簡単ドーナツ

フォークとスプーン
簡単で美味しいドーナツのレシピ

フライパンで作る♪ふわふわ豆乳ドーナツ

面倒な揚げる手間もフライパンで作ればお手軽度も満点!ミックス粉不使用!
フライパンで作る♪ふわふわ豆乳ドーナツ by ちょりママさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

フライパンで作る♪ふわふわ豆乳ドーナツ
【材料】
薄力粉 100g
卵黄(M) 1個
グラニュー糖 大さじ1・1/2
ベーキングパウダー 小さじ1
豆乳(無調整) 80cc
バニラエッセンス 2〜3滴
油 適量【作り方】
http://www.recipe-blog.jp/profile/5660/recipe/1936

型なし!!手間なし!!ヘルシー焼きドーナツ☆

型いらずの簡単ヘルシーな豆腐ドーナツです。
型なし!!手間なし!!ヘルシー焼きドーナツ☆ by やすへちゃんさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

型なし!!手間なし!!ヘルシー焼きドーナツ☆
【材料】
ホットケーキミックス 200g
豆腐 1丁【作り方】
http://www.recipe-blog.jp/profile/19733/recipe/10131

卵・牛乳を使わない☆もちもち豆腐ドーナツ☆簡単スピードレシピ

卵も牛乳も使わないヘルシー豆腐ドーナツです♪
豆腐に粉を少しずつ加えて混ぜていくと丁度同量でスプーンで丸めやすい固さになりました。
ホットケーキミックスと卵で作った時よりモチモチして冷めても美味しく食べられる、家族に大好評のおやつです。
卵・牛乳を使わない☆もちもち豆腐ドーナツ☆簡単スピードレシピ by MOMONAOさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

卵・牛乳を使わない☆もちもち豆腐ドーナツ☆簡単スピードレシピ
【材料】
ホットケーキミックス 150g/ホットケーキミックスを使用しない場合下記2参照
豆腐 15分程度水切りしたもの 150g
黒タピオカ(砂糖とたっぷりの湯で茹でて冷水にとったもの) 大匙3【作り方】
http://www.recipe-blog.jp/profile/38285/recipe/293422

豆腐で☆チョコバナナ焼きドーナツ

子供と一緒に作れちゃうくらい簡単なおやつ♪
ノンオイル・ノンエッグでヘルシーなので子供のおやつに最適な焼きドーナツです☆
豆腐で☆チョコバナナ焼きドーナツ by ecchonさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

豆腐で☆チョコバナナ焼きドーナツ
【材料】
ホットケーキミックス 200g
バナナ 大1本
豆腐 150g
砂糖 大さじ3~4
牛乳 30㏄
板チョコ 1/3枚
サラダ油 適宜【作り方】
http://www.recipe-blog.jp/profile/41178/recipe/339088

ママのドーナツ

バターをいれたさくっとした食感の簡単ドーナツです。
ママのドーナツ by とんとんさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

ママのドーナツ
【材料】
ホットケーキミックス 150g
卵 1個
溶かしバター 20g
砂糖又はハチミツ 大さじ 1
揚げ油 適宜
砂糖、シナモン、溶かしチョコ等 適宜【作り方】
http://www.recipe-blog.jp/profile/22217/recipe/8686

ドーナツの話①

ドーナツの名前の由来は、「生地」という意味の「Dough(ドウ)」と、「木の実」という意味の「Nut(ナッツ)」がくっついて、生地で作った木の実「ドウナッツ(Doughnut)」という意味らしい。もともとは実際にナッツが練りこまれていたとのこと。

17世紀頃、オランダでクルミを真ん中に載せた揚げ菓子が食べられていた。このお菓子に穴は空いてなかったのだが、これがドーナッツの原型であるとする説が多い。当時としては非常に高級なもので、クリスマス、あるいは復活祭、または誕生祭とかに家庭で作られ、お互いプレゼントし合っていたようだ。ナッツを載せるという説の他にも、ナッツに似せて作った揚げ菓子という説もあるようだ。

1620年、弾圧に苦しんだイギリスの清教徒が理想の国を求めてメイフラワー号にのって新大陸を目指すのだが、この人たちはその前に宗教寛容政策をしていたオランダに一旦亡命していた。この時に、オランダでドーナツの原型に触れる機会があったらしい。その中の誰かが製法を学んだのか、あるいはオランダからも移民する人がいたのか、とにかくドーナツの原型はオランダからアメリカに伝わったようだ。

ところが、新大陸にはドーナツに載せるクルミが手に入らない。そこで真ん中に穴を空けて揚げるようになったのが今の穴あきドーナツの始まりという説。また、インディアンの矢がパン生地に当たって油鍋に落ちたのが穴あきドーナツの始まりという「ほんとかよ!」という説もある。ただ、新大陸への移民がドーナツを食べていたのは確かで、1809年のワシントン・アーヴィングの作品には17世紀のオランダ系移民の暮らしを紹介する文中で、「食卓で誇らしい事とされているのは、ラードで揚げた甘いドゥ(パン生地)のボールが山盛りで、いつも出されることだった。その名前はドーナッツ、またはオイル・ケーキと呼ばれた。」と書かれているそうだ。

ホットケーキミックスで☆豆乳きなこの焼きドーナツ

もちふわっ! 簡単ヘルシーな焼きドーナツです♪
今回はいちごの粒ジャム入り。(焼きドーナツ型14個分)
ホットケーキミックスで☆豆乳きなこの焼きドーナツ by snow kitchen☆ さん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

ホットケーキミックスで☆豆乳きなこの焼きドーナツ
【材料】
ホットケーキミックス 180g
きなこ 20g
豆乳 150g
卵 1個
粒ジャム(いちご) 40g
サラダ油 適量【作り方】
http://www.recipe-blog.jp/profile/66737/recipe/562245

ホットケーキミックスで♪ごまゴマ豆乳ドーナツ

香ばしいゴマの香りのドーナツ♪
ホットケーキミックスで♪ごまゴマ豆乳ドーナツ by みぃさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

ホットケーキミックスで♪ごまゴマ豆乳ドーナツ
【材料】
◎ホットケーキミックス 150〜200g
◎すりごま お好きな量
◎卵 1個
◎無調整豆乳 適量(手で丸められる固さになるくらい)
白ごま 適量
サラダ油 適量【作り方】
http://www.recipe-blog.jp/profile/9507/recipe/7294

卵・牛乳不使用☆10分お手軽ドーナツ
【材料】
薄力粉 100g
砂糖 15g
ベーキングパウダー 小さじ1
水 50㏄
お好みでサラダ油 少々【作り方】
http://www.recipe-blog.jp/profile/74456/recipe/532683

ふわもち☆豆腐の焼きドーナツ

ホットケーキミックスで作るおやつを開発中。
冷蔵庫に絹ごし豆腐があったので、もちもちになることを期待して作ってみました。
ふわもち☆豆腐の焼きドーナツ by はにこさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

ふわもち☆豆腐の焼きドーナツ
【材料】
ホットケーキミックス 150g
豆腐 1/2丁
卵 1個
ピーナツ粉末(アーモンドパウダーでも) 15g
粒ジャム お好きなだけ【作り方】
http://www.recipe-blog.jp/profile/37288/recipe/255370

サクッ♪ふわっ♪モチモチ♪「豆乳おからドーナツ」

“おから”特有のパサパサ感もないし、お腹も大満足のヘルシードーナツ☆
サクッ♪ふわっ♪モチモチ♪「豆乳おからドーナツ」 by a-koさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

サクッ♪ふわっ♪モチモチ♪「豆乳おからドーナツ」
【材料】
分量目安→ 12個分
A 生おから 200グラム ※
A 薄力粉 200グラム
A ベーキングパウダー 大さじ1
A 塩 1つまみ
A きび糖(グラニュー糖でも可) 40グラム
B 溶き卵 1個分(55グラム)
B 豆乳 80ml
B オリーブオイル(サラダ油でも可) 大さじ1
【仕上げ用】きび糖(グラニュー糖でも可) 適量※バッドなどに入れておく
揚げ油 適量【作り方】
http://www.recipe-blog.jp/profile/17265/recipe/157717

ドーナツの話②

また穴を空けるようになったのはもっと最近、1847年にハンソン・グレゴリー(Hanson Gregory)が考えたのだという説もある。この、ハンソン・グレゴリーさん、船長をやっていたそうで、操舵輪のスポークにひっかけるためにドーナツに穴を空けることを考えたという説と、子供の頃に母親が作る生焼けの揚げパンを見て、火どおりをよくするために穴を空けることを考えたという説がある。ちなみに、いくつかのページでハリソン・グレゴリーと紹介しているのがあったが、「Harrison Gregory」で検索しても役者さんのページしか出てこない。一方、「Hanson Gregory」で検索するとドーナツの発明者として紹介されているので、ハンソン・グレゴリーが正しいのだろう。このあたりのいろんな起源説については、1941年にニューヨークでドーナツ大論争が起こったそうで、その時にはハンソン少年説が勝った。結局、ナショナル・ダンキン・ドーナッツ主宰のドーナッツ審議委員会の中ではハンソン少年の逸話が「ドーナッツの起源」として唯一承認されているとのこと。

もっと時代が進んで1870年代にジョン・ブロンデル(John Blondel)さんという人がドーナツカッターの機械化で特許をとっている。これにより、ドーナツの大量生産が可能になり、第1次大戦中にはアメリカ兵の間で大人気になったらしい。そのため、ドーナツの名前の由来として、アメリカ軍兵士(俗語でドウボーイ=doughboy)が夢中(俗語でナッツ=nuts)になったのでドーナツ(dough-nuts)と呼ばれるようになったという説もある。第一次世界大戦といえば1914年だから、これはかなり最近である。

人気とともにドーナツの食べ方のバリエーションもひろがった。1934年のハリウッド映画「或る夜の出来事」の中では、クラーク・ゲーブルがドーナツの正しい食べ方として「dunk in」というのを説明するシーンがあるらしい。これは、ドーナツをコーヒーやミルクに浸す食べ方なのだが、この「dunk in」というのがドーナツチェーン店『ダンキンドーナッツ』の名前の由来になっている。

https://matome.naver.jp/odai/2137983078101230101
2013年09月24日