のぼりの効果は新しいほど高い、季節に合わせて新調しましょう

kohori_hitomi14
日本には四季があり、それぞれの季節にあった商品やサービスがあります。ちょうどのぼりの寿命は3ヶ月から4ヶ月、季節を少し先取りしながら早めに新しいのぼりに取り替えていくのがお勧めの方法です。しかも、のぼりは新しいほど効果が高いといわれていますからメリットを確認しましょう。

◆のぼりはあなたのお店の前のお客様の背中を押してくれます

あなたのお店は彼らに負けないくらいお客様にアピール出来ていると言えますか?

でも、かといって、とにかく目立ちさえすればいい!というものでも実はないのです。目立つだけでは、お客は来ない!プラスアルファーがお客の心をつかむ。のぼりは、ファサードに立つ、単なる目立ちたがり屋さんではありません。通行中の見知らぬ人とのコミュニケーションのきっかけを作る場、あなたとお客様との出会いの架け橋です。

最初で最後になるかもしれない、そのチャンスを掴み取るために、そしてお客様に「良いイメージとモチベーション」を与えるために、のぼりのことをもっと深く考えてもいいんじゃないでしょうか?
のぼり制作 メールマガジン :order-nobori.com のぼり制作 専門店 ハクロマーク

のぼりでアピールしたいポイントを考えて内容を決めましょう。

お客様が興味を持ってくれるポイントはいろいろ、サービスや商品によって違います。

◆のぼりは3カ月に1度新しくするのがベスト

のぼり旗は洗濯できる?寿命は?

基本的に洗濯はオススメしていません。のぼり旗(テトロンポンジ)は水の濡れには強いですが、摩擦には弱いので印刷箇所の色落ちする可能性がございます。どうしても気になる汚れがある場合は薄めた洗剤での押し洗いか水で手洗いをしてください。また、漂白剤や柔軟剤は使用しないでください。のぼり旗(テトロンポンジ)の寿命は一般的に3~6ヶ月(使用する地域、使い方により異なります)といわれております。色あせたのぼり旗はお店のイメージの低下に繋がりますので、新しいのぼり旗に交換することをオススメしております。
orbitztravel.net | Just another WordPress site

どうしても気になる汚れがある場合は薄めた洗剤での押し洗いか水で手洗いをしてください。

太陽の紫外線で色はどうしても色あせていきます。

洗濯をするということは雨にさらすのと同じなので、自然の汚れは諦めたほうがいいでしょう。

◆のぼりは目立ち、内容を理解してもらうことが大切

【内容の核となる「文字の判読性」について】

何をアピールしたいのか、その核となる文字が詠みづらくては、どんなに素晴らしいイラストが配されていても訴求効果は半減してしまいます。
したがって、文字と地色のコントラストを出来るだけはっきりと設けて文字内容を読みやすくしましょう。ハイセンスに思われる既製のぼりも、実は全てこの文字と背景のコントラストを念頭に置いて作られています。

【文字数は出来るだけ少なく】

一般的に、通行人が歩きなら一瞬で判別できる文字は15文字以内と言われています。
オーナー様の思い入れが強いほど文字数は多くなりがちですが、まずは人の心を惹きつけることが望ましいです。どうしても文字数が多くなってしまったら、メインの文字を大きく、他は出来るだけ小さく配してメリハリを必ずつけましょう。
文字数が少なければそれだけ一瞬の視認性が高くなります。サブコピーは少なくともメインの3分の2以下に設定し、デザインに組み込みましょう。
デザイン相談【のぼり専門店】

カラフルな「のぼり」は遠くからでも目立つ
【色数もシンプルに】

シルクスクリーン印刷でオリジナルのぼりを制作する場合、版代が必要となります。この版代は、1色ごとに制作されるため、色数が多いシルク印刷はその分高価になります。また、あまりに色数が多すぎると伝えたい内容が反ってぼやけてしまい、ごちゃごちゃとした印象になってしまします。
よって、色数は出来るだけ減らした方がのぼり本来の訴求効果を発揮し、デザイン的にもすっきりと仕上がります。実際にスタイリッシュな印象を抱かせるのぼりのほとんどが、色数を極力へらしたシンプルなデザインを採用しているのです。

◆オリジナルデザインののぼりを考える際のポイント

デザインのプロに伝える、のぼり旗デザインのコツとは

何かを訴求するときに、効果のあるものとして、のぼり旗など視覚に訴える方法があります。
ただその場合、目で直接見ることで判断するものなので、のぼり旗のデザインがとても重要なものになります。こういったデザインに関しては、意図を伝えることが一番重要なものでもあります。そこで色にもこだわることになるわけです。

色彩は、その配色だけでも訴求する効果を持っています。

商品のイメージもそうですが、季節感や素材のイメージにいたるまで、色彩というものを効果的に使うことで、相手に対して訴求することができるわけです。さらに、こういった訴求できるデザインは、見る相手に対して商品イメージを作り上げます。つまり、興味を持ってもらうということです。
デザインのプロに伝える、のぼり旗デザインのコツとは: 日本の文化のぼりを語る

見る相手にイメージができ上がるということは、商品イメージの構築でもあり、それは興味ということにつながります。

興味という意識が働くことで、購買への行動へ移ってもらえる可能性が出てくるわけです。

こういったデザインは、なかなか素人では作り上げることが難しいものです。

https://matome.naver.jp/odai/2138267315834726501
2013年10月25日