借金は時効期間が過ぎただけではなくならない!?

zopi
借金の時効を成立させるには手続きが必要なようなので、関連情報をまとめてみました。

■時効になるための期間

・銀行などの金融機関、信販・消費者金融などからの場合 5年
(商事消滅時効)

・友人や知人、親などの「個人」からの場合 10年
(民事消滅時効)
「時効」になれば返さなくていい!? [借金の返済・債務整理] All About

■時効期間がのびる場合

時効期間が経過する前、業者から訴訟を起こされていたり、借金の一部を返済していたり、借金の承認書を書いたりしていた場合、その時点で時効の進行がストップします。
【産経新聞】「借金の返済期限が過ぎてから取り立てがきたら?」 法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ

■時効期間が過ぎただけでは、時効が成立していない

時効期間が経過すれば、自動的に債務がなくなるわけではありません。債務者が債権者に対し、時効によって債務がなくなったので支払いはしない、ということを表明する「時効の援用」を行って初めて債務が消滅します。
【産経新聞】「借金の返済期限が過ぎてから取り立てがきたら?」 法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ

■時効の援用とは

時効を主張する行為を、「時効の援用」といいます。具体的には、内容証明郵便(配達証明付)で援用通知を相手方に送るなどの方法があります。こういった時効の援用がなされないと、時効は完全には成り立たず、援用して初めて成立します。
「時効」になれば返さなくていい!? [借金の返済・債務整理] All About

■借金問題の相談先

https://matome.naver.jp/odai/2136813847645464601
2013年05月10日