腐男子が選んだオススメBL本たち その1

robahiyo
キュンとくるような可愛いBLが好きな腐男子が選ぶ、お気に入りBLコミックをまとめてみました。

●雲之助先生を大プッシュしてます

幸せになるのさ! (IDコミックス GATEAUコミックス)
とにかく全編を通して主人公のふたりが可愛くて、相手を想う気持ちがたくさん詰まっている作品。
ジャンルで言うと甘々系。読了感としては心から幸せな気分に浸れます。

『ほっこりと幸せな気持ちに包まれる』
この言葉が一番当てはまる作品だと思います。ほのぼのとした作品や甘めな作品が好きな方、幸せな気持ちになりたい方にオススメしたいです。
私はこの本を読んだ後に本をぎゅっと抱きしめながら「はあ…」と思わず息を吐きました。そして、心が幸せな気持ちでいっぱいになりました。他の方もそんな気持ちになったらいいなあと思います。
幸せになるのさ! 雲之助 【感想】ちるちる

さわら@kumanekopanda24

“俺のこと嫌いになってもどこにも行くな”とか!!キュンてする!!! 雲之助先生の「幸せになるのさ!」の歩くんがかわいい。てか雲之助先生の作品はかわいい!!
恋人アソート (gateauコミックス)
新作が2本と、これまでの作品3本からのスピンオフで構成されています。
中身はわりと続編集な感じなので、『幸せになるのさ!』『きみに注ぐ』『男の子と恋』を全て読んでいるとベストです。前提のハードルが少し高めですが、それでも推したいほど素敵な作品。

好きな人を想うこと、好きな人に想われることの幸せ。
好きな人に好きという気持ちを示すことの尊さ。
そんな風に”心”を通わせ合うことの素晴らしさを感じられる作品ばかりです。
恋人アソート(表題作 1階のふたり) 雲之助 【感想】ちるちる

●表紙からしてドキっとしてしまいそうな色っぽさ

手をつないで恋を (IDコミックス GATEAUコミックス)
弓道部の部員同士が物語の主人公。歳相応の少年らしく、多感で葛藤を繰り返す様子がすごくキュンとするのです。

自分が読んだ時の第一印象はピュアでした。
最近読んだ漫画の中で一番ピュアなストーリーだったと思います。
青春と言う言葉を感じました。
手をつないで恋を 高岡七六 【感想】ちるちる

りぼんぬ@chiffonss

9月15日新刊「手をつないで恋を」高岡七六さんの新刊読みましたー!弓道男子イイ//あとがきの袴の脇からチラリズム、わかります!!自分も剣道部だったのでよく男子にハァハァしてましたw晶のトローンとした表情にやられた・・!ガトーコミックスってまだ新しいみたいですね。今後も期待!!

●やたら家庭的なBLというのも良いです

厄介なおとなりさん (キャラコミックス)
いわゆるBL的な楽しみ方よりは、純粋にドタバタしたラブコメ的なところが魅力的なのかもしれない作品。
表紙のワンシーンを見てピンと来た人にはきっとハマる内容になっているので、おすすめです。

ダメな大人と、しっかり者のまだ大人発展途上な学生のお話。可愛らしい二人の可愛らしい話でした
厄介なおとなりさん 感想 秋葉 東子 – 読書メーター

あとずっと買わなければ~っと思っていた秋葉東子さんの厄介なおとなりさん、これも良作でした(*^^*)一冊まるまるストーリーで結ばれる話やからボリューミーで読んだ感半端ない。ゆっくり恋が実っていくからたまらんですな(^^)

●ダメ男な短編集。『ろくでもないあなた』が好きでした

可愛いあの子 (IDコミックス gateauコミックス)
長編作品ではわりと濃いストーリーや人間模様を描かれる先生ですが、短編ではその辺りが「良い具合」にアッサリしていて読みやすく、可愛い作品に仕上がってます。
なんでしょうね、もう。「さがのひを」さんの「可愛いあの子」文句のつけようが無い。綺麗、可愛い、切ない、面白い、話が大好き、の五冠王ですね。本当に買って良かった。しっとりと泣けます。寒い日に布団の中で心も温まりたい時にどうぞ。

この作家さんは雲之助さんが可愛くて優しくて切なくてキュンキュンなら、それに痛さが加わったカテゴリー的に似ている作家さんだと自分的に位置づけています。
可愛いあの子 さがのひを 【感想】ちるちる

個人的に「なるほど」と考えてしまったコメント

●方言男子×転校生のキュンとくるストーリー

きみにうつる星 (ショコラコミックス)
子どもならではの無力さに直面しつつ、それでも必死であがいて恋をするストーリー。ほんわかした絵柄のわりには意外と痛々しい面もあります。

表題のきみにうつる星は、切なくて、それでいて初めての恋にドキドキしちゃうような高校生同士のちょっと素朴だけど、真剣な10代の苦悩や思いが伝わる作品。
感動系のお話が好みならきっと大満足の1冊になるのではと思います。
きみにうつる星 小嶋ララ子 【感想】ちるちる

● 第2、3弾もまとめたので、是非ともよろしくお願いします

https://matome.naver.jp/odai/2137257855579881001
2015年08月23日