中国 武侠小説の 第一人者 金庸の ドラマ ファンタジック時代劇 武侠ワールドへ

jiye195623
中国 武侠小説の 第一人者 金庸の ドラマ 武侠ワールドへ
プロフィール
出生:1924年2月6日
出身地:中華民国の旗 中華民国浙江省海寧県袁花鎮
職業:作家
各種表記
繁体字:金庸
簡体字:金庸
ピン音:Jīn Yōng
注音符号:ㄐ|ㄣ ㄩㄥ
和名表記:きん よう
発音転記:チン ヨン
繁体字:查良鏞

金庸の武俠小説

1955年に処女作『書剣恩仇録』の連載を開始して以来、1972年に『鹿鼎記』を最後の作品として断筆するまでに、長編を中心に15作の武俠小説を書き上げた。それらの作品群は、文学的な表現と巧みな展開の物語で、爆発的な人気を引き起こし、香港中国のみならず、台湾や華人の多い東南アジア各国でも広く読まれている。その浸透ぶりは、「中国人がいれば、必ず金庸の小説がある」と言われるほどで、中華圏における民族作家として確固たる地位を確立している。
金庸 – Wikipedia

金庸の武俠小説は動乱の時代を舞台としたものが多く、壮大な歴史背景に、実際の歴史上の人物も多数登場して虚実入り混じった世界を形作り、武俠小説の枠を超えた壮大な歴史叙事文学と呼ぶに相応しいものとなっている。また、作品の中では、民族間の葛藤が描かれることが多いが、それらの関係は伝統的な中華思想によっては捉えられておらず、諸国家・民族が客観的かつ平等に描かれているのが大きな特徴となっている。
金庸 – Wikipedia

金庸の歴代の作品の美女たち – 武侠ドラマはハマル!

武俠小説はそれまで低俗な大衆小説として知識人からは軽蔑される傾向が強かったが、豊かな教養に裏打ちされ、また西洋小説の影響も受けた金庸の作品は知識人の間でも好評を博し、金庸の作品の主題や物語、登場人物を研究する「金学」なる学問まで生まれた。武俠小説を文学としても評価される域にまで引き上げたことで、金庸は、「武俠小説の第一人者」との呼び声も高い。また、作品の多くは映画やドラマ、漫画、ゲームなど様々な媒体に進出して大衆に広く愛され、中華圏における広範な娯楽文化の一翼を担っている。1995年に、現代中国の代表的な作家を選んだ「二十世紀中国文学大師文庫」で、金庸は、魯迅、沈従文、巴金に続く、第4位に置かれている。
金庸 – Wikipedia

Amazon.co.jp: 現代語訳 論語 (岩波現代文庫): 宮崎 市定: 本
金庸の射鵰三部作
『神雕侠侶』…DVD
神鵰侠侶
笑傲江湖の内容紹介
【楽天レンタル】神周鳥侠侶 (1)-DVD
『雪山飛狐』DVD-BOX2ジャケット画像解禁!8月29日発売、9月5日5~9巻レンタル開始!
鹿鼎記〈新版〉 三
解説・物語|MAXAM『大唐游侠伝(だいとうゆうきょうでん …
!: 碧血剑 2007/1993 --
金庸原作 最新武侠ドラマ『雪山飛狐』
武侠ドラマ – 武侠スペシャル
ソン・フェイフェイ(孫菲菲)
https://matome.naver.jp/odai/2137566126223125301
2016年05月28日