キルトが好きな人ならば欲しくなるアーミッシュキルト

jm7rti
アメリカのキルト作品で人気があるアーミッシュキルトは女性が製作してアメリカ・インディアンのように面白いデザイン!実はキリスト教の宗派の作品だった!
アーミッシュのおばさんが新型のミシンを買った!と英語で解説?
アーミッシュの若い女性の写真

ドイツ系アメリカ人で頭にナースキャップのようなファッションなので分かる。

キリスト教のプロテスタントの一派でコミュニティで服装で分かる。

キルト作品と馬車の観光が生活共同体を維持する必需品らしいです。

カトリックのシスターのような雰囲気??

プレイン アンド シンプル―アーミッシュと私

アーミッシュキルトに関する知識が得られる本。

アメリカ先住民のキルトとは違った魅力が雑貨ファンの女性を釘付けに!

Shipshewana Eye Candy – Day 1 | Sentimental Stitches
Amish With A Twist | Louise Naples Quiltmaker
Quimble: Quilts
A Thread of Red: A Nasty Bug and Strip Club.
Shipshewana Eye Candy – Day 1 | Sentimental Stitches

アーミッシュの生活には、アーリーアメリカンの時代以来の伝統で、女性たちの手仕事として欠かせないものに、母から娘に受け継がれてきたパッチワーク・キルトがあります。

服の余り切れなどを配色よくつなぎあわせて、ベッドカバーやタペストリーを作ります。アーミッシュ・キルトには厳格な地味な習慣からは、見間違うほどの不思議な美しさがあります。

1700年代頃ドイツから、アメリカのペンシルバニア州に移住した人々の中から生まれたキルトです。キリスト教プロテスタントの一派で、信仰の純粋さを保つため、厳しい制約を生活条件とした彼らは、現在でも電気や自動車など一切の機械文明を拒否した生活をしています。

キルトづくりにもその精神は反映され、洗練された力強い幾何学的構図に、無地の布だけ使って大胆な配色をしたキルトは、素朴さの中にも強烈な印象を与えます。

メノナイトの女性達は、美しいキルトで知らされているアーミッシュと同じく、キルトの名手達です。
電気、水道、車などない18世紀そのままの生活をしています。めったにないことだそうですが、
ある家族が私達を昼食に招いてくださいました。

https://matome.naver.jp/odai/2137776011058974601
2013年09月05日