懐かしのB級格ゲー まとめ

rasine
格ゲーブームの中、乱発された格闘ゲーム達。惜しくもメジャーシーンに上がれなかった愛しい奴らをご紹介。B級って個人の感覚なのでメジャーじゃん、みたいなのがあったらごめんなさい。当時はゲーメストを購読していましたので、やったこと無いゲームもタイトルとキャラだけは知っていました。
ギャラクシーファイト
ちょっと今懐かしすぎて声が出そうになりました。
これこそザ・B級じゃないでしょうか。
宇宙を舞台にしたSF系格ゲー。スト4でいうケンに当たる忍者・カズマと、宇宙海賊のお姉さま、ジュリが乱舞の超必殺持ってて、しかも体力低くなってたらゲージなど必要なく(昔はゲージなく、ピンチの時に出せるゲームもありました)、出し放題で強すぎでした。

シャドー濃いめのグラフィックがなかなかかっこよかったものの、操作性はちょと微妙だった記憶です。

何故かソフト持っていました…。

わくわく7
もういっちょうサンソフト。
やったこと無いですが、発表の時点でB級むんむんしていました…。7つのなんとかを集めて願いをかなえるという
ドラゴンボールをリスペクトした感じ。

天外魔境
RPGの天外魔境も格ゲーになってました。
天外魔境やったことないのになぜかやっていました。
(キャラはなんとなく知ってたけど)人気ゲームや漫画の格ゲーは沢山ありますが、大抵コンシューマーゲームです。
こちらはちゃんとビデオゲームとしてゲーセンにあった所からチョイス。

まぁ割と普通の格ゲーでした。
防御アップとか、そういう感じの術があるのが特徴的?

小さくて素早いけど攻撃力バカ高、防御低いっていう幼女を使っていました。
美少女では全くない幼女。画期的ですよね綱手って。

いっつも中ボス前のカブキにやられていた記憶。

モータルコンバットⅡ 究極神拳

今も続編が出ている全米で大人気ゲームなのでB級じゃないんですけど、どうみてもB級。

始めてやったのは2ですが、実写取り込みの気持ち悪い動き、コンパチだらけの色違いキャラ達、なのにマスク着用率激高な手抜きキャラデザ、おどろおどろしい背景…。
どうしょうもないアングラ臭…。子供心に深いトラウマを残しました。

2本先取して、勝ち確定した後にクソ難しいコマンド(どっちかというとバーチャ系の)を入れて残酷にとどめを刺すという演出、狂っています。(褒め言葉)

我が家では金的攻撃をするジョニーケイジ(当然女性には効かない)というサングラスマンと、帽子飛ばすスピードワゴンみたいな男、ライデンが流行っていました。

超人学園ゴウカイザー
これも凄いB級臭です。
当時人気のアニメーターだった大張氏がキャラデザという事で結構記事とかありましたが、実機を見た事なかったです…。
マルチメディア展開なんかもしてた記憶。女子のデザインがエロすぎたのでプレイするのがちょっと恥ずかしかったんじゃないでしょうか。
設定とか結構面白いですけどね。

当時のギラギラした絵柄ーって感じで懐かしいですね。

水滸演武 -風雲再起-

あー、なんかこんなジャケットだったーと懐かしみましたが、当然筐体見た事ないです。

流石に水滸伝はちょっとマイナーになってしまい、折角の原作付ゲームであるという利点が活かせず…。
子供心にも「水滸伝…?」となったのでした。
なんかナルシストっぽいやつと肌の色が緑か青かな人がいました。

今考えるともうちょっとメジャーな存在である三国志すっとばしてなんで水滸伝?(koeiが既に出してたのかもね)

豪血寺一族
B級というにはちょっとメジャー度高いですが、前代未聞のババァゲー。
おばあちゃんキャラ確か3人もいました。3人!
うち一人は前作より更に高年齢を追加するという形で!
しかも悪い感じのババァ。メジャー度高めなのはやっぱり人気イラストレーターの村田蓮爾さんがイラスト描いてたりするからじゃないでしょうか。

キャラの濃さは間違いなくトップクラスでしょう。

ワールドヒーローズ
この中では多分一番メジャー。
タイムマシン使って古今東西の英雄を集めて誰が強いか試してみたよ!という着眼点は素晴らしく、
歴史的に有名なキャラなど出てくるのでなじみも良い…のだが、今となっては色々な意味で出してはいけないキャラが多いパロディ色の強いゲームとなっています。
というかジョジョパロ多すぎでしょ!!特徴としては、ライフゲージ下に常にキャラがしゃべってる字幕が出るのですが、ジョジョネタ非常に多し。

正直キャラグラがもっさりしているものの、
結構いいキャラ揃ってる良ゲーなんですけどね。

痛快GANGAN行進曲
ヤンキー系格闘ゲー。
普通の2D格ゲーは前後にしか動けないが、
ファイナルファイトなどのベルトスクロールアクションのような奥行きがあるステージで戦うのが特徴。今考えるとくにおくんに近いですね。

超必殺技の演出が凝っていて面白いです。

サイバーボッツ
ストリートファイターズシリーズのカプコンだってB級の一つや二つ出しています。
ロボット格ゲー。ロボットとパイロットを選び、ロボットの性能は変わりませんが、パイロットのキャラクター個性で愛着を持たせる仕掛けが凝ってます。

ボス(中ボス?)である、タイムボカン系悪役3人組であるデビロット姫が大人気で一人歩きしていった記憶。

主人公もメジャー格ゲーにてダンみたいなキャラで再出演を果たしました。

大江戸ファイト
既に当時からカルトゲー視されていた逸材。
というかZ級ですよねこれ。
実写取り込み&残虐表現有りのモータルコンバットをリスペクトしたゲームです。当時はまだメディアが発達していませんでしたからどんなゲームかよく分からなかったのですが、
昨今のネット隆盛により動画が見れる時代になった事の素晴らしさよ。(詠嘆調)

ブラッディロア
キャラがみんな獣人に変身できるゲームということで多分獣人好きな人にはたまらないであろうゲームです。
かっこいい系獣好きさんは必見ではないでしょうか。今wiki見たら思ったよりシリーズ化されていてびっくりしました。

この中では後期に作成されたバーチャ系の3Dゲームです。

●最後に

多分思い出せていないものも大量にあると思われます。
思い出したら追加します。
ファイティングバイパーズを入れるかどうかで悩んでいます。

https://matome.naver.jp/odai/2136816538650834301
2013年05月13日