【解決!!】今日から始められる、気になる体臭対策まとめ

rejhou3
夏、汗をかいて気になる様々な箇所の体臭の原因と対策をまとめてみました。

男性と女性のにおいの違い


https://matome.naver.jp/odai/2137568873734744801/2137572533465439003

女性は男性の臭いを絶つとイライラして精神が不安定になります。逆に男性は女性の臭いを絶つと怒りっぽくなり、すぐに喧嘩をはじめるといいます。

モネル化学感覚研究所(フィラデルフィア)によると男性のワキの下の汗に含まれる成分には女性をリラックスさせる作用があるそうで。また、この成分を嗅ぐと女性の月経周期をコントロールするプロゲステロン(黄体ホルモン)の量が変化する事が分かったそうです。

男性によって女性の月経周期が決定されてしまう事があるのが分かります。男性のワキの下からでるアンドロステノン(男性ホルモンのアンドロステロンが常在菌に分解された物質)を微量にスプレーした椅子には女性が座りやすいなどの研究発表もあります。

男性ホルモンはテストステロン、アンドロステネジオン、デヒドロエピアンドロステロンの3種類の総称として「アンドロゲン」と呼ばれます。健康な男子の場合、1日におよそ7mg程度の分泌があるといいます。

一方女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。エストロゲンは排卵の準備をするホルモンで生理の終わりごろから排卵前にかけて分泌が高まります。プロゲステロンは排卵後に分泌され、排卵を抑制するはたらきがあります。

また男女ともにワキの下からアンドロステノール(ムスク臭)という物質も出しています。男女がそれぞれ異性を感じる成分を「性フェロモン」といいますが、現在、まだ人のフェロモンについてはあまり分かっていないそうです。

ただ、男性特有のホルモンや女性特有のホルモンが汗などで僅かに分泌され、それがお互いに異性を意識させ結びつけたりするそうです。そして、これが男臭さや女臭さを漂わせるのです。

最近は、とかく香水・石鹸・ボディーソープ・シャンプー等の香りにごまかされがちですが(私もそのひとりです。)、本来は自分自身から発生している異性を惹きつける成分も一緒に有効に使えれば、自然と異性はあなたに群がってくるのではないでしょうか。もちろん、口臭等あっては異性は逃げていってしまいます。

ワキのにおい


https://matome.naver.jp/odai/2137568873734744801/2137572533465438203

デオドラント剤を用いるだけでは、ワキの臭いを根本から防止することはなかなかできません。
また手術となると大掛かりです。ワキガのおもな原因はアポクリン汗腺から出た汗です。この汗はたんぱく質を多く含んでいるため、皮膚に出てくるとそれが分解され、特有のいやな臭いを発生します。加えてそのまま放置しておくと細菌がさらに増え、臭いがだんだん強くなってしまうのです。

ワキガの体質改善に食生活を見直すという方法があります。まず汗腺を太くし、皮脂腺の働きを活性化させるといわれている「動物性脂肪」の摂取を控えることは効果的といえます。また、辛いものや香辛料使った刺激の強い食事も皮脂の分泌をうながします。濃い味付けの食事も同様ですから、料理法にも注意が必要だといえるでしょう。効果的なのは、和食を中心に、野菜、魚介類、緑黄色野菜や海草類など、カルシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラル分を豊富に含んだバランスのよい食事です。

またインスタント食品など、添加物を多く含んだ食品もワキの臭いをうながす原因になります。お酒の飲みすぎやタバコなどの嗜好品も、控えるようにするとよいでしょう。

なお、食事の内容はもちろんですが、食事の仕方にも工夫が必要で、早食いや大食いは禁物です。できれば決まった時間に、腹八分目の食事をゆっくりとよくかんで食べるようにしましょう。

足のにおい


https://matome.naver.jp/odai/2137568873734744801/2137572533465438403

足のにおいの予防・改善は基本的にはお風呂やシャワーなどできちんと洗えば、足の裏を清潔に保ち、臭いを防止することができます。
しかし、通常より臭いが気になる人には足浴がおすすめです。足浴は汚れをとってくれるほかに、足の血行を促してくれます。お湯にお酢をプラスすると、さらなるメリットが期待できます。というのも、皮膚の雑菌は酸性のものに非常に弱いのです。ですから食酢や木酢液などを薄めたもので消毒すると、足の雑菌は死んでしまいます。これを就寝前に行なうと、気持ちよく眠れるという効果もあります。

また靴下選びも大切なファクターといえます。そこで最近注目されているのが「5本指ソックス」です。この靴下は、先端が5本に分かれており、それぞれの足指を1本ずつ、手袋のようにして履きます。足の裏の汗はもちろんですが、足指の間にたまる汗も、嫌な臭いの原因になっています。しかし、足全体~特に足裏はよく洗うのですが、足指の間まで丁寧に清潔に保っている人は意外に少ないそうです。この靴下を履けば、足指にたまる汗の量は圧倒的に少なくなります。そのため足の臭いに悩む男性の間で取り入れられていたのですが、近年は女性も履くようになり、可愛いデザインの5本指ソックスも増えています。

もちろん、このソックスをはいたからといって、すぐに臭いが止まるわけではありません。様ざまな防止法を組み合わせることによって、足の臭いをより完璧に撃退しましょう。

頭皮のにおい


https://matome.naver.jp/odai/2137568873734744801/2137572533465438603

頭皮の臭いの原因には、様ざまなものがあります。基本的には頭皮が脂っぽくなる、汗や汚れが付着することから、何らかのトラブルが起きているケースです。そのひとつが「脂漏性皮膚炎」といわれるもので、これは脂の分泌が盛んな場所にできるフケのような湿疹で、真菌(マラセチア菌)というカビの一種や皮脂分泌機能の異常などが引き起こすといわれています。

また、脂漏性皮膚炎やストレス、頭皮の汚れから生じるフケも頭皮の臭いを誘発することがあります。もともとフケ自体には臭いはありませんが、これが雑菌の餌となって、その結果カビや菌が繁殖し、頭皮の臭いの原因になってしまうのです。 加えてフケにより皮脂の分泌が活発になり、これが酸化するとさらに強い臭いを発するといわれています。

一方、頭皮のトラブルを防止するための洗髪が、かえって臭いを促していることもあります。というのも、シャンプー剤を使いすぎると必要な皮脂までが除去され、かえって皮脂の分泌に拍車がかかってしまうことがあるからです。また、シャンプーやリンスをきちんと落とさないと毛穴が詰まり、臭いが発生する原因となります。

さらにいうと、シャンプー後、髪を生乾きのままで放置しておくと、雑菌が繁殖して、雑巾のような臭いを生じる場合があります。ブロウの際は、髪よりも頭皮をよく乾かすことが大切です。

口臭


https://matome.naver.jp/odai/2137568873734744801/2137572533465438803

口臭原因の一つに生活習慣というのがあります。例えば、身近なところでは「食生活習慣」や「生活習慣」の乱れが考えられます。食生活では「朝食を抜く」「早食いをする」などが多くなると、唾液の分泌が悪くなり、それが原因で口臭が発生してしまいます。また、「暴飲暴食」をすると胃や腸の機能が低下してしまい、やはり唾液の分泌が抑制され、口臭を招くことになるのです。口臭に食べすぎは禁物ですが、逆に過度なダイエットを繰り返していると免疫力が低下し、それが口の臭いを増加させる傾向もあるといえます。

口臭を防ぐためには、適度な唾液が必要です。生活習慣においても、睡眠不足や夜更かしを繰り返していると自律神経の機能低下が起こり、唾液の分泌が少なくなります。

「便秘」も口臭を悪化させる大きな原因で、定期的な排便がないと老廃物が体内に留まって悪臭物質が発生。それが口臭をひどくする可能性があります。

ほかには「口呼吸」による口臭がよく知られています。人間は鼻呼吸が基本なのですが、、鼻が詰まって息ができないなどの鼻の疾患を抱えている、歯並びや歯のかみ合わせが悪いせいで鼻から呼吸ができない人は、どうしても口で呼吸をします。これにより口内が乾き、唾液の分泌量も不足。細菌が増加し、虫歯や歯周病になりやすく、その結果、口臭が発生することになります。

日ごろから規則正しい生活を心がけるようにするだけで口臭改善に効果的です。

体臭改善の食生活と入浴


https://matome.naver.jp/odai/2137568873734744801/2137572533565439703

<食生活>
体臭は食生活によって変えることが可能です。ですから、少しでも体臭を軽減するためには、臭いを出さない食べ物を摂取するのが望ましいといえます。基本的には野菜全般がよいといわれています。緑黄色野菜をメインにした食生活は、体臭を抑制してくれます。
中でもにんじん、トマト、ほうれん草は体臭防止に欠かせない野菜といえます。野菜の1日あたりの摂取量はおおよそ350g程度がよいとされています。しかし、この量をサラダとして食べるのはあまりにも無理があります。ですから鍋物やスープなど、カサが減る調理法にすると食べやすいといえるでしょう。

どうしても野菜が嫌いという人は、野菜ジュースを利用する方法もあります。とはいえ、既成の野菜ジュースでは、どうしても栄養価が低くなります。なるべく、ジューサーなどを利用して、自家製の野菜ジュースを飲むようにしたいものです。なお、野菜のほかに体臭防止に効果がある食物は、ヨーグルト、オリゴ糖、緑茶なども適しています。
野菜を食べないと、便の臭いも強くなってきます。また体内に老廃物が溜まりやすくなるため、体臭が気になる傾向もあると考えてよいでしょう。もし、食事のメインを肉食にしてしまうと、さらに体臭はひどくなるといえますから注意が必要です。

<入浴>
人間が生きている限り、体臭を完全に消すことはできません。ワキガのある人、体臭が強めの人以外でも、何らかのにおいを発しているものです。しかし、体臭は予防することも可能です。基本的な体臭予防としては、入浴や洗髪、歯磨きなどがあげられます。

入浴には、汗や皮脂、泥などの汚れを落とすだけでなく、身体を温めて代謝を良くする働きもあります。老廃物によって体臭(加齢臭も含む)が強くなっている人には、ぬるめの湯に20分程度浸かる入浴方法がおすすめです。これには、体臭を促進するという肥満を抑える効果も期待できます。時間がないのでシャワーだけという人も、可能であれば週に1~3回くらいは湯船に浸かるのが望ましいといえます。頭皮も臭いが気になる部分だといえます。それは皮脂の分泌が非常に多いためですから、きちんとした洗髪を心がけることが必要だといえます。ただし、洗髪時にシャンプーやリンス、コンディショナーをきれいにすすがなかったり、濡れた髪をそのままにしていると、逆に臭いがひどくなることがあるため注意しましょう。また、体臭の発生源である耳の後ろも、きちんと洗っておきたいものです。
足の洗い方でもワンポイント。
ボディーシャンプーで足の裏を洗うと、ボディーシャンプーに含まれている保湿成分で足が保湿されてしまい、逆に蒸れやすい状態を作ってしまうのです。
足の裏にはボディーシャンプーではなく、殺菌作用のある石鹸を使うことをおすすめします。中には石鹸に変えただけで、症状が改善したという人も少なくありません。

https://matome.naver.jp/odai/2137568873734744801
2013年08月28日