リヲでは惜しくも銀!「霊長類最強女子」吉田沙保里の栄光の戦歴!

ハードぱんちゃ~
霊長類最強女子といわれる吉田選手の成績は改めてみるとすごいのでまとめてみました。

吉田沙保里

1982年10月5日生まれ。
身長156cm、体重56kg。背筋力は200kg超。

霊長類最強女子

2012年9月の世界選手権において、男女通じて史上最多となる世界選手権10連覇及び世界大会(五輪+世界選手権)13大会連続優勝を達成した。アレクサンドル・カレリンの「霊長類最強男子」にちなんで、「霊長類最強女子」のニックネームが付けられた。
吉田沙保里 – Wikipedia

今までに獲得した金メダル。


https://matome.naver.jp/odai/2137880703857151701/2147154417513021803

さらに、連勝記録は。

2001年の全日本女子選手権56kg級準決勝で山本聖子(日本大学=当時)に判定(2-3)で負けて以来、公式戦119連勝を記録。また1996年より国際大会における27大会連続優勝も記録した。しかし2008年1月19日に中国の太原で開催された女子ワールドカップ団体戦においてマルシー・バンデュセン(アメリカ)に判定で敗れ連勝記録がストップ、また国際大会における初黒星を喫した。その後再び連勝街道を突き進み58連勝を記録したが、4年後の2012年5月27日に東京で開催された女子ワールドカップ団体戦決勝においてロシアのワレリア・ジョロボワに2-1の逆転負けを喫した。
吉田沙保里 – Wikipedia

これまたすごい!

【オリンピック】 リンク

https://matome.naver.jp/odai/2137880703857151701
2016年08月19日