【速報】日本人観光客は含まれていない 5月7日:フィリピンで火山噴火

yaki_nasu

フィリピン北部ルソン島にあるマヨン山(2462メートル)が7日午前噴火し、登山中の観光客5人(うち4人が外国人)が死亡した。
外務省海外法人安全課によれば、この5人に日本人観光客は含まれていないとのこと。
比マヨン山(ルソン富士)が噴火 登山客5人死亡(ハザードラボ) – エキサイトニュース

【マニラ=共同】フィリピン北部ルソン島のアルバイ州にあるマヨン火山(2462メートル)が7日朝、噴火した。地元自治体によると、噴煙は高さ500メートル以上に達し、登山をしていたフィリピン人ガイドと外国人観光客が行方不明になっているとの情報があり、確認中だ。
フィリピンで火山噴火 外国人が行方不明の情報も  :日本経済新聞

地元自治体によると、登山中の観光客5人が岩に当たるなどして死亡、うち4人は外国人だった。けが人は少なくとも3人で、死者、負傷者いずれも国籍は不明。在フィリピン日本大使館が、日本人が巻き込まれていないか確認している。
フィリピンで火山噴火 外国人ら5人死亡  :日本経済新聞

噴火当時、最大で20人ほどの登山客とガイドがマヨン山に登っており、5人が死亡し、7人が負傷したと報告されていると発表した。死傷者の国籍や身元は分かっていない。
フィリピンのマヨン山が噴火、登山客ら5人死亡か (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

マヨン山は過去48回の噴火が記録されている。1814年の噴火では溶岩がカグサワ(Cagsawa)の街を埋め尽くし、1200人以上が死亡した。2006年8月の噴火では噴火による直接の死者は出なかったものの、その年の12月の台風で山腹にたまっていた火山泥が流れ出し、1000人が死亡した。
フィリピンのマヨン山が噴火、登山客ら5人死亡か (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

https://matome.naver.jp/odai/2136790779792304901
2013年05月07日