必見!相手を納得させるたった4つのコツ。

baboooo
何かを決める時、皆さんはどのようにして決断をしているでしょうか。情報を集めたり、人の意見を聞いたりしても、最終的には自分の判断で決めることが多いはずです。そもそも人間は自分で意志を決めたい生き物。『納得してもらう』自分の意志で選んでもらったような形にするための話し方と伝え方を考えてみましょう。

■①『人は自分で決定したい』という事を理解する。

無理に相手を説得するのではなく納得してもらうような情報を提供し、「人の意見を受け容れた」という印象になってしまう説得ではなく、自分で決めたような印象を待たせる。
説得より納得!上手に説得するための伝え方 [話し方・伝え方] All About

A・B・Cという3つの選択肢があったとします。相手にAを選んでもらいたい場合、「Aにしたほうがいいよ」という主張はせず、BのデメリットやCを選んだ場合のリスクなどをできるだけ客観的に伝え、最終的な判断は自分でしてもらいます。
説得より納得!上手に説得するための伝え方 [話し方・伝え方] All About

■②提案は焦点を絞り込んでシンプルに行う。

何より大事なのは、自分の考えをできる限り精査して絞り込み、シンプルにすること。
仕事が思い通りに進む!相手を納得させる交渉術・CHAPTER 3 社内での交渉|日立ソリューションズ

相手は要点以外のことは聞いてくれません。提案を受ける側にとって重要なのは、何が言いたいのか、そしてその提案がメリットになるのか、この2点だけです。
仕事が思い通りに進む!相手を納得させる交渉術・CHAPTER 3 社内での交渉|日立ソリューションズ

■③相手にとって納得のいく理由を探す。

説得中に、『なぜそうしてもらいたいのか』があれば、相手は納得して、リアクションを起こす事ができます。
「上手な說明」の基本とコツ: たちまちわかる・すぐに役立つ – 鶴野充茂 – Google ブックス

人間は感情の生き物ですから、何をするにも、理由を知って感情的に納得した結果としてリアクションを起こしたいのです。
「上手な說明」の基本とコツ: たちまちわかる・すぐに役立つ – 鶴野充茂 – Google ブックス

■④目上の人への説得には気遣いをプラスする。

異論がある場合でも、まず『そう考えていらっしゃったんですね。実は私は…』と話したほうが、ギクシャクしないで説得ができます。
相手の「納得感」を高める説得テクニック: シンプルだけど意外と使えるアイデア集 – 山田みどり – Google ブックス

相手の知的レベルに合わせて話を進めることも必要。
説得とは人を動かすことである/社長の着眼vol.229

https://matome.naver.jp/odai/2136918432883629601
2015年04月08日