壁に投影された映像をタッチ可能に~魔法のようなソフトウエア

aipdon
Ubi InteractiveからKinectとプロジェクターを使ってあらゆる表面をタッチスクリーン化するソフトを発売。これは楽しそう。「アイアンマン2」でナターシャについて検索しているトニー・スタークごっこができそうです。

投影された映像をタッチパネルにしてしまうこのソフトウエア

Turn any surface into a touch screen

Turn Any Surface into a Touchscreen

プロジェクターで画面を壁やテーブルなど平たい所に映し出し、Kinectで手の動きを読み取り、タッチ液晶を操作している感覚で、PCの操作ができるようになります。プレゼンに利用したり、ゲームを映し出してプレイしたり、アクションゲームで使えば、エクササイズにも利用できそうです。BASIC版が149ドルより。
どこでもタッチしちゃう「Ubi」

タッチパネルは当たり前になってきていますが、この技術は今までは開発が必要で、パッケージとしてこのような価格帯で実現されているのは珍しいような気がします。プレゼン用途だけではなく、商業施設などでもアイデア次第では使えるソフトウェアだと思います。
あらゆるプロジェクター映像をタッチ可能にするソフトウェア「Turn any surface into a touch screen」 | DesignWorks

プロジェクターとkinectを接続

PC の画面をスクリーンなどの表面に投射し、その上にある手の動きを Kinect でトラッキングして操作するというシンプルな仕組みです。動画ではタップや回転、ピンチ、ズームといった操作も高い精度で実行しています。
使用方法は、まず Windows 8 搭載の PC にプロジェクターと Kinect を接続。続いてソフトウェアを起動すると、ソフトが自動で設置環境を測定して設定完了、と至ってシンプルです。
動画:Kinectとプロジェクターであらゆる表面をタッチ画面にするソフト発売、149ドルから – Engadget Japanese

様々な用途に使用可能

*イメージ図*

このシステムの使用例として、教室での講義、ショップでの製品情報キオスク、キッチンの壁へのレシピの表示、大画面での「Angry Birds」のようなゲームのプレイなどを挙げている。
Kinect利用の“どこでも大型タッチスクリーン”ソフト「Ubi」発売 – ITmedia ニュース

関連まとめ

https://matome.naver.jp/odai/2137845480419695101
2013年09月06日