【感動】少し昔話をしたくなった 【サトミ編】 2ちゃんねる 【もう一つの消しゴム】

とんこつ01

152: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 18:44:21.89 ID:HLUT7ASO

投下します

少し昔話をしたくなった

~もう一つの消しゴム~

155: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 18:48:25.42 ID:HLUT7ASO

サトミに取っては、人生始まって以来?のピンチだった。

「あっ」

と声を思わず出してしまった。
シャーペンの芯が無くなったのだ。
代えの芯も無い。

昨日お母さんからちゃんと用意しておきなさい、って言われたので筆箱に代えの芯ケースを入れた筈だったのに・・・

また、竜也か・・・

弟の竜也がまたイタズラしたに違いない。

156: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 18:50:24.64 ID:HLUT7ASO

もう・・・あの馬鹿・・・サトミは頭を抱えた。

赤ペンで書いたら良いだけじゃん。

そう思われそうだが・・・

その通りだと思うし、何なら後で知り合いにノートをコピーすれば?って思う。
だが、天然のサトミに取ってはそれは無理だったのです。

サトミが泣きそうに成っていた時、隣の男子がスッと芯ケースを差し出した。
その時にサトミが思ったのは・・・

私の心を読まれてる・・・?だった。

天然なんで本当に勘弁してあげて下さい。

157: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 18:52:25.92 ID:HLUT7ASO

サトミは感激して慌ててノートの切れ端に

『ありがとう』

とペンで書いた。
そして遅れてしまった板書の続きをしようとして慌ててしまい・・・

せっかく貰った芯を落としてしまったのだった。

ウウウウウウウ!!!!私のバカーーー!!!!

サトミはそう思いながら慌てて拾おうとするが、見当たらない。

158: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 18:54:09.84 ID:HLUT7ASO

ヤバイ・・・せっかくの人の好意を・・・

そう思い泣きそうに成っていると、隣の男子は少し笑いながら再び芯をくれた・・・
しかも三本も。
サトミは嬉しく成った。

そして、何とかして自分の感謝の気持ちを彼に伝えたい・・・
そう思い・・・目の前に有った新品の消しゴムを見つける。

これを上げよう・・・

そう思ったが、上げたら自分の分が無くなってしまう・・・
どうしよう・・・?

159: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 18:55:37.67 ID:HLUT7ASO

サトミは・・・

消しゴムを真っ二つに割った。

そしてそれを彼に渡して微笑んだ。

サトミ「こんなのしか無いけど・・・」

彼は何故か顔を真っ赤にしていた・・・

160: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 18:57:56.55 ID:HLUT7ASO

それが全ての始まりだった

そんな本当に何気ない・・・出会いだったんだ・・・

その時の彼女に取っても彼に取っても。

だけどその出会いは・・・

『運命の出会い』

だった・・・

161: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 18:59:25.83 ID:HLUT7ASO

ゴメンなんか書いてて恥ずかしく成って来たww
まあ、良いや続き。

サトミに取っては中学二年生の時は本当に思い出深い時代だった。

引っ越しの前日、サトミは少し、有る男子の事を考えた。
いや、マジで。

サトミに取ってもその男子は恋愛感情を抜きにして特別な男子だった。
その人に対して何も言わずに引っ越すと言う事をどうかと思っていたんだ。

162: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:01:14.08 ID:HLUT7ASO

終業式が終わり、サトミはクラスの女子と近くのファミレスでお別れ会をした。

サトミはあの男子が来てくれないかな?
少しそう思っていた。
が、結局来ないままお別れ会は終わり、サトミは家路に着いた。

家に帰ると引っ越し屋さんがあらかたの荷物を既に運び終えていた。

母親「サトミ、もう今日の内に新しいお家に行く事に成ったよ」
サトミ「え?明日じゃ無いの???」

サトミはビックリした。

163: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:04:37.34 ID:HLUT7ASO

母親「引っ越し屋さんが早く作業を終えたから、ベッドも全部運んで貰ったのよ、別に明日来るお友達もいないんでしょ?」

母親の一言にサトミは考えた。

・・・確かに・・・

だけど・・・もしも・・・もしかして・・・明日に・・・

だが、サトミが考える様な事は現実に起きそうに無い。

サトミは返事をした・・・

サトミ「・・・うん」

・・・・

164: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:07:39.23 ID:HLUT7ASO

そして季節は過ぎた。

サトミは高校生に成り友達も沢山出来て、中学生の頃を忘れかけていた。

高二の夏休み前にサトミの仲良しのミユキが言ってきた。

ミユキ「ねえ、夏休みに海でバイトしない?民宿で住み込みでやるんだけどww」
サトミ「んー・・・良いやww」
ミユキ「ええー???なんでよ」
サトミ「だって・・・サメ怖い・・・」

ミユキ「いるわけ無いでしょ!!!」
サトミ「いや、サメは結構至る所にいるんだよ・・・昨日もテレビで・・・」
ミユキ「ハイハイww大丈夫だからww」

天然なんで、本当に勘弁してあげて下さい

165: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:09:09.87 ID:HLUT7ASO

サトミ「住み込みかぁ・・・お父さんがダメって言うと思うんだな・・・・」
ミユキ「あー・・・アンタのお父さんなら言いそー」

サトミはミユキの話を断った。
ミユキもそれ以上は無理強いをしなかったのだ。

家に帰る時にサトミは少し思う。
海か・・・行きたい気持ちも有るけど・・・
お父さんが絶対にダメって言うだろうな・・・

そう考えながら家路に着く。

166: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:10:47.90 ID:HLUT7ASO

家に帰ると弟の竜也が、いつもの様に手を使わずに射精する練習をしている。

うん。
絶対にしてた筈。
アイツは馬鹿だから絶対にしてた。

サトミは自分の部屋でベッドに寝転びながら考えた。
夏休みに海に皆が行くと私は一人ぼっちか・・・
それも淋しいな・・・

サトミがそう思っていると母親が部屋に入って来た。

167: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:13:11.45 ID:HLUT7ASO

母親「ねえ、サトミー。夏休みなんだけどね」
サトミ「うん?」
母親「私は叔母さんの具合が悪いから田舎に帰るけど・・・サトミはどうする?」
サトミ「え?叔母さん大丈夫?」
母親「うーん、よく分からないけどねー」
サトミ「お父さんは・・・?」
母親「お父さんは出張続きだから・・・竜也は家に残るって言ってるんだけど・・・でも心配でねー」

サトミは少し考えた。
どうしよう・・・
そして恐る恐る切り出して行った。

サトミ「・・・あのさ・・・」

168: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:14:59.58 ID:HLUT7ASO

母親はサトミの話しを聞くと、アッサリ頷いた。

母親「そうしたら?田舎も手狭だし、一人残すのも不安だしww」

その夜、サトミは父親に話してみた。
父親は最初は渋い顔をしていたが、最後は充分に気をつける様に言って認めてくれた。

竜也は一人ぼっちで家に居る事が出来ず・・・
母親に連れられて田舎に行った。
竜也の嫌がり様は凄かったらしい。

かくして・・・サトミはその夏・・・海へと向かったのだった・・・

169: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:17:14.39 ID:HLUT7ASO

民宿のバイトは楽しかった。
殆ど毎日の様に海で遊ぶ。

ある日、サトミが昼間のシフトで民宿で留守番をしていると、オフのミユキ達が帰って来た。

ミユキ「今日さww男の子達に声をかけられたよww」
サトミ「へー、良かったねww」
ミユキ「夜に一緒に花火する事に成ったからサトミも行こうよww」
サトミ「えー、でも知らない人達って怖くない?ダメだよ変な人に付いて行ったら」

サトミがそう言うとピザが呟く。

ピザ「一人は、マアマアのイケメンで、一人はガイコツで馬鹿。もう一人はやたらとスカシた感じの奴ww」

なんだその三人組。
サトミはそう思った。

171: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:18:46.11 ID:HLUT7ASO

夜になり、皆で出掛け様とした時に民宿の女将さんが声をかけて来た。

女将「悪いんだけど、誰か明日の仕込みを手伝ってくれない?」

全員が顔を見合わせた。

嫌だ。

その空気がビンビンに伝わっていた。

女将さんは、その空気にヨロケそうに成る。
頑張れ女将。

172: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:20:41.79 ID:HLUT7ASO

サトミはその空気を見るに見兼ねた。

サトミ「あ、良いですよww私やりますww」

サトミは手を挙げた。

ミユキ「え?良いの?サトミ」
サトミ「うんww大丈夫ww終わったら行くww」

そう言ってミユキ達を見送る陰で女将は小さくガッツポーズをしていた。

正直、サトミは余り興味が無かった。
そして少し怖かった。
テレビでそんな人に付いて行って怖いシーンとか有るし・・・

そう思い民宿に居ようと思ったのだ。

173: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:22:25.99 ID:HLUT7ASO

仕込みをしながら、ふと思う。

てか、ミユキ達は大丈夫?
心配に成って来た。

サトミの頭にミユキ達が犯されるシーンが過ぎった。
冷や汗が出て来る。
不安だ。

サトミの仕込みを行う手がいつになく早くなる。

ヤバい。
絶対にヤバい。

相手がサーファー(何故かサトミはサーファーだと思い込んでいた)だったら絶対にヤバい。
クスリとかされて海外に売られちゃう!!!

ちなみにこれはガチに思っていたらしい。

174: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:24:51.27 ID:HLUT7ASO

サトミは仕込み早々に終わらせて・・・海岸に向かった。

早く・・・
早く・・・
ミユキ・・・
犯されて無いでね・・・!

サトミは海岸へ走った・・・
海岸に到着すると、サトミが考えていた阿鼻叫喚の図は無かった。
楽しそうに語らうグループだけ。
ミユキ達だった。

ミユキはサトミを見付けると砂浜に呼んだ。
サトミは一気に拍子抜けをしたのだった。

175: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:27:00.39 ID:HLUT7ASO

近付くと、男は一人だけである。
三人居るんじゃ無かったの?
そう思いながら、その男を見た。

・・・・

・・・・!!!

サトミの中でセピア色の記憶が舞い戻る・・・

サトミ「森・・・君・・・」

176: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:28:10.95 ID:HLUT7ASO

そこには中二の時に同じ文化祭の実行委員だった眼鏡がいた。

サトミはビックリした・・・
と、同時に安心した。

そして眼鏡と再会を喜んでいる最中に・・・

「うおおおおおおおお!!!!!!!」

と叫びながら海岸に向かって来た二台のチャリンコが見えた・・・

こうして

運命の歯車が回りだしたんだ・・・

177: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:30:11.78 ID:HLUT7ASO

サトミに取っても、その二週間は楽しかった。
本当に夏を感じる事が出来た二週間だったんだ。

だが、その夏も終わりが来た。

「タクシーなんか勿体ねーよww今から迎えを寄越すからww」

その言葉を頼りにサトミは民宿の前で待っていると、向こうから汗だくでチャリンコで現れた、あの人を見て笑ってしまった。

178: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:33:44.51 ID:HLUT7ASO

その人の後ろに捕まりチャリンコに乗る。

夏の田舎道を二人で進みながら風を感じる。

何故か前で自転車を漕ぐ男の背中を見てドキッとした。

夏だ・・・

サトミは思った。
でも、ミユキがこの人の事を気に入ってたんだな
・・・うん。

この人は優しい人だし、真面目な人だww

そう思い、なんとかミユキの恋を成就させよう、そうも思った。

179: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:35:26.93 ID:HLUT7ASO

駅に到着して二人で話しをする。

この人とは本当に話しが合う。
ふとした沈黙の時にサトミは言った。

サトミ「ミユキの事・・・どう思う・・・?」

サトミは一生懸命ミユキの良さを語った。
が、話しをすればする程、その人は沈んで行った。

180: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:37:35.91 ID:HLUT7ASO

・・・?
なんで?

サトミがそう思っていると、その人は突然呟いた。

「俺は・・・石原が好きなんだけどな・・・」

サトミは一瞬何が何だか分からなく成った。

え?
何?

サトミはグルグルと今までの事を振り返る・・・

確かに・・・そう言えば・・・確かに・・・
サトミは焦った。

181: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:38:57.40 ID:HLUT7ASO

そして・・・

サトミ「返事は今した方が良い・・・?」

サトミがそう言うと、その人は無理に笑いながら応える。

「今じゃなくても良いよww」

そう言われサトミは電車に乗った。

電車の中から、その人を見つめる。

そうか・・・この人は私を好きだったんだ・・・

182: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:40:20.31 ID:HLUT7ASO

何か、不思議な感じだった。
胸が締め付けられる。

ドアが閉まり、電車は動き出した。

ゆっくりとその人から電車は離れていく。

サトミは窓に張り付いて、その人を見つめた。

その人は・・・

ずっと佇んだまま・・・電車を見送っていた・・・

こうして

彼等は再び離れ離れに成って行ったのであった・・・

184: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/21(水) 19:43:27.34 ID:HLUT7ASO

すみません。書き溜めは以上です

続きは時間が空いたら書きます
面白く無ければ、スルーして下さい

じゃあまた!

185: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2009/10/21(水) 19:47:19.14 ID:uWGVX2wo

福田乙
サトミ視点もいいなww
続きまってるよ

190: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2009/10/21(水) 20:55:32.83 ID:DDviEIDO

+(0゜・∀・)+wktk+

193: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:26:40.83 ID:3e7R4ak0

夏の残りをサトミはずっと告白して来た人の事を考えて過ごした。
確かに、あの人は悪い人じゃ無い。
だけどミユキが好きな人なんだ・・・そう思った。

それにその人の事はずっと友達だと思っていた。
恋人・・・って言う感じじゃ無いし・・・

サトミは悩んだ。
思い切り悩んだ。
そして、もう一度話しをしたかった。
ちゃんと話しをして結論を出したかったのだ。

そう思い、夏の間に聞いたその人の家の電話番号を回した。
昔の連絡網は廃棄したので無かったのだ。

194: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:27:32.99 ID:3e7R4ak0

何回かのコールの後に出た。

爺さん「もすもす・・・」

しゃがれた声で聞き取り辛かった。

サトミ「あ、もしもし・・・石原と言いますが、ユウジさんいらっしゃいますか?」
爺さん「あい・・・いません・・・あい・・・」

留守か・・・お祖父さん、かなりのお年なんだな・・・何言ってるか分かん無いや。

サトミ「あ、そしたら、また電話します。失礼します」
爺さん「え!!!????」
サトミ「あ、また!!!電話します!!!!」
爺さん「あい・・・」

ガチャ。プー、プー。切られた。

195: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:29:42.75 ID:3e7R4ak0

それから何回か電話したがいつも爺さんが出た。
サトミは爺さんに伝えた。

サトミ「ユウジ君に!!!お電話頂ける様にお伝えして貰えますか!!!」

サトミは耳が遠い爺さんに伝える。

爺さん「はぇ???ああ!!!あい・・・」

ガチャ。プー、プー。
サトミは電話を待ったが・・・結局電話は無かった。

それ以降サトミは再び電話をしようとしたが、また爺さんの相手をするのが正直疲れていた。

そして、そのまま時は過ぎたのであった・・・

196: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:31:13.65 ID:3e7R4ak0

「私、彼氏と運命かも知れないww」

大学生に成ったサトミは毎日が新鮮で楽しかった。
ある日の学食で友達がそう言って来た。

サトミ「運命・・・?」
友達「そうそうwwだってね、私と彼氏、同じ高校だったんだけど・・・大学入ってバイト先で再会したのよwwこれ凄く無い?」

友達は嬉しそうに語って来る。

運命・・・なのかな・・・?

サトミはそう思った。
運命と言うのはもっと重い言葉だと思っていた。
たかだか二十歳やそこらで運命なんて物を感じられるんだろうか・・・?

その時位からサトミの頭に『運命』と言う言葉が妙にこびりついた。

198: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:32:37.86 ID:3e7R4ak0

『運命』
それは振り返って始めて分かるもんじゃ無いのか・・・
そう思っていた。

しばらく後にサトミにも彼氏が出来た。
うん、俺は平気。
俺も彼女いたし。
仕方ない。

彼氏と付き合っている時に、何度か思ったのが

「この人は運命の人なんだろうか・・・?」

だった。

199: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:33:29.53 ID:3e7R4ak0

彼氏に聞いた事もある。

彼氏「いやー、正直そんなの分かんねーよww」

そう一笑されてしまった。

確かに。
そんなの分かる筈も無い。
そんなのはやっぱり振り返ってからしか分からないものなんだ・・・

サトミはそう自分に言い聞かせる反面、『運命』と言う言葉に引かれ続けた。

少女ちっくな女でスマン。

200: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:34:24.92 ID:3e7R4ak0

大学二年に成った時に、その彼氏とも別れた。

「お前はなんで、そんなにトロいの?もう正直ウザいよ」

そう言われたらしい。
彼氏を殺してやろうか本当に。

サトミはショックだった。
本当に好きだった人にそう言われて沈んだ。

私ってトロいんだ・・・

別れてからはどこにも行きたく無かった。
誰にも会いたく無かった。

201: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:35:17.54 ID:3e7R4ak0

友達から慰めのメールが来る。
でもショックは癒えない。

そして思ったのは・・・

あの人は『運命の人』じゃ無かったんだな・・・

そう思って一人部屋で膝を抱えた。

202: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:36:36.45 ID:3e7R4ak0

梅雨に入った頃、サトミは外出し始めた。
だが、まだショックは癒えなかった。

気が付くと彼氏と一緒に行った場所に行く。
そこで一人でぼんやりしていたのだった。

そして泣く。

可哀相に・・・

203: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:37:54.08 ID:3e7R4ak0

ある朝も何も考えずに出掛けた。

バイトをしなきゃ・・・

何故か朝の通勤電車に揺られながら、そんな事を考えていた。
電車で近場をグルグル周った。

その後に「帰ろう・・・」

そう思い駅で佇む。

雨はシトシトと降り続いていた。
天気も自分もウジウジして嫌だった。

204: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:38:48.29 ID:3e7R4ak0

駅に入って来た普通電車に乗り込む。
そして、誰もいない端っこの座席に座った。
ボーッと前を見ながら流れる景色を眺める。

ちゃんとしよう・・・明日からちゃんとしよう・・・

そう思い、いくつかの駅を越えて人がパラパラと乗り降りをする。

206: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:39:43.32 ID:3e7R4ak0

ある駅に到着すると、大学生らしき男が乗ってきた。

こんな時間に・・・・学校?
遅いな・・・三限からかな?ああ私も学校行かなきゃな・・・

そう思い、何気なくその人の顔を見た・・・

時が止まった。
いや、動きはじめた。

あの時に見た夏の海が一面に広がった・・・

二度目の偶然が重なった瞬間だった・・・

207: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:40:59.22 ID:3e7R4ak0

「偶然が重なるね」

翌日、学食で友達にそう言われた。
友達はサトミが学校に出て来てくれた事を喜んでくれていた。
皆、別れた彼氏の事は何も言わない。
その気遣いが嬉しい反面辛かった。

友達A「良いんじゃない?その人ww偶然にかこつけて付き合ったらww」
友達B「そうそうwwひょっとして運命かもww」

その言葉が出た時に・・・クキンと胸が鳴った。

まさか・・・wwあの人が・・・?

208: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:42:03.52 ID:3e7R4ak0

サトミ「うーん・・・でも友達・・・って感じの人だから」
友達A「え?冴えない感じ?」
サトミ「ううん、そんな事は無いと思う・・・」
友達B「じゃあ遊びに誘われてる訳だし、遊んでからイロイロ決めたらwwサトミも新しい恋見つけなきゃww・・・あ・・・」

友達はそう言って口を塞いだ。
サトミは苦笑いをした。
そんなに気を使わ無くて良いのにww

209: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:43:09.71 ID:3e7R4ak0

だが、サトミは付き合う気は無かった。
余りにも前の失恋が痛かったからだった。

スイーツ(笑)←なんかそんな感じww

その人と遊びに出掛けた。
なんだか中学時代に戻った気がした。
いつかの様にかき氷を食べた。
凄く懐かしくて笑う。
楽しい。
何もかもを忘れてしまう。

210: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:44:06.93 ID:3e7R4ak0

だが、ふとした瞬間にその人の顔が曇った。
そして上の空に成る。

サトミも天然とは言え大学生でしかも女だ。
勘は働く。

別の・・・女の人が居るんだな・・・そう思った。

なんだ・・・そうか・・・サトミはガッカリした。

少し・・・ほんの少し興味が沸いていたのに。・

211: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:45:03.88 ID:3e7R4ak0

それは気が合う、って言うのと、素の自分に成れるって言う気持ちが重なったからかも知れない。
だけど・・

ダメだな・・・

もう傷付くのは嫌だし。
サトミはそう思った。

その遊びに行った日から連絡がしばらく途絶えた。
サトミはそれで完全にその人に女の影を確信した。

結局。あの人も運命じゃ無かったんだ。

そう簡単に巡り会わないんだ。

そう思いながら日々を過ごして行った・・・

212: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:45:55.69 ID:3e7R4ak0

ある晩、またその人から電話がある。
普通に喋る。
携帯で電池が無くなるまでも喋ってしまった。

確かにあの人と話すのは楽しい。
凄く癒される。

だけど・・・あの人の彼女は大丈夫なんだろうか・・・
サトミはそう思いながらも、それ以降もその人と電話を続けていたのであった・・

213: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:47:41.91 ID:3e7R4ak0

テスト期間に入りテスト勉強をする。
失恋で学校に来てなかったから勉強が大変だった。
それでも何とか友達の協力で切り抜ける事が出来た。

テストが終わりあの人から電話があった。
遊びに誘われた。
あの人の声は明るかった。
後ろめたさが消えた感じがしていた。

別れた・・・?

そう思ったがサトミは何も聞かない。

214: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:48:32.11 ID:3e7R4ak0

あの人は古い友人なんだ。
それに私はもうしばらくは傷付きたく無いし・・・

それに・・・
それに『運命の人』なんて早々現れない・・・

いつまでもこんな少女チックな考えは持たない方が良い・・・
サトミはそう思いながら出掛ける準備をしていたのだった。

215: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:49:30.62 ID:3e7R4ak0

その人の二度目の告白は突然過ぎてビックリした。

そんなに一気にまくし立て無くても・・・
だが、その人は真剣な眼差しだった。
サトミはその気持ちは凄く嬉しかった。

こんなトロい女を「好き」と言ってくれるなんて・・・

216: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2009/10/22(木) 13:50:14.34 ID:EmPnanko

俺、もうおっさんなのに胸がキュンキュンする

217: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:50:23.74 ID:3e7R4ak0

でも。
でも、今はそんな気に成れない・・・

それにこの人は・・・この人は違う気がする・・・

サトミはそう思い言葉を発した。

「ごめんなさい・・・」

その人は凄いショックな表情を浮かべる。
漫画の様に顔に斜線が入った様だった。

218: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:51:18.84 ID:3e7R4ak0

二人は歩き出す。

仕方ないよね・・・サトミは思った。
この人とは友達でいたい。

だから・・・
恋人には成れない・・・
運命の人なんて・・・

そう簡単に巡り会わない・・・・

・・・・
・・・・

・・・・
・・・・

219: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:52:32.77 ID:3e7R4ak0

突然、その人は立ち止まる。

そしてサトミを真剣な眼差しで見つめて携帯電話を取り出し、そのまま開けた。

何・・・?

サトミは思った。

「知ってた・・・?」

彼が呟く

「うん?」

「俺らってさ・・・二回も偶然の再会をしてるよな・・・?」

「そうだね・・・」

サトミの鼓動が少し速く成って来た。

220: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:53:29.59 ID:3e7R4ak0

彼は少し息を吐くともう一度サトミを見つめる。

「これが・・・もし三回の偶然が・・・重なったら・・・奇跡だよな・・・?」

サトミは何も応えられずにいる。

221: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:54:24.53 ID:3e7R4ak0

彼はサトミを見据えたまま呟いた。

「それって何て言うか知ってる・・・?」

彼の質問にサトミは息が詰まる様な思いになった。

「何・・・?」

声が少し震えた・・・そして・・・彼は応えた・・・

「運命って言うんだよ・・・!」

222: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:55:18.74 ID:3e7R4ak0

ドクン・・・!!!

サトミの心臓が弾けるように血液を送り出す・・・

彼は携帯電話のサトミのメモリーを開けると一気に消去した・・・

サトミの中でその姿が遠くに見えた。

サトミの鼓動はマックスになっていた

223: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:56:25.53 ID:3e7R4ak0

「俺はもう一度お前に再会する、それが何年、何十年かかるかは知らん・・けど、絶対にもう一度・・・再会する!」

『運命』

その言葉がサトミの中を回り続ける

『運命』・・・

「このまま行けば、友達として俺は石原と過ごせるんだろう・・・それはそれで幸せかもしれない・・・けど、俺は石原の恋人に成りたいんだよ勝手だけど俺は・・・お前の恋人に成りたいんだよ・・・!」

224: 福田 ◆RzEettbBGE 2009/10/22(木) 13:57:16.40 ID:3e7R4ak0

彼の瞳がそれが本気な事を物語っていた・・・

「だから・・・俺は絶対にもう一度お前を探し出す!!!」

彼の叫びを聞き終えると・・・
サトミは下唇をかみ締めた。

居たんだ・・・
こんな人が・・・

サトミは何故か笑ってしまった・・・

自分の青臭い思いを受け止めてくれる人がいる・・・
その気持ちに思わず笑ってしまったのだった・・・

1 2