高コレステロールが体に悪いとは聞くけど、それが原因で引き起こされる病気って知ってます?

利用しやくすく纏める
TVや会社の健康診断でコレステロール値が高いので下げましょうと言われたりしますが、コレステロールが高いとどんな病気になるのでしょう。

コレステロールが引き起こす病気で代表的なのは以下です。
・動脈硬化
・高脂血症
・胆石
・脳梗塞、脳出血
・心筋梗塞
・狭心症

■動脈硬化

動脈が詰まったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失った状態となり、スムーズに血液が流れなくなります。
動脈硬化|動脈硬化の症状・予防・原因・改善 – 病気・症状 チェック

動脈硬化が進行すると、日本人の死因の主な原因である狭心症、心筋梗塞などや脳梗塞、脳出血などを引き起こす恐れがあります。

動脈硬化は大きく3つに分類することができます。
【コレステロールが原因の病気】 – How to コレステロール

●粥状動脈硬化
コレステロールが太い血管にたまり、お粥のようなかたまりができます。
●細動脈硬化
脳、腎臓の細い動脈に動脈硬化を起こします。
●中膜硬化
腕や太ももの動脈の壁にある内層と呼ばれる中膜が石灰化します。

■高脂血症

血液中のコレステロールや中性脂肪が増加した状態です。
高脂血症とは

糖尿病と同様に自覚症状に乏しく、動脈硬化によって重篤な病気を引き起こすのが特徴です。

■胆石

胆石とは、胆嚢(たんのう)や胆管(たんかん)内にできる結石のことです。
胆石 - 健康マトリックス

特に中高年の、肥満した女性に多いという特徴があります。

結石ができる場所によって、肝内結石、胆管結石、胆嚢結石に分類されます。
胆石症 – goo ヘルスケア

●胆嚢結石
無症状が殆どですが、脂肪分の多い食物をとったあとに起きる上腹部、とくに右季肋部(右の肋骨(ろっこつ)の下)あたりの周期的な胆石疝痛と呼ばれる腹痛が特徴です。
●胆管結石
無症状の方は殆ど無く腹痛(とくにみぞおち)、発熱などの症状が出ます。
●肝内結石
よくみられる症状は発熱や腹痛。また黄疸になることもあります。

■脳梗塞

脳の血管が詰まったり血のめぐりが低下し、脳組織が壊死(えし)します。
脳梗塞 – goo ヘルスケア

典型的な症状として、意識障害、片麻痺(片方の手足の麻痺)。
顔面の感覚障害、言語障害、失語症などがあります。

■心筋梗塞

血栓により冠動脈が完全に詰まって心筋に血液が行かなくなった状態
心筋梗塞・急性心筋梗塞|心筋梗塞の症状・原因・前兆・予防

症状は、胸に痛みを感じ、呼吸困難や吐き気、冷や汗など
安静の状態で30分以上胸の痛みが持続する場合は急性心筋梗塞が疑われます

■狭心症

発作的に、胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす病気です。発作の起こり方、原因により分類されます。
狭心症 – goo ヘルスケア

●労作性狭心症
歩行などの身体的な労作、精神的な興奮・ストレスが誘因
●安静狭心症
労作・ストレスに関係なく起こる狭心症
●異型狭心症
冠動脈のけいれんによって起こる狭心症
●安定型狭心症
発作の起こり方が一定している狭心症で、労作性狭心症の大部分がこれに属します。
●不安定型狭心症
安定型狭心症と比べ、冠動脈に高度な狭窄病変を認めることが多く、心筋梗塞へと進展する可能性の高い状態

https://matome.naver.jp/odai/2136741736981988401
2013年05月11日