米ボストン「爆弾テロ」容疑者確保!【最新情報】

ウルウル総司令官
ボストン爆弾テロに関連の最新ニュース!

ボストン爆弾テロ 身柄拘束の容疑者、重傷も命に別条なし

アメリカ・ボストンマラソンの大会中に起きた連続爆弾テロで、捜査当局は、日本時間20日朝、逃走していた19歳の容疑者の身柄を拘束した。
発生5日目で容疑者の身柄が拘束されたボストンの爆弾テロ事件。
捜査当局の会見場所では、夕方の会見の終了後に突然、多くの警察関係車両や装甲車などが通り、一気に緊張感が高まった。
日本時間20日午前に開かれた捜査当局の会見によると、ジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)は前日の夜に、警察との銃撃戦で負ったけがで、すでに血だらけだったという。
身柄を拘束されたあと、病院に搬送され、重傷だが、命に別条はなく、裁判を受けることができる状態だと発表している。
また警察は、上空のヘリコプターから、赤外線を使って、容疑者がボートに隠れているのを確認したという。
ボストンでは、住民が外出を控えるなど、厳戒態勢が続いていたが、ようやく住民は安堵(あんど)できる週末を迎えることができるとみられる。

<ボストン爆破テロ>「ようやく外に」…住民から安堵の声

【ウォータータウン(米東部マサチューセッツ州)小坂大、ニューヨーク草野和彦】暗闇の中で沸き上がる歓声--。ボストンを恐怖に陥れた連続爆破テロ事件容疑者の逃走劇が19日夜(日本時間20日朝)、幕を閉じた。捜査当局は銃を乱射して逃げる男を住宅の裏庭にまで追い詰め、拘束に成功した。「ウィ・ガット・ヒム(彼を捕まえた)」。警察の発表に、極度の緊張を強いられた住民にようやく笑顔が戻った。

逃走していたジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)が逃げ込んだのは、ボストン郊外ウォータータウンの住宅の裏庭に置かれたボートの中。容疑者拘束の一報がもたらされると、何台もの捜査車両の青色灯に浮かび上がる住宅街から、続々と人々が姿を現した。「ボストン! ボストン!」。連呼が続いた。

「(容疑者と警官の)銃撃戦が起きてから、家の外でサイレンが鳴り響くばかりで、とても不安だった。ようやく外に出られてうれしい」。住民の女性が米CNNテレビに安堵(あんど)の声を寄せた。

地元警察はツイッターに「捕まえた!捜索は終わり、恐怖は去った。正義は勝った」と率直な気持ちを書き込んだ。

警察の追跡を受けたジョハル容疑者と兄のタメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)は18日夜、ウォータータウンに逃げ込んだ。

兄は警察との銃撃戦で死亡。米メディアによると、ジョハル容疑者は車を乗り捨て、徒歩で住宅街を逃げ、その途中で銃を乱射した。

19日午前、ウォータータウンだけでなく、ボストンなど7自治体で「封鎖」が決まった。パトリック州知事は捜査を最優先し、計約100万人の住民に外出自粛、企業に営業自粛を求めた。地下鉄やバスなどの公共交通機関は運行停止に。米大リーグのボストン・レッドソックスはこの日、ボストンで予定されていた試合を延期すると発表した。

ウォータータウンは州兵の装甲車やトラックが隊列を組み行進。上空には武装ヘリ「ブラックホーク」が旋回した。特殊部隊((SWAT)など重装備の警官が一軒ずつしらみつぶしにあたる中、住民は自宅で息を潜め「ゴーストタウン」のようになった。そしてようやく、ヘリの赤外線探知でジョハル容疑者がボートに隠れていることが分かった。

ツァルナエフ容疑者が通っていた高校のあるケンブリッジに住むタデセさん(51)は、「どんなやつか知らないが、容疑者の卒業校だなんて、全く考えられないことだ」と首を振り「ボストンの文化であるボストン・マラソンを狙うなんて許されることではない」と怒った。19日夜、記者会見したマサチューセッツ州警察のトップは「これで事件を司法の場に持ち込むことができる」と感慨深げに語った。

この日はくしくも大衆マラソン大会として最古の歴史を誇る「ボストン・マラソン」が1897年に第1回大会を開催した。

「信じられない」「いい子だった」=テロに走る兆候見せず―米爆弾テロ容疑者兄弟

【ボストン時事】「思いやりのあるいい子だった」「陽気な仲間だった」。ボストン爆弾テロ事件のジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)について、高校時代の教師やクラスメートは「信じられない」と口をそろえた。銃撃戦で死亡したタメルラン容疑者(26)も善良な市民と思われていた。何が兄弟をテロの道に踏み込ませたのか、謎のままだ。
米メディアによると、ツァルナエフ一家はロシア・チェチェン紛争の戦火を逃れ、カザフスタン経由で約10年前に米国へ移住。ボストン郊外のケンブリッジで暮らし始めた。生活はそれほど楽でなかったが、2人ともごく普通の青年だったという。弟は高校時代レスリングで活躍。兄はエンジニアを志望しつつ、ボクサーの訓練を受けていた。
兄は地域の大学に通っていた頃、宗教に傾倒。ある写真家のフォトエッセーによれば、宗教的理由から酒とたばこをやめた。「人が自分をコントロールできないことが心配だ」と語っていたという。弟もイスラムに深い関心を抱くようになった。
タメルラン容疑者は「米国人の友人はいない」と漏らしたとされるが、一方で「米国が好きだ。働く気があれば稼ぐチャンスがある」と話していた。ジョハル容疑者も「人生で大事なのはキャリアと金」とロシアの交流サイト(SNS)に書き、若者らしい野心を表していた。
こうした断片的情報からは、兄弟がテロに走る兆候は見られず、暗い情念や狂信的な側面は浮かび上がってこない。捜査当局は拘束したジョハル容疑者の取り調べを通じ、動機の解明に努めるが、兄弟の心の闇を照らし出すのは容易でないとみられる。

容疑者、血だらけで拘束=緊張の住宅街、安堵広がる―米爆弾テロ

【ボストン時事】民家敷地に置かれたボートに身を潜める容疑者。取り囲む警官隊。約1時間半のにらみ合いの末、血だらけのジョハル・ツァルナエフ容疑者が米ボストン郊外のウォータータウンで拘束された。18日夜にマサチューセッツ工科大で警官が射殺されてから約1日。テロ犯逃走の恐怖に支配されていた住宅街に安堵(あんど)が広がった。
事態が急転したのは午後7時ごろ。警察当局が容疑者を拘束できていないとした記者会見が終わって間もなく、銃声が住宅街に響き渡った。警察によると、庭のボートに掛けていたカバーの破れに気付いた住人がボート内をのぞいたところ、中に血が見えたため、警察に通報。駆け付けた警察と激しい撃ち合いになったとみられる。地元紙ボストン・グローブによると、容疑者の動きは州警察のヘリも上空からキャッチしていたという。
これを機に重装備の警官隊が一斉に現場に急行し、容疑者を包囲。午後8時40分ごろ身柄を確保した。
「よくやった」「USA、USA」。容疑者拘束の報が伝わると、現場周辺は、事態の推移を心配しながら見守っていた住民らの歓声や拍手に包まれた。

米警察、爆弾テロ容疑者拘束=ボート内に潜伏、銃撃戦―発生5日目、全容解明へ

ボストン爆弾テロ
【ボストン時事】米マサチューセッツ州のボストン・マラソン爆弾テロ事件で、警察当局は19日夜(日本時間20日午前)、ボストン近郊ウォータータウンで、逃亡していたジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)の身柄を拘束した。米メディアによれば、容疑者は住宅敷地に保管されたボートの中に隠れていたところを、警察が包囲。銃撃の応酬の末、拘束した。死傷者170人以上を出し、米社会を揺るがしたテロは発生から5日目に解決に向かった。

容疑者2人のうち1人は19日未明、警察との銃撃戦で死亡。捜査当局は拘束したツァルナエフ容疑者を追及し、動機を含め事件の全容解明を急ぐ。容疑者は重傷を負い、出血しており、病院に搬送された。容疑者はボストン郊外ケンブリッジに住むチェチェン人。
警察は19日未明からウォータータウンで建物などを一つ一つチェックしていくローラー作戦捜索を行ったが、同日夕のウォータータウンでの記者会見で、容疑者を拘束できていないことを明らかにしていた。ところが記者会見終了直後、突如銃声が響いた。警察の動きが慌ただしくなり、容疑者はほどなく拘束された。
警察によると、住人が庭に保管していたボートのカバーが破れているのに気付き、警察に通報した。

<ボストン爆発テロ>死亡の容疑者 「圧力鍋」爆弾投げ抵抗

ボストン爆弾テロの容疑者 –
【ウォータータウン(米マサチューセッツ州)小坂大】閑静な住宅街の上空をヘリコプターが旋回し、銃声と爆発音が寝静まった街を揺らした--。ボストン・マラソン連続爆破テロ事件は19日未明(日本時間19日午後)、ボストン郊外のウォータータウンで容疑者の男2人と捜査当局による銃撃戦へと急展開した。容疑者1人は死亡が確認されたが、もう1人は武装したまま車で逃走。ボストン全域や周辺で外出禁止が呼びかけられ、住民の姿が消えた街は異様な緊張感に包まれた。

ボストン爆弾テロ、容疑者2人の映像公表=FBI、情報提供呼び掛け

記者会見したFBIボストン支部のデロリエ支部長によると、映像は1人がバックパックを2回目の爆発が起きた場所に置く姿をとらえている。爆発はその直後に起きたという。2人は武装しているとみられ、同氏は「極めて危険だ」と述べた。【米連邦捜査局提供】

https://matome.naver.jp/odai/2136642738546894201
2013年04月20日