤岡健厩舎のG1連勝やもん。距離が伸びても問題ないタイプやで、桜花賞を勝ち切ったのは大きい。ミルコは皐月賞にも気持ちが繋がるし、春の流れを手繰り寄せた。シンハライト、メジャーエンブレムも距離は問題ない。逆転の目は乗り方につきる。
展開も向いたし、ユーイチが2戦目で特徴を捉えとったね。競馬もよう見えとる。この馬はマイルまでが適性やと思う。馬券的にいえば、この桜花賞が狙い目だったんじゃないかな。 twitter.com/iwakimasami082…
3着のアットザシーサイドについて聞かれて。

高松宮記念

本命 アルビアーノ ←3着(3人)
対抗 ビッグアーサー ←1着(1人タイ)
単穴 スノードラゴン ←7着(6人)

フェブラリーS

(レース後更新)
本命 ノンコノユメ ←2着(1人)
対抗 ロワジャルダン ←5着(6人)
単穴 ホワイトフーガ ←10着(5人)

★2015年総合成績★

人気薄の対抗・単穴は時々来る。

本命 4-3-3-12
対抗 6-0-0-16
単穴 2-2-3-15

本命馬の連対率は約32%。

桜花賞で5番人気のレッツゴードンキを対抗に予想し1着に来たり、
天皇賞・春で10番人気のカレンミロティックを単穴に予想し3着に来ているように、
人気薄の「対抗」「単穴」は注意した方がいいかもしれません。

1番人気の本命が勝つ確率は23%。2番人気以下の本命はほぼ着外。

1番人気馬の本命 3-3-3-4
2番人気以下の本命 1-0-0-8

1番人気に本命を打ったときの連対率は約46%。
全レースにおける1番人気の連対率はおよそ50%ですから、
平均には届いていません。

一方、2番人気以下に本命を打ったときは、NHKマイルカップのクラリティスカイ(3番人気)1頭が勝っているだけで、ほかは全て着外です。

2015年の結果 → あんまり当たらなかった。

★最新情報★

有馬記念

(レース後更新)
本命 リアファル ←16着(3人)
対抗 ラブリーデイ ←5着(2人)
単穴 ルージュバック ←10着(6人)

ゴールドアクター。余力を残したローテで馬も抜群に良かったし、また隼人も最高に上手く乗った。ユウガあたりが欲しかった位置で進めとる。どの馬にもチャンスがあった大混戦をモノにしたんやから自信持っていい。サウンズオブアースは良くも悪くもらしい2着。しかし、昨年の菊花賞組で決まるとは。
キタサンブラックのノリもマリアライトの蛯ちゃんも、ベテランらしい手綱捌き。内容的にはどっちも勝ちに等しいもんな。ラブリーデイは枠なりに攻めてほしかった。距離適性の分だけ慎重になった印象。ゴールドシップはピーク過ぎとったんやね。良かった頃なら、ギアもうひとつ上げて勝ち負けしとる。
自分のペースで走れんと脆いのは抜けとらん先行馬の宿命やけど、それにしても何もなさすぎた。結果論やけど調教で攻めすぎたのかな。あそこまで負ける馬やないで、ルメールも察して無理はせんかったんやろ。 twitter.com/makopica2561/s…
リアファイルについてユーザに聞かれて。

朝日杯フューチュリティステークス

(レース後更新)
本命 エアスピネル ←2着(1人)
対抗 リオンディーズ ←1着(2人)
単穴 イモータル ←9着(5人)

ユタカちゃんとエアスピネルは完璧な競馬しとる。イレ込んどったとか抜け出すタイミングなんてのは問題やなくて、リオンディーズのスケールが完全に上やった。超大物と言い切れる。初戦が掛かりどおしやったで、マイルG1を狙った厩舎、能力を信じて乗ったミルコ、1勝馬でも出れた運。あっぱれやね。
エアスピネルだって朝日杯出走クラスだとなかなかいねえレベル。運が悪かったとしかいいようがねえし、今回が最大のチャンスやった。ただ、本人は周りよりも冷静でしょ。シュウジは完全に距離の壁。1200mに固定して、新たな個性を目指すべき。 twitter.com/gt1977gt/statu…

阪神ジュベナイルフィリーズ

(レース後更新)
本命 キャンディバローズ ←9着(5人)
対抗 メジャーエンブレム ←1着(1人)
単穴 アドマイヤリード ←9着(6人)

メジャーエンブレム。馬格や顔なんか、オレが乗っとったダイワメジャーによう似とる。抜群のスタートから自然に位置が取れるスピードがあるし、また追ってからもしっかりしとる。距離に対応できる下地もあるけど、まず桜花賞に向けては大本命。崩れねえとは思っとったけど、ここまで抜けとるとはね。
2着以下は9着くらいまで上手く乗った順って感じでそれほど能力差はない。今日はマイナス体重の馬も多かったしな。そんな中でも、新潟2歳S組のウインファビラスとペルソナリテは先に繋がりそうな目立つ競馬しとった。必然にロードクエストが楽しみになるし、現代の出世レースなんやろね。

チャンピオンズカップ

(レース後更新)
本命 ホッコータルマエ ←5着(2人)
対抗 クリノスターオー ←15着(11人)
単穴 コパノリッキー ←7着(1人)

松山が逃げなかったことでユタカちゃんへのプレッシャーがかかって、色気持っとる古豪が一気に潰しに行ったからね。サンビスタはそこで動けねえ位置におったことが奏功したし、ミルコがテン乗りで気楽に乗れたのも良かった。必然にノンコノユメとサウンドトゥルーがかみ合う流れになったって感じやね。
ローマンレジェンドが早目に仕掛けたことで、ホッコータルマエも動かざるを得なくなった。奇しくもサンビスタの主戦も岩田で、あの動きがなければ色んな結果が変わっとった。競馬はナマモノやね。あと、タルマエとリッキーは実質少頭数の地方交流で、もまれねえ前哨戦してきたことが大一番で響いた。

ジャパンカップ

(レース後更新)
本命 ラブリーデイ ←3着(1人)
対抗 サウンズオブアース ←5着(5人)
単穴 ショウナンパンドラ ←1着(4人)

ショウナンパンドラ。前走の敗戦を糧にした池添の勝利。ゴールドシップの動きにつられんと、最後まで進路が開くのをジッと我慢した。この枠での結果やし、前2走を考えてもこれが実力。大した牝馬やと思う。そして2着のムーア。9Rと10Rと同じ進路やもん。今日のビクトリーロードを知ってたね。
ショウナンとは反対に、ラブリーデイは早目に押し出される、動かざるを得ない形になったね。先着された2頭が最高の乗り方しとるし、東京2400mだと完璧な立ち回りしねえと難しい。ゴールドシップは有馬に向けてゲートこなしただけで収穫。今日は不向きな舞台やったし、引退レースは楽しめる。
スタートは良すぎるくらいやったけど、想定外の馬が先行したりして、前半に厳しい競馬を強いれられた。ただ、今回は馬体重が示すとおりにギリギリやったね。ジェンティルあたりが凄すぎるだけで、3歳牝馬ならこうなることのほうが普通やって。 twitter.com/ruru_cc_2525/s…

マイルCS

(レース後更新)
本命 イスラボニータ ←3着(1人)
対抗 サトノアラジン ←4着(3人)
単穴 フィエロ ←2着(2人)

モーリス。このローテでもパドックから気負いがなかった。深読みでゲートの心配をしたくらい。普通の競馬をしての完勝やで、力が一枚上やったということ。2000mまでなら距離は絶対に保つね。フィエロとサトノアラジンは持ち味出し切っての着順。イスラボニータはあのスタートで終始リズム崩した。
むしろ展開が向いて、ケイタとも手が合っとったし頑張っとるほう。リセットしてマイル以下を使ってけば、かみ合った時に圏内に残すレースもあるんやないかな。 twitter.com/iwachangiants/…
前走と比べてもベストは1400mやね。マイルなら1200mのほうがいいくらいかもしれない。ただ、牡馬相手でメンバーを考えればよう頑張っとる。タイトルを欲するなら、スプリント路線が面白いんじゃないかな。 twitter.com/mutoturaukana/…

エリザベス女王杯

(レース後更新)
本命 ヌーヴォレコルト ←2着(1人)
対抗 ラキシス ←11着(2人)
単穴 タッチングスピーチ ←3着(4人)

マリアライト。兄弟がダートでも走っとるように、まずは馬場がフィットした。そんで、エビちゃんの好騎乗や。掲示板を占めた馬の中では一番前の位置で、全くモマれずに進めとるもんな。条件戦からコンビを組んできた強みというか、セールスポイントをフルに発揮して掴んだ勝利やね。
ヌーヴォレコルトは勝ち運がなかった。馬場を読んでの戦法やったし、いつもと違う競馬でも来るんやから力はある。しかし、オールカマーはレベル高かったんやな。タッチングスピーチはああいう脚質やからね。どうしても勝ち切るには注文つく。ルージュバックは春よりようなった。無事なら時代が来るな。

★ 2015年 ★

天皇賞・秋

(レース後更新)
本命 ショウナンパンドラ ←4着(5人)
対抗 エイシンヒカリ ←9着(2人)
単穴 ラブリーデイ ←1着(1人)

ラブリーデイ。ついさっきユウガと顔合わせたけど、騎手として悔しがっとった。こういった経験を今後に生かしてほしいよね。とにかくセンスがあって乗りやすそうな馬。あの位置で折り合って、キレる脚まで使われたら外枠の馬たちはたまらんて。左回りもローテも問題にしねえんだから超一流馬の域や。
ステファノスは周りの動きに左右されず、直線に懸けたのが良かった。しかし、藤原英さんとこの仕上げは完璧やね。イスラボニータは内枠ならもっと際どい競馬ができた。ただ、エビちゃんも勝ち馬には脱帽してたよ。ショウナンパンドラも枠に泣かされたクチ。ただ、道中もっと内に入れられんかったかな。

エイシンヒカリやけど、レース後にユタカちゃんもいの一番に課題をあげたように、枠順から展開までかみ合っての勝利。1ハロン延びる2000m、それも東京コースは並の馬では逃げ切れへんし、今度はロスなく立ち回るための内枠がほしい。また、引けたとしても楽な競馬にはならないと思う。
天皇賞秋SP「アンカツ、かく語りき」 | 2015年 天皇賞(秋)特集 | 競馬ラボ

菊花賞

1 2 3 4