塾は園児から浪人生まで通えるセカンドスクール

Aughk648
塾は学校の勉強を教えることと同時に、勉強に取り組む姿勢を教えてくれるところです。学校には出来ない指導を塾に求めるのは当然ですが、なにを求めるのかは具体的にイメージしておく必要があります。フレシキブルに各々の子どもに対応してくれると思い込まず、きちんと塾に伝えましょう。

◆塾選びのポイント:新しい授業のカタチ

◆塾選びのポイント:通いやすさ

高校生や浪人生が行く塾、探す場合に何が一番ポイントになるか?というと、やはり、通いやすさだと思います。

高校生くらいになると、自分のことは自分で・・という学生が多くなりますよね。費用は保護者の方が出していても、自分で塾を選択するということもあるでしょう。
受験生でも部活などをやっているという学生さんは、部活のスケジュールと塾をうまくあわせなければなりませんし、浪人となれば、それこそ自由な時間が多すぎるくらいですから、自分でスケジュールをしっかり管理する事が必要になります。
塾に行くならこういう場所で : 塾についてアレコレ

◆塾選びのポイント:塾へ通う習慣をつける

「小学生の娘の習い事をどうしようか」。夫婦で話し合ったら、妻がそろばんを推してきた。最近、そろばん検定の受験者が盛り返し、特に大阪府は受験者数が全国ナンバーワンという。

◆塾選びのポイント:近くでなくてもの理由は講師が熱心

塾選びのポイントは「家から近い」「講師が熱心」「進学のための学力がつく」

今、通っている塾を選んだ理由をあげてもらったところ、「家から近い」がもっとも多く、次いで「講師が熱心」「進学のための力がつく」となりました。「その他」を見てみると「受験情報が得られるから」「時間や曜日が都合に合うから」「本人がその塾に行きたいと希望したから」「個別指導で丁寧な指導が受けられるから」などの回答が目立っています。
『塾選びのポイントは「家から近い」「講師が熱心」』 【Benesse(ベネッセ)教育情報サイト】

https://matome.naver.jp/odai/2138119149488556501
2013年10月08日