好投続けるも…松坂大輔がメジャー昇格できない理由

ニュースNVR
昨オフにインディアンスとマイナー契約を結び、現在3Aコロンバスに所属している松坂大輔投手。ここ数戦は安定した投球が続き、日米のメディアからもメジャー昇格間近との報道があがりつつありましたが、未だメジャー昇格はかなっていません。これには契約上の理由も大きく関わっていると言う事です。

今季クリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結んだ松坂大輔
好調も…松坂がメジャー昇格できない知られざる理由 | 日刊SPA!

32歳のいまも、インディアンス傘下のAAAコロンバスで投げつづけている
松坂大輔とマーク・プライアー。~復活に懸ける32歳の天才投手~(1/3) – Number Web : ナンバー

メジャー昇格を目指す松坂は、今月8日時点で、直近6試合で防御率1.93と好成績を残している
松坂大輔の3Aでの成績と2013シーズンの今後の展望 | 野球狂の野球を楽しむブログ

8月8日時点の成績。その後一試合に登板し、7回3失点で黒星を喫しています。

08年には18勝を上げるも…昨年は手術の影響で1勝止まりに

2007年にレッドソックス入りした松坂は同年の世界一に貢献
:日本経済新聞

レッドソックスと6年総額5200万ドルの契約を結んだ松坂大輔
”2006年にポスティングシステムを利用し、ボストン・レッドソックスが5111万1111ドル11セント(約60億円)で独占交渉権を獲得。その後松坂は12月14日に総額5200万ドル(約61億円)の6年契約を結んだ。”

引用元:http://goo.gl/adHHX

移籍初年度となる2007年に15勝、2008年には18勝を挙げている
松坂大輔へ、元チームメイトから送られたエール (webスポルティーバ) – Yahoo!ニュース

2008年は29試合に登板し、18勝3敗、 防御率2.90と言う成績だった。

しかし、右ヒジの手術(トミー・ジョン手術)から復帰した昨季は、1勝7敗、防御率8.28に終わった松坂
松坂がインディアンスとマイナー契約を交わした理由 [メジャーリーグ] All About

そして昨オフ、レッドソックスとの6年契約が満了してFAとなり、インディアンスとマイナー契約で合意に達していた
松坂大輔 インディアンス入りした意外な裏事情 – リアルライブ

シーズン序盤は不安定だった松坂だが

なかなか調子のあがらなかった松坂大輔投手

7月下旬までに70回3分の1を投げて、2勝6敗、防御率=3.97の成績はまだまだ本調子といえなかった
松坂大輔とマーク・プライアー。~復活に懸ける32歳の天才投手~(1/3) – Number Web : ナンバー

ただ、内容は少しずつよくなっており、あと2試合ほど好投がつづくようなら、年内のメジャー復帰もかなり可能性があると思われていた
松坂大輔とマーク・プライアー。~復活に懸ける32歳の天才投手~(1/3) – Number Web : ナンバー

その後急激に調子を上げる松坂。メジャー昇格の声も聞こえてきたが

3Aコロンバスの松坂は今月8日、ルイビル戦に先発登板し、7回2安打1失点で5勝目(6敗)をマーク
【MLB】松坂が7回1失点で5勝目 3Aコロンバス – MSN産経ニュース

試合後のトレミー監督は「速球も変化球もキレがあった。いい状態をキープしている」と、高く評価した
松坂3Aで1失点5勝 監督「いい状態」 – MLBニュース : nikkansports.com

この試合で8試合連続で6イニング以上を投げ、直近6試合で4勝1敗、防御率1.91をマークするなど抜群の安定感を見せてた
好調も…松坂がメジャー昇格できない知られざる理由 | 日刊SPA!

松坂の前に立ちはだかる「40人枠」の壁

日米の一部メディアも「松坂、近日中にメジャー昇格か?」と報じた。しかし、そう都合良くはいかないようだ
好調も…松坂がメジャー昇格できない知られざる理由 | 日刊SPA!

コロンブスの地元メディアも8日の試合後、「マツザカのピッチングはグッド以上、グレートだった」「(松坂が)次にクリーブランドへ向かう1番手のピッチャーに躍り出た」と報じていた。

松坂はメジャーの公式戦に出場できる25人枠だけでなく、メジャー契約である40人枠にもはいっていないのだ
松坂大輔の3Aでの成績と2013シーズンの今後の展望 | 野球狂の野球を楽しむブログ

25人枠とはベンチ入りして試合に出場できる選手。 一方40人枠とは各球団がメジャーリーグ契約できる選手の上限。このためチームの「40人枠」は、25人のメジャーリーガーや将来有望の若手選手によって占められる。

一方、メジャー昇格の可能性は9月にあるという
”現在の40人枠外の松坂がメジャー昇格するためには、まず40人枠に登録され、さらに25人のメジャーロースターへ登録される「2階級特進」が必要である。しかしメジャーには“セプテンバーコールアップ”と呼ばれるベンチ入り人数が25人から最大40人に拡大される時期があり、その数が拡張するのは、マイナーリーグのレギュラーシーズンが終了を迎える9月1日からとなる。しかし、その場合でも松坂は40人枠に入る「1階級特進」が必須条件となる。”

引用元:http://goo.gl/yc207G

このため松坂のように3Aでプレーしながら、40人枠に入っていない3A選手は、日本で言えば「3軍」という感覚なのだという
好調も…松坂がメジャー昇格できない知られざる理由 | 日刊SPA!

より多くの実践を積むなどの理由で、40人枠に入っていながら3Aより格下の2Aで試合に出場している選手のほうが、実は「格付け」は上なのである。

こうした“知られざる契約上のルール”に泣かされている松坂は、実際はいつコールアップされてもおかしくないほどの成績を残しているにも関わらず、今季はまだメジャーのマウンドを一度も踏んでいないのだという
好調も…松坂がメジャー昇格できない知られざる理由 | 日刊SPA!

ちなみに3Aでプレーしているオリオールズ和田毅、アスレチックス中島裕之、ジャイアンツ田中賢介の3選手は、いずれも40人枠の選手である。

https://matome.naver.jp/odai/2137670662976064901
2013年08月18日