スマートハウスで光熱費ゼロ!本当に得するのか?!

tuaotuao
最近スマートハウスという言葉がよく聞かれるようになってきています。エネルギー問題に直面しているわが国では今後賢くエネルギーを創り出し、蓄え、使っていかねばなりません。スマートハウスはその代表的な生活スタイルの基盤住宅です。

スマートハウスとは?!

エネルギーの消費効率をしっかりと考え環境にも配慮した近代的な家。
スマートハウスの簡単な説明|スマートハウスの説明

賢い(スマート)住宅という意味で使われています。
太陽光発電システムや、燃料発電システム(エコキュート)、それらで発電した電気を貯め置く蓄電池、等の発電や蓄電システムを始め、生活の中で電気を使う(消費する)照明やエアコン、冷蔵庫などの生活家電等で使う消費電力全てを管理して、リアルタイムに電力をどれだけ使用しているか、どれだけ電気を貯めれているかというしっかりと見ることが出来るシステム(HEMS)を持っている家をスマートハウスと呼んでいます。

太陽光で電気エネルギーを創り出す!

太陽光等の自然エネルギーで電力を作る

創り出した電気は自分で使う以外に売電に回すことで利益が得られます

太陽光発電の固定買い取り価格は1キロワット時あたり38円。現在ほとんどの家庭が利用している従量電灯制の電力の価格は、2段階の料金で同22~23円程度です。買電の価格の倍近い価格で買い取ってくれるのですから、損得で言ったらお得です
太陽光発電をつけるとホントにお得? :日経ビジネスオンライン

ガスを使って電気を創る!

家庭用燃料電池「エネファーム」
ガスを使って電気を作り出す装置です。
同時に出る熱で給湯もこなします。

夜でも冬でもいつでも発電できる燃料電池。太陽光発電で足りない分の電気を創り出す!

エネファームは、昼夜、季節に関係なく稼働させれば発電します。つまり、自分のお家が発電所になっちゃう
エネファーム | すまいのエコ設備 | すまいの建築費用 | 一般財団法人経済調査会

発電ロスがないのがメリット。送電線を伝わって、何百キロも旅をしないから当然ですけど。発電時の熱も給湯に利用。エネファームでつくった電力は、一般の家庭で使用する電力の4〜6割程度もまかなってくれますので、電気代がお得になります
エネファーム | すまいのエコ設備 | すまいの建築費用 | 一般財団法人経済調査会

エネルギー効率が非常に高いんです。発電所から送られてくる電力のエネルギー効率は約37%、それに引き換え、エネファームのエネルギー効率は、約80%ですから、その差は歴然です

創り出した電気を貯めておく住宅用蓄電池!

家庭用蓄電池
電気を貯めておくことでいつでも使えるぞ!

日中に太陽光発電で作りだした電力を畜電して、夜間や天候の悪い日に利用します
電気を貯める『畜エネ』はスマートな電力使用の基本|スマートハウスの説明

電気料金が安くなる夜の時間帯に電力の一部を蓄電システムに貯めておき、電気料金が高くなる昼の時間帯に入ったら蓄電システムに貯めた電力を優先的に使うようにする
連載/電力を安く使うための基礎知識(4):蓄電池に夜間の安い電力を、今なら補助金も使える – スマートジャパン

蓄電池の使い方は住んでいる方の生活スタイルで大きく変わります。一番ベストな使い方はHEMSが教えてくれます。

電気自動車(EV/PHV)も蓄電池になる

代表的なLEAF TO HOME電気自動車
自宅で充電と放電どちらも可能な電気自動車

電気自動車の蓄電池もスマートハウスの電力として利用することが出来ます。太陽光発電の電気を電気自動車に畜電して、夜間に利用したり、蓄電池の予備電源としても活躍します。
電気を貯める『畜エネ』はスマートな電力使用の基本|スマートハウスの説明

いざという時の予備電源として電気自動車は移動手段以外の大きなアイテムになります。

これらのエネルギーを管理する頭脳が『HEMS』というシステム

HEMS(ホーム・エネルギーマネジメント・システム)
家庭内のエネルギーの流れを全て見える化することで管理できます。

どれだけのエネルギーが、いつ、どこで、何に使用されているかを「見える化」する「表示」
【Q.81】「HEMS」って、何? | 今さら聞けない 環境Q&A | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

発電量や電気使用量が数字で確認でき、電気料金額にも換算してくれる。
専用モニターやPC、スマホ、タブレットで確認でき、家族全員で省エネへの意識が高まるよ

家中の機器を一括してコントロールしたり、自動的にエネルギー使用量を最適化したりする「制御」
【Q.81】「HEMS」って、何? | 今さら聞けない 環境Q&A | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

創り出したエネルギーを売るのか貯めるのか、どう使ったら一番省エネでコストがかからないかを判断して制御してくれます。
エアコンの省エネ運転や付け忘れの電気を離れた場所からオフなども可能。

エネルギーを少しでも使わないような設計のパッシブハウスが基本

パッシブハウス
高気密・高断熱住宅で無駄なエネルギーロスが内容冬は暖かく。夏は涼しい家

窓や断熱材、換気装置の選別、気密・断熱の施工技術力、熱損失や消費エネルギーの計算など高レベルな建築設計並びに施工
パッシブハウス – Wikipedia

創り出したエネルギーを大切に使うための知恵、これがパッシブ設計です

現在は様々なスマートハウス補助金が盛りだくさん

スマートハウスの補助金・減税
政府主導の補助金制度が沢山あります

住宅用太陽光発電導入支援復興対策基金造成事業補助金
太陽光発電システム導入時の補助金について|スマートハウスの説明

太陽光発電パネルの出力が補助金の金額を決めますので出力が高いほど(パネルをたくさん載せるほど)沢山補助金が貰えます

民生用燃料電池導入支援補助金、エネファーム(燃料電池システム)についての補助金
エネファームに関する補助金『家庭用燃料電池』|スマートハウスの説明

都市ガスやLPガスから水素を取り出し電気を創り出、同時に発生した熱で給湯も行う家庭用機械(エネファーム)はエネルギー効率が高くCO2の発生も格段に抑えられるため、国の意思と同一方向を向いているため補助金の対象機器となっています

定地用リチウムイオン蓄電池導入支援事業
リチウムイオン蓄電池の補助金について|スマートハウスの説明

スマートハウス建築で太陽光発電で得た電気をためておく住宅用のリチウムイオン蓄電池が補助金の対象となります。直流電気を交流に変化させるパワーコンディショナーやインバーター、コンバーター等の電力変換装置と共に一体的に構成されたシステムが対象です

エネルギー管理システム導入促進事業費補助金、HEMS導入に当たっての補助金
HEMS導入に当たっての補助金の説明|スマートハウスの説明

国際標準化され経済産業省が指定した「ECHONET Lite」という共通言語に対応しているHEMSでさらにこの補助金を管理している一般社団法人「環境共創イニシアチブ」が認めているHEMSが対象

結果、スマートハウスを建てると得なのか?!

光熱費が掛からないゼロエネルギー住宅のスマートハウスを大手ハウスメーカーで注文するとして、補助金を全て申請して建てると規模にもよりますが現在は普通住宅より少し割高です。
ですが毎月の光熱費が2万円浮くと考えたら1年間で24万円、10年間で240万円です。
さらに売電での収益もあります。
スマートハウス機器が10年間で壊れなければ十分元は取れるでしょう!

関連リンク

スマートハウスについて細かく説明しています。検討の際はみて損はないでしょう

https://matome.naver.jp/odai/2137274963617738201
2013年07月02日