【結婚式】今さら聞けないっ!婚礼衣装のあれこれ【日本の歴史】

bergamasque
近年、和婚がブームです。が、婚礼衣装の種類にはいくつかあるのをご存じですか?今さら聞けない、聞くに聞けない花嫁さんの婚礼衣装の由来や歴史をまとめてみました。

白無垢

花嫁さんの定番衣装ですね。

白無垢(しろむく)とは、表裏白一色で仕立てた和服である。
古来、日本では白を神聖な色として、祭服の色に用いた。
白無垢 – Wikipedia

室町時代末期から江戸時代にかけて、花嫁衣裳、出産、葬礼、経帷子(きょうかたびら)、切腹の衣服とされた。
白無垢 – Wikipedia

切腹の衣服だったとはびっくり!

明治以降、洋式慣行が入り、葬礼等が黒になり、結婚式(神前挙式)で花嫁が着用する婚礼衣装と式服の下着に残る。
白無垢 – Wikipedia

結婚式で着るようになったのはごく最近とは意外でした。

色打掛

見た目も大変美しい色打掛。

室町時代に武家の婦人の秋から春にかけての礼服として羽織のように打ち掛けて着られていたのが由来。江戸時代に入って豪商や富裕な町家でも着られるようになり、次第に一般にも婚礼の礼服として普及する。
色打掛 – ウエディング用語辞典

武家社会では、「嫁ぎ先の色に染まる」という意味もある白無垢で嫁ぎ、その後、嫁ぎ先が準備した色味のある小袖に着替えることによって、「婚家の人になった」とされていました。この武家の風習のなごりが現在のお色直しの習慣です。
色打掛 [婚礼衣装] All About

白無垢より格下の装いだったが、現在では色打掛も正礼装とされている。
色打掛 – ウエディング用語辞典

結婚式で着ることも問題ないそうです。

黒引き振袖

黒もすてきです。

白無垢よりもその歴史は古く、かつて武家の婚礼衣裳として使われ、江戸後期から昭和初期までは一般的な花嫁衣装だった。
黒引き振袖 – ウエディング用語辞典

今はちょっと珍しいですよね。

綿帽子

綿帽子の歴史は、室町後期から安土桃山時代にかけての武家婦人の外出着として、小袖を頭から被って着られていた「被衣(かづき)」が起源。
綿帽子 – ウエディング用語辞典

元々は外出する際の埃除けや防寒具として用いられていたものだが、ウエディングドレスのベールと同様に「挙式が済むまで、花嫁は新郎以外の人に顔を見られないように」という風習から、婚礼風俗にも取り入られるようになったとされる。
綿帽子 – ウエディング用語辞典

角隠し

角隠し(つのかくし)は、和式の婚礼の儀において、花嫁が文金高島田(ぶんきんたかしまだ)と呼ばれる、日本的な高い髷(まげ)を結った髪の上に、頭を覆う形で被る帯状・幅広の布を言う。
角隠し – Wikipedia

・女性が嫁入りするにあたって、怒りを象徴する角を隠すことで、従順でしとやかな妻となることを示す
・かつて女は嫉妬に狂うと鬼になると言われていたため、鬼になることを防ぐための一種のまじない

目的として2つ言われているようです(俗説)。女が怖いのは今も昔も変わらず・・

関連リンク

https://matome.naver.jp/odai/2136629023519903101
2013年04月18日