ほうれい線改善&予防 | 口輪筋を鍛える!

wing2013
若作りに必須の秘訣!

ほうれい線改善&予防


https://matome.naver.jp/odai/2138061322125526901/2138061356925725803
ほうれい線ができるのは、「加齢による老化がすべて」と思われがちですが、実はそうではありません。

なぜなら、加齢だけが原因であれば「ほうれい線ができる年齢はほとんど全員横並び」にならないとおかしいですよね。

ですが実際のところは、20代なのにほうれい線ができ始める人も居れば、40歳を迎えてもほうれい線が見あたらない、という人も居ます。

ほうれい線を改善するためのエクササイズ法についてお伝えしていきます。

頬の筋肉が衰えてたるんだ結果ほうれい線が目立ってしまうので、ほほの筋肉を支えている口の周りの口輪筋という部位を鍛えることが最初にやるべき事です。

それでは、口輪筋を鍛えるにはどうしたらよいのでしょうか。

今回は口輪筋を鍛えるエクササイズを紹介します。
ペットボトルを使ったエクササイズ
2Lの空のペットボトルを用意します。
①足を肩幅に開いて立ちます。
②「ほー」っと、声を出しながら息を思いっきりすべて吐き出す。
③ペットボトルをくわえて、思い切り息を吸い込む。(ペットボトルをへこませる。)
④くわえたまま、息を思い切り吐き出す。(ペットボトルが元の形に戻ります。)

<ポイント>


https://matome.naver.jp/odai/2138061322125526901/2138061356925725303

・息を吸い込むときには、お尻をきゅっとしめて唇だけで吸い上げる。
・心の中で10秒くらい数えたら、お尻を緩めて息を吐き出します。
・息を吸う時に、ほほの筋肉を意識してへこますようにしましょう。
・息を吐く時には、ほほの筋肉を意識して膨らませるようにしましょう。
・上の息を吸う・息を吐くという動作を一日3セット繰り返すと効果的です。
口元の筋肉が衰えたり固くなったりすると、肌のたるみが発生してほうれい線が目立ってしまう原因になってしまいます。

https://matome.naver.jp/odai/2138061322125526901
2013年11月14日