米軍、仏女性を性的はけ口に=暴行も多発

daiba49

米ウィスコンシン大学のメアリー・ロバーツ教授(歴史学)が著した「兵士たちは何をしたのか-第2次大戦時のフランスにおける性と米兵」。米仏両国の資料を分析したもので、同教授によれば、米軍進駐後のフランスでは、公園や廃虚などさまざまな場所で米兵が性行為を行っている姿が見られた。レイプも多発し、数百件が報告された。米兵による買春もあった。
フランス女性たちは既婚者でも米兵にしつこく誘われ、ある住民は「ドイツ占領中は男たちが隠れなければならなかったが、米兵が来た後は女性を隠さねばならない」と言っていたという。
当時のある市長は駐留米軍幹部に苦情を寄せたが、問題は改善しなかった。(2013/05/26-19:29)
時事ドットコム:米兵、仏女性を性的はけ口に=レイプも多発−大戦中の欧州

米で大問題軍内男レイプ部下に売春強要戦友?からレイプ33.5%セクハラ63.8%・戦死者上回る自殺 –

https://matome.eternalcollegest.com/post-2137162527559467801

https://matome.naver.jp/odai/2137908449256408501
2013年09月14日