凝ったレトロ感とテクノロジーが融合した、懐かしきもう一つの未来。「スチームパンク」という異世界へ

hakueai
産業革命における蒸気機関の発展から進化の頭打ちにはならず、独自の発展・派生を遂げていたら?そんなSF的パラレルワールドを世界中で共有した、素晴らしき世界観。

スチームパンクとは何か?…真鍮と歯車が作る懐かしい未来の旅へ
はじめに・スチームパンクとは何か? :スチームパンク大百科S

かつてフィクションであったサイバーパンクの世界に近づきつつある現代において、
懐古主義的なスチームパンクへの憧れが高まり、
海外ではたくさんのスチームパンクアーティストが活躍しています。

細部までこだわりぬく、超真剣な遊び心が魅力。

大人が嗜むおもちゃ箱

もし現代の科学技術が19世紀~20世紀初頭に発見されていたら? 英国のヴィクトリア朝、日本では明治末期から大正にかけての時代、当時の文化・芸術に今日のコンピュータテクノロジーが融合したらどのような形になるのか?

そんなもう一つの未来の形がスチームパンクです。

最新機器とも相性のいいスチームパンク。服装、乗り物、小物までなんでもアレンジできます。

▼最新機器とつながる実用品。

タイプライターアームガード
Bluetoothに対応している。
パソコン、iPhoneなどとBluetoothを介して文字を入力する事の出来る、最新式のキーボード。
iPhoneドック
ドック本体付属のケーブルをiPhoneのイヤホンジャックに差し込むことで受話器での通話が可能に。
USB接続で同期、充電も可能。
Xbox 360コントローラー
単純にコントローラーをさび色にコーティングしただけでなく、STARTボタンとBACKボタンをネジ型ボタンに変えたり、細かいディテールを付け加えたりと手をかけています。
PCワークステーション
ワークステーションは、コンピュータ、モニタ、ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウスとウェブカメラで構成されています。ワークステーションは実際に動作しますが、動力は残念ながら電気です

スチームパンカー

アンティークな文化背景(スチーム)に時代錯誤なもの(パンク)を取り入れたファッションのこと。国内外でスチームパンク愛好家を「スチームパンカー」と呼ぶ。

スチームパンクな淑女の叙事詩

よく使用される色はブラウンを基本にベージュ・ブロンズ・ゴールド、オリーブグリーン・ワイン・ネイビー・グレー・黒など。(これらのアンティークカラーのみならず一部に鮮やかな色を取り入れるのも最近主流となってきている)それに革の小物や真鍮や銅のアクセサリーを合わせる。

女性の多くはコルセットを着用しており、バッスルスカートにハーフパンツ、ロングスカートなどを着用している。ドレススタイルの他にカジュアルなパンツスタイルのスチームパンクファッションも存在する。

男性の場合はナポレオンジャケットやフロックコート、ベストなどスーツスタイルが多い。

Ophelia Overdose
Lady Clankington
ゴーグル
スチームパンク衣装にゴーグルは基本です。

https://matome.naver.jp/odai/2138326070973402901/2138330597502191003
steam punk scientific goggles eye piece vintage LARP
イギリスはホーブからやってきたこのスチーム・パンクなゴーグルは、2つのレンズ(うち1つは絞り機能つき)、光る真空管、革ひも、などなどで構成されています。顕微鏡機能はイキだとか。
ヒール靴
LEDで光るカスタムハイヒール
日本でもクリエイティブな愛好家多数
2012年8月にリリースされた日本発&日本初のスチームパンク本「スチームパンク東方研究所 未来懐古的造型世界」から4ヶ月、多くの造形・衣装クリエイターを震撼させた
Widow Steampunk Chopper
大型のV型2気筒のエンジンが、このデザインにはマッチします。腸に響く様なドッドッドッというエンジン音が想像できる感じがします。フロントタイヤは両側から支えられますが、サスは一本のみです。

なんでもスチームパンク

列車バーベキューグリル
ロシア人の男性がこの巨大なスチームパンク列車バーベキューグリルを製作した。
動く家
ジブリにも出てきそうな家。
ジブリの世界にもスチームパンクはみてとれますね。
新型薪オーブン

日本の作家さん作

オーブンの容量は30リットルを確保。
スタッフドチキンもお任せください。
両サイドには、折りたたみ可能なカウンターを装備。

愛するネコのため?それとも飼い主の趣味?ネコ移動用のダクト
アメリカのとあるワンルームマンションの壁にパイプを這わせ、スチームパンクなテイストに仕上げたネコの移動用足場です。
居心地はなかなかよさそうです。
ニキシー管で時刻表示する置時計
素材は真鍮と銅を主に使っているそうで、使っていくうちにさらに風合いが良くなっていきそうです。
インパクト大な栓抜き
ワインの栓を抜いてそそぐためだけにここまでの装置を作る。
スチームパンク美学の見本です。

これはモテます。モテてます。説明を聞いている女の子が「ベリークール!」「オーマイガッ!」と叫んでいます。完全に同意します。

ワインには進化の迷路に迷い込んだような前時代感がよく似合う気がします。装置があまりに巨大過ぎるし最初のグラス一杯しか注げなさそうですが、そんなもの大した問題ではありません。これこそ理想的な才能の無駄遣い。ロマンです。

オックスフォード大学の科学博物館で開催されたスチームパンク展より


皆さん格好がすごいです。博物館の外観と来場者の方がなんだか合ってますね。
かっこいいですねー。日本でもやって欲しいです。
オックスフォード展作品 一部
左:Doctor Grymm 右:Jesse Newhouse
Kuris Kuksi
Mad Uncle Cliff

ミニなもの スチームパンクな動物オブジェ

タイプライターの部品だけで作ったツバメ
接着剤を使わずタイプライターの部品で作られています。
ジェイミー・メイヤー(Jeremy Mayer)作
愉快な動物
松岡ミチヒロ:作
バイオメカニクスなアートだと海外では紹介されている。
フェネックアビエイター
背中には手動式の羽根(グライダー)を装備、腰にはレーザー銃を下げています。
古時計のパーツで作られたトンボ
https://matome.naver.jp/odai/2138326070973402901
2013年11月15日