夏の日本の夜を10倍楽しむための、花火ミニ図鑑

ねこ魂
夏の夜を彩る、花火1つ1つの名前をまとめてみました。厳密には、さらに細かいものがありますが。覚えやすいように代表的なものだけに絞っています。

夏の夜を彩る、花火1つ1つの名前をまとめてみました。厳密には、さらに細かいものがありますが。覚えやすいように代表的なものだけに絞っています。

これを覚えておけば、きっと花火大会で彼女(彼氏)に尊敬されること間違いなし!?

日本の花火の代表と言える割物花火。

燃焼する多数の星が光跡を残しながら丸い菊型の花を描く。
尾を引く過程で色が変化する場合が多く、消え際がそろうのが美しい花火と言われています。

どこから見ても丸く見える完全な球形を保っている事が特色で、芯の入ったものは同時に内側に小さな菊をつくります。

牡丹
日本の花火の代表と言える割物花火。

花火が球形に開く点は「菊」と同じですが、星が尾を引かず、点のまま消え去るのが特徴です。
構造的にも菊と変わりがない。

※写真では、露出時間の関係で線を引いているようにみえますが、実際は点になります。

通常2色3色と重ねられ、そのたびに芯と花弁の色合いが変わるのが楽しめます。

冠柳(カムロ)
花火が開いてからも星がすぐに消えず、まばゆい光が柳のように降り注いでゆっくりと消えていきます。

尾を長く引くものだけに、比較的号数の大きな、上空で開くものが多いようです。

金色に見えるものは、「錦冠」、銀色に見えるものは、「銀冠」と呼ばれています。

椰子 (やし)
椰子の木のように広がる花火。
太い葉が印象深い「やし」の木です。
蜂 (はち)
花が開いた後に、蜂が舞うようにくるくる回りながら飛ぶ花火。
千輪
上空でドーンと爆発音のあと、しばらくしてからたくさんの小さな花が開く。

花火玉の中に小割玉という小さな花火玉を込めた物で小花が一斉に開くため。

トラの尾
打ち上げ玉を一斉に放出する花火。筒先から太い火の虎の尾と呼ばれる場合日本でも江戸の昔からある火薬の玉を打ち出す物。

上で爆発するのでなく、筒から発射されると直ちに燃焼し、そのまま空高く 舞い上がります。内側には丸星を内包し、太く尾を引いて上昇し、さらに小花が開くなどの細工がある。

型物
花火でなんらかの形を描き出す物。
スマイル型、猫型、ハート型、ドラえもんなどが有名

花火玉本体に紐を結びつけ尻尾のようにしたり、矢羽を付けたりし、色々工夫を重ねているそうだ。

たんぽぽの詩
カタチがたんぽぽのように見える
https://matome.naver.jp/odai/2137315951471369701
2013年07月07日