【美しい!】世界のツリートンネルいろいろ

no6902
木がつくり出す自然のツリートンネル。世界各地にある美しいトンネルを集めてみました。

ウクライナ『愛のトンネル』

「この愛のトンネルは、実際は、西ウクライナの小さな都市 Klevan の側を2マイルにわたって伸びる私鉄の線路です。カップルは、願い事をしながらこのトンネルを通ります。彼らの愛が強く純粋であれば、言い伝えによると、願い事が叶うそうです」
(翻訳引用:「 http://dujardindesign.com/blog/trees-bees-and-chemical-free/ 」より

日本の『河内藤園の藤のトンネル』

「河内藤園は知る人ぞ知る花園、日本有数の広さを誇る私営の藤園で宣伝は一切しない。
1977年4月開園。1000坪の大藤棚を中心に、藤ドームや藤トンネルなどがある。
4月下旬から5月中旬にかけて、さまざまな藤の花が順繰りに咲き乱れ、野田長藤、口紅藤、赤紫、青紫、紅、白、八重、長、中、短の各種。22種類で計150本、珍しい八重咲きの藤もある。
ご主人は藤園を厳格に管理しており集客に乗り気でない、花好きな方だけが来てくれればよいという姿勢だ。」
(引用「 http://www.kitakyushu-museum.jp/resources/267 」より)

北アイルランドの『ダークヘッジス』

「この美しいブナの樹は樹齢300年です。地元の記録によると、18世紀に James Stuart が、彼のアントリム郡の邸宅に来る客を感動させるため、150本のブナを植樹したそうです。ここには、「グレイ・レディ」と呼ばれる、幽霊のミステリアスな伝説があります。彼女は付近の邸宅に住み、ミステリアスな最期を迎えました。彼女の幽霊はこの道を行き、端にたどり着いた途端消えてしまうそうです。」
(翻訳引用:「 http://dujardindesign.com/blog/trees-bees-and-chemical-free/ 」より)

ドイツ『桜のトンネル』

「春、ドイツの都市ボンにある静かな通りは、魅惑的な桜のトンネルに変わります。2つの通りに、桜の木が植えられています。ご存知のように、天気にもよりますが、桜の木は7~10日間しか咲きません」
(翻訳引用:「 http://www.amazingworldstuffs.com/2012/12/10-amazing-tree-tunnels-in-world.html 」より)

イギリス『イチイの木のトンネル』

「このイチイの木のトンネルは、18世紀、アバーグラスニー(Aberglasney)のダイアー家によって植えられました。ウェールズにあります。アバーグラスニー庭園には、1470年から作家たちにインスピレーションを与えてきた美しい庭があります。」
(引用翻訳「 http://dujardindesign.com/blog/trees-bees-and-chemical-free/ 」より)

南アフリカ『ジャカランダ・ウォーク』

このトンネルは70,000本のジャカランダの木の鮮やかな青紫色に彩られる「ジャカランダの街」、プレトリアにあります。少なくとも49種のジャカランダの木があります。これらの木は、100年以上前、南アメリカから南アフリカに輸入されました」
(引用翻訳「 http://dujardindesign.com/blog/trees-bees-and-chemical-free/ 」より)

ブラジル『紫檀のトンネル』

「ブラジルのポルトアレグレにあるこの美しい通りには、100本以上の紫檀の木が植えられています。これらの木は、1930年代、地元の醸造所に雇われていたドイツの労働者たちによって植えられました。」
(引用翻訳「 http://dujardindesign.com/blog/trees-bees-and-chemical-free/ 」より)

その他のツリートンネル

https://matome.naver.jp/odai/2136776205162824401
2013年05月06日