【動画と画像】鳥人間コンテストで後遺症、TV局や大学などを提訴

takikawa
読売テレビ「鳥人間コンテスト」で負傷した女性が、テレビ局、大学、所属サークルなどを相手に訴訟を起こし、話題になっています。その問題をまとめました。

▽問題となった場面の動画と画像

動画では、川畑さんの母親も見守る中、離陸直前に左翼の中央が折れ、機体がバランスを失う中で、川畑さんが約5メートルの高さから落ちているのが分かる。
http://jp.ibtimes.com/articles/45702/20130622/304328.htm

こんな飛行機に乗っていた
すぐに左翼が折れた
そのまま落ちて、折れた左翼が湖面に刺さった
落下時

▽提訴したのは「川畑明菜」さんという女性


https://matome.naver.jp/odai/2137193478733632501/2137193762034154603
川畑明菜さん
2007年 エステティシャン資格取得
2008年 エステインストラクターの資格取得
事故で後遺症発症
2009年 某国立大学工学部卒業
2010年 史上最年少での医療機関における
JAB/UKAS認定のISO9001/14001を
取得させる
2011年 起業
2012年 家電チャンネルでの美容コラム連載開始!
ガジェット通信やアメーバニュース
ライブドアニュースに配信されています!
国内最大級の起業家SNS「Festivo」にて
サポーターズコラムも書いています!

【主な仕事】ISOコンサルティング 美容コンサルティング エステサロン開業コンサルティングetc
ゴスロリ社長はるにゃんのプロフィール|Ameba (アメーバ)

07年7月29日、読売テレビ主催の『第31回鳥人間コンテスト』に出場した彼女は、人力飛行機で滑走中に左主翼が折れ曲がり約10メートルの高さから落下。その衝撃が原因で『脳脊髄液減少症』という後遺症を患うことになった。
鳥人間コンテストを提訴「落下の衝撃で動けない身体に…」 (女性自身) – Yahoo!ニュース

今年4月、読売テレビと当時籍を置いていた九州工業大学、人力飛行機を制作したサークルの顧問、リーダーや設計責任者や政策責任者などの幹部学生らを相手取り、4305万8800円の支払いを求める裁判を起こした。
鳥人間コンテストを提訴「落下の衝撃で動けない身体に…」 (女性自身) – Yahoo!ニュース

川畑さんは一時は寝たきりの状態になったが、入院や通院を続けながら大学を卒業、現在は治療のかいあって症状は改善している。それでも動ける時間は1日に8時間程だとのこと。
http://jp.ibtimes.com/articles/45702/20130622/304328.htm

▽提訴理由は

パイロットだけが責任を負う状況に疑問を呈し、事実上棄権できないルールや、安全性を確認できない状況を踏まえ、話し合いで進展が見られないため、訴訟に踏み切ったとしている。
http://jp.ibtimes.com/articles/45702/20130622/304328.htm

「裁判になってしまったのは非常に残念です。ただ提訴の期限が迫っていたため、決意しました。訴える前には、テレビ局の方ともお会いしました。しかし『裁判をするとお互いのためにならないよ』などと言うばかり。今後の安全対策についてなど、私が満足するの話し合いはできませんでした。私は、なぜこんな事故が起きてしまったのかを知りたかった。それに今後、二度と同じことが起こらないようにしたいと思ったんです」
鳥人間コンテストを提訴「落下の衝撃で動けない身体に…」 (女性自身) – Yahoo!ニュース

女性のコメント

▽提訴した女性は提訴理由をブログに記しています

提訴した女性のブログです

「【2007年・鳥人間コンテスト・事故・裁判】週刊誌『女性自身』様の取材を受けてきました」から、「裁判で請求する金額について」「【鳥人間・裁判】『精神論』が通用するなら『裁判』も『規則』も『管理』もいらない」「【事故の画像】私はピアノに乗って飛んではいない」と、4回に渡って、裁判に至った状況や、実名公開に踏み切った心境などをつづっている。
http://jp.ibtimes.com/articles/45702/20130622/304328.htm

6月22日発売の女性自身が報じた

今後も「女性自身」様にて情報が掲載されていく予定なのでよろしくお願いします。
【2007年・鳥人間コンテスト・事故・裁判】週刊誌「女性自身」様の取材を受けてきました|ゴスロリ社長はるにゃんの【お姫様コルセットdeダイエット】

女性のコメント

▽ネット上では賛否両論の意見が

togetterではこの問題を、さまざまなネットユーザーが意見を述べています。

Gaku(ガク)@staygold991

鳥人間コンテストを提訴 – Y!ニュース dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/pub…
提訴するのは自由。だけど、勝敗は別だな。話の場を持ちたいための提訴らしいから、敗訴も覚悟の上なんだろうね。お疲れ様でした。

神川 千輝@TikiKamikawa

『どうしてそんなに危険な行為が今まで明るみに出ずにずっと続けられていたのか』ってのも問題なんじゃないかと。ここでは鳥人間コンテストだけが取り上げられてるけど、他のテレビ番組や大会に関しても確認してみる必要があるのでは?

muipla@muipla

「問題はパイロットが責任を負うか否かではなく、パイロット以外は無責任でよいのか、です。パイロットは絶対免責されませんから」ここ重要。しかしチーム側から棄権出来ないルールだったとは。 / “鳥人間コンテストの事故について、鳥人間の立…” htn.to/u62ucn

佐々木貴宏@SasakiTakahiro

棄権出来ないのに自己責任はひどい。 / “鳥人間コンテストの事故について、鳥人間の立場から考える – Togetter” htn.to/3nEvsC

海猫かもめ@umineko_kamome

さっきのまとめが、チームリーダー経験者視点。
んで、こっちがパイロット視点…というか、事故で訴訟の人、本人やね。
チームメンバーに当事者意識ないヤツ結構多いようだし…まあ、そりゃ訴えるわな>『鳥人間コンテストの事故について、当人のTL』togetter.com/li/522413

御統ユリカ@mm_yurika

鳥人間コンテストを提訴「落下の衝撃で動けない身体に…」 news.mixi.jp/view_news.pl?i… じゃあなぜ最初から参加を断らなかったんだ? もしかして落下の危険性も考慮せずに参加してたの? 責任全てを…

zarisu@zarisu4

鳥人間コンテストでの事故で後遺症を患った川畑明菜さん(26)が慰謝料4305万よこせとテレビ局などを提訴 news.2chblog.jp/archives/51753… 「十分な飛行試験も行われず、
荷重試験もできていませんでしたから…」アフォなの?

大和撫男@katakorikorian

鳥人間コンテストを提訴「落下の衝撃で動けない身体に…」(女性自身) – Y!ニュース zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=2013…

なるほどね。
ただの屁理屈だろ。
ある程度リスクはわかっていたはず。
告訴するにしても、主催者側に訴えるのは違うのでは?

▽ちなみに鳥人間コンテストは今年も開催決定

2013年7月27日(土)28日(日)、滋賀県彦根市の松原水泳場で開催。
鳥人間コンテスト│読売テレビ

https://matome.naver.jp/odai/2137193478733632501
2013年06月23日