吉高由里子AV進出をほのめかす【衝撃発言】

Mr.popo
吉高由里子AV進出をほのめかす【衝撃発言】は吉高由里子AV進出をほのめかす発言をしたことのニュースです。

吉高由里子

2000年4月6日、銀色夏生の娘(カーカ・当時小2)が通う小学校に用事があった銀色夏生が、新入生のお世話をする吉高由里子(当時小6)をたまたま見かけ、彼女の振る舞いに一目惚れ。

その後彼女を探し「写真を撮らせて欲しい」と手紙を送り、家の前や近所の公園で写真を撮らせてもらった。

その時の写真は詩集「バイバイまたね」に掲載された。

銀色夏生は、その後芸能界で活躍した吉高由里子が(本名が異なることもあり)当時の少女だとは、友達に教えてもらうまで気づかなかった。  銀色夏生日記「つれづれノート」より

中学生時代にモデル活動もしていたが、高校1年生の時に原宿で買い物をしているところをスカウトされた。スカウトしてきたのが女性であったため、気を許して連絡先を教えたという[1]。当初の所属事務所ウィルコーポレーションがアミューズに吸収合併されたことによりアミューズ所属となる。
吉高由里子 – Wikipedia


https://matome.naver.jp/odai/2138192192513008801/2138192268913528703

好きな洋服ブランドは、moussy、PAGEBOY。
好きな色は、黒色や濃い紫色。
好きな映画はスタジオジブリの作品。中でも『天空の城ラピュタ』が好き。
高校時代は、2年生から通信制の学校に通っていた。クラスメートは少なく、先生との一対一での授業。
尊敬する映画監督は、『紀子の食卓』で一緒に仕事をした園子温。
映画『重力ピエロ』で共演した加瀬亮は、兄に似ている。
広島弁と大阪弁を自在に操れる。父親は広島の出身。家で作るお好み焼きは“広島風”。
好きな男性のタイプは、明るい人、家族を大事にする人、ちょっと気持ち悪い人。
『あたし ゆりりんともゆりしーとも 呼ばれたことないからね』とツイートで否定。
女優、モデルの森カンナは大親友。
しゃべくり007(2012年3月12日放送)で映画『ラースと、その彼女』を紹介。
好きなアーティストは椎名林檎[11]とLOVE PSYCHEDELICO。
吉高由里子 – Wikipedia


https://matome.naver.jp/odai/2138192192513008801/2138192268913528603

金曜ナイトドラマ 時効警察 第6話(2006年2月、テレビ朝日) – 真弓 役
ドラマW チルドレン(2006年5月、WOWOW) – 青木美春(高校時代) 役
PS -羅生門- 第2話(2006年7月、テレビ朝日) – 園田ゆかり 役
愛の劇場 いい女(2006年、TBS) – 中村美香 役
素晴らしい世界 スバセカ劇場 今夜もワンダフルバーで3(2007年8月、北海道テレビ〔ローカル〕) – 小日向結花 役
日曜劇場 冗談じゃない! 第8話(2007年6月、TBS)
世にも奇妙な物語 ’07秋の特別編 カウントダウン(2007年10月2日、フジテレビ) – 中里 役
あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜(2008年1月 – 3月、関西テレビ) – 宵町しのぶ 役
大河ドラマ 篤姫 第4回・第12回(2008年、NHK) – 於哲 役
紺野さんと遊ぼう(2008年3月 – 4月、WOWOW) – 紺野美雪 役
アベレイジ(2008年3月28日、フジテレビ) – 宇宙人 / 女客(5) 役
太陽と海の教室(2008年7月 – 9月、フジテレビ) – 屋嶋灯里 役
サタデーTVラボ トンスラ(2008年10月 – 12月、日本テレビ) – 柏葉ミカ 役
アベレイジ2(2008年10月11日、フジテレビ) – B子 役
サザン30th×日テレ55thドラマ the波乗りレストラン(2008年11月、日本テレビ) – 三崎 役
吉高由里子20歳、奈良着。〜小さな恋のお手伝い〜(2008年12月14日、関西テレビ〔ローカル〕)
金曜ドラマ ラブ♥シャッフル (2009年1月 – 3月、TBS) – 早川海里 役
ほんとにあった怖い話 血ぬられた旅館(2009年2月3日、関西テレビ) – 安田萌 役
白い春(2009年4月 – 6月、関西テレビ) – 西田栞 役
イケ麺新そば屋探偵〜いいんだぜ!〜 第5話(2009年8月1日、日本テレビ) – 祖師谷グリコ 役
恋時雨コイシグレ〜恋はときどき泪が出る〜(2009年9月、フジテレビ) – 朗読、PV出演
東京DOGS(2009年10月 – 12月、フジテレビ) – 松永由岐 役
豆腐姉妹(2010年7月 – 8月、WOWOW) – 三姉妹 役
土曜ドラマ 美丘-君がいた日々-(2010年7月 – 9月、日本テレビ) – 峰岸美丘 役
私が恋愛できない理由(2011年10月 – 12月、フジテレビ) – 小倉咲 役
ヴァンパイア検事2(2012年9月 – 11月、OCN) – ルナ 役
ガリレオ(2013年4月 – 6月、フジテレビ) – 岸谷美砂 役
ガリレオ XX(ダブルエックス) 内海薫 最後の事件 愚弄ぶ(もてあそぶ)(2013年6月22日、フジテレビ) – 岸谷美砂 役
連続テレビ小説 花子とアン(2014年3月31日 – 9月27日予定、NHK) – 村岡花子 役

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E9%AB%98%E7%94%B1%E9%87%8C%E5%AD%90より


https://matome.naver.jp/odai/2138192192513008801/2138192268913528503

吉高由里子 「キャバ嬢役でAVに出たい」つぶやきに大波紋

芸能界の“不思議女優”の代表格、吉高由里子(25)がまたもナゾの発言をし、関係者を困惑させている。本人は「AV女優」としてもヤル気マンマンだという。

吉高の発言は、常に芸能マスコミ注視のネタ。「男の人のところに泊まっちゃおうかな」「また吐いちゃった」など自ら暴露している。
「本当かどうかわかりませんが、リップサービスしてくれるのでマスコミの間でも好感度が高い。有名女優なのに、全然気取ったところがなく、会見などでも面白いことを言ってくれるので、プロ意識はたいしたもの。しかし、男性には好かれますが、女性ウケはそれなりでしょうか。『男に媚びている』『ワザとエロい』というアンケートの声もある。本人にすれば痛し痒しでしょう」
吉高由里子 「キャバ嬢役でAVに出たい」つぶやきに大波紋 – リアルライブ

T158センチ、B85・W63・H88のナイスバディ。’08年、芥川賞作の映画化『蛇にピアス』で、いきなり全裸濡れ場に挑戦。この一作で人気女優の仲間入りを果たした。
「『内容が好きだから、脱いでもいい』と話すのは10代ではなかなか言えません。無名から脱したい気持ちはあったにせよ、そのころから少々変わった子というイメージはあった。自分がヤリたいようにヤル、思いっきりのよさは抜群」(映画製作スタッフ)
吉高由里子 「キャバ嬢役でAVに出たい」つぶやきに大波紋 – リアルライブ

彼女の不思議ぶりは、いまに始まったことではない筋金入りなわけだ。
「酒好きでベロベロになるまで飲む。以前、生田斗真と深酒をし、手をつなぐ場面を写真誌に押さえられたこともあった。でも、生田とは一回だけの勢いセックスのみで、交際にいたっていない。また、9月にはカレ氏といわれるロックバンドの野田洋次郎と路上ゲンカしているところも撮られている。本音、本能で生きるタイプ」(投稿雑誌記者)

それだけに彼女の仕事の希望も大胆だ。
「最近では『AVに出たい』と周囲に言っています。キャバラ嬢役のAVなら目いっぱいヤレるからいいというのが持論。本気らしく今後に要注目」(芸能関係者)

吉高ならもしかして…。
吉高由里子 「キャバ嬢役でAVに出たい」つぶやきに大波紋 – リアルライブ

https://matome.naver.jp/odai/2138192192513008801
2013年10月16日