(都市伝説!)『ドラクエ』の鳥山明はエホバの証人だった?

jm7rti
『ドラクエ』と『ドラゴンクエスト』に関与した鳥山明がエホバの証人?その噂を検証する!(敬称略)
FC版ドラクエ3は伝説を作った!
あれだけヒットすれば都市伝説もでる。

そう!ギガスラッシュのようにだ!

ドラクエ3の塔がアメリカにあってものみの塔?
エホバの証人=鳥山明説の都市伝説になった笑い話。

ドラクエ3の表の世界のアメリカにあるアープの塔。

中は仏教の阿弥陀くじみたくなっていて『やまびこの笛』が入手できる!

エホバの証人は鳥山明の都市伝説の引き金に?

『ドラクエ』にものみの塔がある?という噂というか誤解というか都市伝説の元ネタはこれ?

ドラゴンボールの作者鳥山明はエホバの証人って本当ですか?

ドクタースランプアラレちゃんの次の作品を考えているときに、悪魔サタンの声に導かれて、ドラゴンボールのストーリーを描いて大ヒットしたって本当ですか?

ガセです。結構ガセネタ多かったですよ。元巨人の長嶋の奥さんがエホだとか。それもガセです。キキララは水子供養のためにサンリオが作ったキャラだとか。それもガセでした。
そのデマ信じた信者は、キキララは悪霊系だから、キキララの絵を書いたグッズは子供に持たせないとか、アホなことやってました。

ある日悪霊が鳥山明のところに現れて自分の言うとうり描けば
ヒットする、と言われ描いたのが「ドラゴンボール」だった。

で、鳥山明は、なんでこんなことをさせるのか不思議に思い
悪霊に尋ねたところ「エホバの証人の2世たちを真理から引き離すためにその漫画を利用するためだ」
と答えたそう。

鳥山明は、「エホバの証人?2世ってなんだろう」と思っていたら
家にエホバの証人が訪ねてきた。

ということらしいんです。

鳥山明の『ドラゴンボール』は空前の大ヒットだったワケですが、その経験の中で彼は、『ドラゴンボール』のストーリーは一切彼自身の創作ではなく、ある日悪霊が彼のところにやってきて、自分の言う通りに描けばヒットするからと言われた内容であり、その悪霊の指示通りに描いて実際ヒットしたものだったと述べたそうなんです。

しかし、後に鳥山明本人が、ある雑誌のインタビューで、自分はエホバの証人ではないと明確に否定しているそうなので、どうやらこれはまったくのでたらめな話みたいです。

ドラゴンクエストシリーズの第3作。堀井雄二の脚本・ゲームデザイン、鳥山明のキャラクターデザイン、すぎやまこういちのヒロイックな音楽などにより爆発的な人気を博し、発売日には量販店の前に数キロメートルの行列ができるなどの社会現象を巻き起こした。キャッチコピーは「触れたら最後、日本全土がハルマゲドン」。SFC版は「SFC究極のドラクエ」。GBC版は「一番愛されたドラゴンクエスト」。企画段階の仮タイトルは「そして伝談へ」だった。

鳥山明=エホバの証人説は本当か?

1:『ドラクエ3』が大ヒットした。

キャッチコピーは『触れたら最後、日本全土がハルマゲドン』で何人かの人が鳥山明はエホバの証人の信者のように勘違いした。

2:『ドラクエ3』のアメリカにものみの塔のような『アープの塔』が登場する。

エホバの証人の本部がアメリカにあって『ドラクエ3』の塔と重なって読者が誤解した。

3:『ドラクエ』がヒットすると『ドラゴンボール』も神と悪魔の戦いで誤解が生じた?

しかし、現実に『ドラクエ』と『ドラゴンボール』で多忙な鳥山明がエホバの証人の過酷な伝道活動や奉仕活動に時間が出せるわけがない。

したがって鳥山明=エホバの証人はデマな都市伝説で実際、ありえない。

鳥山明も雑誌の対談で自分がエホバの証人だったことはない、といっているのでこの話は間違い、と考えていいです。

『Dr.スランプ』連載時代は『徹子の部屋』に出演したり、NHK特集『わが青春のトキワ荘〜現代マンガ家立志伝〜』(1981年5月25日放送)に荒木飛呂彦とともに登場したり、鳥嶋の指示により『ジャンプ』誌面や『Dr.スランプ』等の単行本にも自身の写真を積極的に載せていた[9]。

また、1984年の映画『ゴジラ』にエキストラで参加。本編中では確認できないが、市販もされた一部ポスターにおいては群衆の中に確認できる[45]。

エホバの証人=鳥山明説は『ドラクエ3』でアープの塔がアメリカにあったので与太話というか都市伝説で広まる・・・

アープの塔はアメリカの西海岸にあるが、エホバの証人は東海岸にあって勘違い?

クレヨンしんちゃんの作者・臼井儀人さんはエホバの証人に入信していたそうですが
やはりエホバの証人は怖い宗教なのでしょうか?

完璧なカルト宗教団体です。

円満な家庭より宗教活動を優先、、人生の全ては宗教活動。

消えたマンガ家―アッパー系の巻 (新潮OH!文庫)
消えたマンガ家外伝 鳥山明はエホバの証人だった!?があり、本人が『エホバの証人』ではない!といっていました。

読んでみてね!

鳥山明=エホバの証人説はデマだったんです。

鳥山明も今は消えた漫画家?

「ペン入れが嫌だからマンガをめったに描かない」

鳥山さんの近況が語られたのは2013年3月24日放送のフジテレビのCS番組「漫道コバヤシ」でのこと。「ドラゴンボール」の最新アニメ映画「ドラゴンボールZ 神と神」が13年3月30日から全国公開されることに合わせ特集が組まれた。鳥山さんはこの映画で原作、ストーリー、キャラクターデザインを担当している。

https://matome.naver.jp/odai/2137776836264449601
2013年09月02日