新世代弾き語りフォーク(?)、赤坂フォークビレッジのまとめ

inazumastrike
Youtubeで昔の曲を探してるとよく出てくる、Akasaka FolkVillage。『都内で活動する若手シンガーソングライターたちの【歌ってみた】』とのことですが、見てると爽やかで何かいい!ということでまとめてみました。

いきなりフォークの曲ではないですが、何か妙にかわいい。
後ろのギターの男の子もいい仕事してますね。

オフィシャルサイトはこちら。
アマチュアかと思ったら、CD出してる子もいるんですね。


以外な選曲ですが、、、楽しそうで良し。

これは秀逸。女の子が歌うのもいいですね!

これも爽やかでいいですね!

これが最初の動画ですね。garoの「地球はメリーゴーランド 」

曲を作り、詩を乗せ、楽器を弾き、歌う。

その弾き語りというシンプルなスタイルは、
デジタル音源でのレコーディングが当たり前になった現在でも
絶対に再現できない、「何か」を伝える力を持っている。

その何かはきっと…
人の温もり。
人と人とのつながり。
そこに生まれる音楽への愛情。

フォークミュージックとは、そんな等身大でシンプルな音楽の表現だ。

都内で活動する若手シンガーソングライターたちが、
そんな音楽への愛情を音にしてゆきます。
聴いてくれたあなたを、ほんの少しでも幸せにできていることを願って。
赤坂フォークビレッジとは

だそうです。「弾き語り=フォーク」というフォーク感?
強引だな。

https://matome.naver.jp/odai/2136799201413813001
2013年05月08日