新しいラーメン誕生?【福井へしこラーメン】への期待!

teruiro-clover
福井県から新しい味のラーメン、へしこラーメンが誕生なるか?

1.まず最初に「へしこ」とは?

へしことは、鯖に塩を振って糠漬けにした郷土料理、および水産加工品である。
へしこ – Wikipedia

昔は若狭の各家庭で作られていた“お袋の味”へしこ。
塩味の効いたその味わいは、今や、全国的にも人気が高まってきている珍味です。
旬の里ふくい_食の風景

へしこは、もともと保存食なので、食べる分だけ切って残りは冷蔵庫で保存が可能。
旬の里ふくい_食の風景

その呼び名の由来は二説あります。
ひとつは、 塩漬けにした魚から浮き出してくる塩汁「ヒシオ(干潮)」が転じたという説。
もうひとつは、若狭地方で木樽などにものを押し込む「へし込む」という方言がなまって「へしこ」になったという説です。
まるへ 福井県美浜町のへしこ

2.へしこラーメン 広まるか?

福井県美浜町名物「へしこ」の名をさらに高めようと、へしこを使ったラーメンの調理実習が5日、同町生涯学習センターなびあすで開かれた。
「へしこラーメン」美浜から発信 町が講習会、民宿などで提供へ 社会 福井のニュース :福井新聞

町は民宿で順次提供してもらい、新名物として売り出したり、地域ならではの食材を使ったメニューを紹介する県の「若狭路ご膳」に登録したりして、PRしていきたい考え。
中日新聞:美浜の新名物へ へしこラーメン伝授 開発者の石田さん 民宿おかみら17人に:ふくい地域:日刊県民福井から(CHUNICHI Web)

「へしこの町・美浜」で売り出す町内の民宿や飲食店でメニューの一つに加えてもらい、地域活性化につなげてもらおうと実習会を企画
中日新聞:美浜の新名物へ へしこラーメン伝授 開発者の石田さん 民宿おかみら17人に:ふくい地域:日刊県民福井から(CHUNICHI Web)

今年1月からへしこラーメンを提供している「越前居酒屋 ふくい」=越前市押田町=の石田明生さん(41)が講師を務めた。
「へしこラーメン」美浜から発信 町が講習会、民宿などで提供へ 社会 福井のニュース :福井新聞

石田さんは、へしこに切れ目を入れて、三十分程度水に浸すことで、独特の臭みを抜くことができると紹介。
中日新聞:美浜の新名物へ へしこラーメン伝授 開発者の石田さん 民宿おかみら17人に:ふくい地域:日刊県民福井から(CHUNICHI Web)

家庭にある材料で簡単に調理できるのが売りで、薄味のスープと濃い味のへしこを交互に味わえば、程よい味になるという。
「へしこラーメン」美浜から発信 町が講習会、民宿などで提供へ 社会 福井のニュース :福井新聞

作り方を学んだ旅館の女将らは「ぜひ店で出したい」と気に入った表情
「へしこラーメン」美浜から発信 町が講習会、民宿などで提供へ 社会 福井のニュース :福井新聞

3.へしこラーメン 今後への期待

県外客は地元ならではのものを重視するから、へしこラーメンはインパクトが強い。
「へしこラーメン」美浜から発信 町が講習会、民宿などで提供へ 社会 福井のニュース :福井新聞

町長は「油っこくなくて、へしこと合っている。さまざまな方々と相談しなければならないが、商標登録することも検討していきたい」
「へしこラーメン」美浜から発信 町が講習会、民宿などで提供へ 社会 福井のニュース :福井新聞

4.すでに「へしこラーメン」の市販製品も出ていました

https://matome.naver.jp/odai/2137062027733754701
2013年06月08日