CentOS6.4+Eclipse4.3+Tomcat6でServletでHello World

Doctor.Y
CentOS6.4+Eclipse4.3+Tomcat6でServletでHello Worldするまでの手順を紹介します

はじめに

CentOS6.4+Eclipse4.3+Tomcat6でServletでHello Worldするまでの手順を紹介します

手順0-1:CentOS6.4のインストール

以下のリンクなどを参考にCentOS6.4をインストールしておく

手順0-2:CentOS6.4にJDKインストール

以下のリンクを参考にJDKをインストールしておく

手順0-3:CentOS6.4にEclipse4.3インストール

以下のリンクを参考にEclipseをインストールしておく

手順0-4:CentOS6.4にTomcat6インストール

以下のリンクを参考にtomcat6をインストールしておく

手順1:Eclipse起動

#eclipse

手順2:Tomcatのサーバランタイム環境設定

・メニューの[ウィンドウ][設定][サーバー][ランタイム環境][追加] ↓
・Apache Tomcat v6.0 選択して次へクリック

・Tomcatインストール・ディレクトリーに/usr/local/tomcat6選択

・完了クリック

手順3:Tomcatサーバの起動設定

・メニューの[ウィンドウ][ビューの表示][サーバ]クリックで下方ウィンドウにサーバタブが開く

・右クリックして[新規][サーバー]クリック

・Tomcat V6.0 Server選択して完了クリック

もし完了ボタンが有効にならない場合は、以下のリンクを参考に
/usr/local/tomcat6/conf/のファイル権限変更

#sudo chmod 644 /usr/local/tomcat6/conf/*

手順4:Eclipseで動的Webプロジェクト作成

・メニューで[ファイル][新規][動的Webプロジェクト]クリック

・プロジェクト名にservletProject、ターゲットランタイムにApache Tomcat V6.0を入力

・次へ、次へ、完了でプロジェクト作成すると左側のプロジェクトエクスプローラに
servletProjectが表示される

手順5:Servletファイル作成

・servletProjectを右クリックして[新規][サーブレット]クリック

・Javaパッケージにjp.co.servletproject、クラス名にHelloServletを入力して完了クリック

・[Java Resouces][src][jp.co.servletproject]フォルダの下にHelloServlet.javaが
生成されているのを確認。中身は以下の様な感じ

package jp.co.servletproject;

import java.io.IOException;

/**
* Servlet implementation class HelloServlet
*/
public class HelloServlet extends HttpServlet {
private static final long serialVersionUID = 1L;

/**
* @see HttpServlet#HttpServlet()
*/
public HelloServlet() {
super();
// TODO Auto-generated constructor stub
}

/**
* @see HttpServlet#doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
*/
protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
// TODO Auto-generated method stub
}

/**
* @see HttpServlet#doPost(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
*/
protected void doPost(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
// TODO Auto-generated method stub
}

}

手順6:Hello Worldの記述

以下のようにdoGetメソッドの中にHello Worldを記述して保存

protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
// TODO Auto-generated method stub
PrintWriter out = response.getWriter();
out.println(“Hello World”);
}

手順7:実行+ブラウザで確認

・右クリックして[実行][1 Run on Server]クリック

・次へ、完了でEclipseの画面に「Hello World」と表示されればOK

もし404 Not Foundになった場合は、
http://localhost:8080/servletProject/HelloServlet
と入力して更新してみる。

ブラウザでも確認してみる

・FireFoxなどブラウザ起動

・http://localhost:8080/servletProject/HelloServletにアクセス

・画面に「Hello World」と表示されればOK

https://matome.naver.jp/odai/2137320848387617401
2013年07月15日