基板やはんだが無くても大丈夫!ペンで描く電子回路

chcmd
導電性インクを使用したBare Paint Penで描く電子回路。夏休みの自由研究もはんだごて無しでできて安全かも。

Bare Paint Penについて

Bare Conductiveはイギリスはロンドンの大学院生によって2011年に設立されました。
その最初の製品がBare Paint Penです。

電子回路を作成するには

通常電子回路を作成するには、基板とはんだ、はんだごてに電子部品といろいろ必要になるものがありますが、Bare Paint Penを使えば簡単な回路ならはんだごて無しに作成できてやけどの心配もなく安心です。

Bare Conductive House
Bare Conductive Paint

どのようにして使うの?

画用紙でも、机でも、壁でも、Tシャツでも、いや体の上にだって、これで線を描けばそこを電子回路にできる
お絵描き感覚で電子回路が「描ける」Bare Conductive Pen – geared

グリップの部分を握ると中身が出てきます。インクはペースト状のドロドロしたものです。
BarePaint(コンダクティブペン) – COM-11521(Bare Paint) – ネット販売

塗料と同じ性質なので、プラスチックや紙、木材、繊維、ガラスなど、大抵の素材に使用可能と思いますので、例えば壁面に回路パターンを作成する・・・何てことも可能だと思います。
デジットBlog:水性導電ペイント「Bare Paint」

使用例

Greeting Card Kit
キャラクターの目が点滅するなど、ラインをなぞって部品を取り付けるだけで光るグリーティングカードが作成可能になります。
キット内容
LEDとバッテリーと接着剤にハサミ、カッターに定規とはんだごては不要です。

紙に描いた配線パターンの長さを変更することで導体の内部抵抗を変化させています。

動画内ではゲームコントローラーの制御回路基板との接続と接点をBare Conductive Penで紙に描き、パックマンの操作を行っています。

注意点

Conductive paint turns art electrical
とても魅力的なペイントとLEDですが、肌に直接ペンで描くことは推奨されていません。

購入先リンク

下記のサイトで購入可能です。

https://matome.naver.jp/odai/2137621416569089401
2013年08月11日