【お酒】二日酔いの予防と回復 絶対に効く食べ物と飲み物まとめ

ライデン47
二日酔いに悩む方のために、特に効果的な食べ物と飲み物をまとめてみました。

二日酔い予防に食べておきたいもの

一番簡単な二日酔い対策は飲み過ぎないようにする事ですが、
量を気にしながらチビチビ飲んでいたくはないですよね。
食べながらゆっくり飲むことで肝臓の働きが活発になり二日酔い予防になります。
二日酔い予防に特に効果的な食べ物を紹介します。

特に豊富に含まれているのが、ビタミンCとビタミンAです。ビタミンCには、アルコールの代謝を促進させて、悪酔い、二日酔いを防ぐ作用があります。また、良質のたんぱく質やレシチン、サポニン等の成分も補給できるので、脂肪肝を予防して肝臓の負担をやわらげる効果もあります。
枝豆は悪酔い、二日酔い、脂肪肝の予防に効果的

体内に入ったチーズのタンパク質はすべて吸収され、肝臓の作用を助け、アセトアルデヒドを分解するのに力を発揮します。
食前にチーズを食べる事でチーズの成分が胃を覆い、胃への負担を抑えてくれるので、二日酔い防止になります。
二日酔い予防にチーズの良質たんぱく質 :二日酔いの治療

酔いの進行を妨げるメチオニンが含まれる食材を摂ることも大事なことです。
メニューによくある焼き鳥や鶏肉のから揚げは二日酔いを予防する最適なおつまみになります。
二日酔い防止のために大事な食べ物 :二日酔いの対策

良質のタンパク質は肝機能を正常に保つ働きがあり、ビタミン類やミネラル類にはその働きを手助けする重要な働きを持っています。
豆腐が好き!二日酔いに効果あり? お酒と豆腐

ピーナッツ

ナイアシンを多く含むおつまみの代表はピーナッツです。
ナイアシンはアルコールを分解する酵素と、アルコール分解から生じるアセトアルデヒドを分解する酵素の、両方を活性化します。
ナイアシン | 栄養素を知ろう!

レバーには強肝剤としての働きがあります。これは含硫アミノ酸の一つでメチオニンが、アルコール性飲料の害から肝臓を守るからで、二日酔いの防止に最適です。
二日酔いに効く食べ物:症状から調べる 自然食品効能辞典

鰹(かつお)

主成分は、たんぱく質です。ビタミンB12は魚肉のなかでトップクラスの含有量で、悪性貧血の改善や神経のバランスを保つ役目をします。またナイアシンの含有量も多く、血行をよくするほか、二日酔いや皮膚炎を予防したり、胃腸の健康をまもるのに役立ちます。
カツオ とは – コトバンク

にんにく

にんにくはビタミンB1を補うとともに肝臓の解毒酵素を増やして、飲み過ぎたお酒の毒素を速やかに分解し排泄してくれます。
二日酔い|にんにくの効果・効能|にんにく大辞典

ウコンの力

ウコンは肝臓機能であるアルコールの分解能力を高める働きをする成分、クルクミンが含まれています。
さらにウコンにはアルコールの分解を促進させる働きをするビタミン類が豊富に含まれています。
二日酔い対策 ウコンの力 :二日酔いの対策

二日酔いを早く治す食べ物

二日酔いの体は胃や肝臓の働きが低下しています。
水分を補給して脱水状態から抜け出すことも大切です。
早く回復させるには、水分と胃や肝臓の働きを高める食べ物が必要です。

アサリとシジミの味噌汁

二日酔いの朝にはアサリのみそ汁は最適です。
アサリには必須アミノ酸やタウリンが豊富に含まれているので、コレステロール値を下げたり、肝臓の解毒作用を強くする働きがあります。
シジミもアサリのように必須アミノ酸やタウリンが豊富に含まれているので、コレステロール値を下げたり、肝臓の解毒作用を強くする働きがあります。
貝類の効能 アサリ,シジミ,カキ,ホタテ

ビタミンCは肝臓の機能を助長する働きがあり、大根おろしには、そのビタミンCが豊富に含まれています。
大根自体よりも大根をおろすことによりビタミンCが豊富になるため、生の大根をかじるより、おろして味噌汁と一緒に飲む等すると、効果は絶大です。
大根おろしでビタミンCを補給 | 二日酔い対策ナビ

干し椎茸

干し椎茸を3枚用意し、茶碗の中に入れて水を注ぎます。10分ほど待てば、椎茸のエキスが十分しみ出してきます。あとはそれを一気に飲みます。そうすれば1時間もしないうちにむかつきが収まってくるでしょう。
飲みすぎてしまうあなたに簡単な二日酔い回復と予防! – 健康一番 遊びが大好き~

梅干し

梅の浄血作用が、二日酔いで濁った血液をきれいにし、頭をすっきりさせます。
梅干しを熱湯にといて飲むというやり方が一般的ですが、黒焼きの粉末を熱い番茶に入れたり、梅酒の冷水割りなども同様に効果があります。
二日酔い解消に効く食べ物

みかん

みかんに含まれているビタミン類やクエン酸は、お酒の飲み過ぎでおこる頭痛や胸のむかつきを緩和させてくれます。
二日酔い解消に効く食べ物

柿はタンニンの効果で飲みすぎの際にははやく酔いをさます働きをします。ただ、このタンニンは摂りすぎると便秘になるので気をつけましょう。
二日酔い解消に効く食べ物

牡蠣(かき)

牡蠣に含まれるタウリンは、二日酔い予防だけでなく、二日酔いの解消にも効果がある、肝臓の強い味方です♪
牡蠣はこのほかにも肝機能を高める効果のある亜鉛やマンガンも含まれています。
食 Do! |大人の女力アップのための食ポータルサイト|トラブル解決エコレシピ:肝機能低下

卵のタンパク質は、人間の体内では作れない必須アミノ酸をすべて含み、肝機能の強化に働きかけますので、二日酔いに効果的。たまご粥でもいいですし、生で食べてもいいですね。
二日酔いにならない飲酒量の計算式と二日酔い解消効果の食べ物5選 | nanapi [ナナピ]

グレープフルーツ(ジュースでも可)

グレープフルーツに含まれている糖分はアルコールの分解にも効果を発揮します。
その中でもフルクトースという糖分はアルコールを最終的に水と二酸化炭素まで分解する機能を持っています。
二日酔い解消にグレープフルーツ:二日酔い解消ドットコム

飲み物のなかではお茶が効果的です。昔から「二日酔いにはお茶がよい」といわれているように、緑茶に含まれるカテキンやビタミンC、サポニン、カフェインが二日酔い解消に働きます。
汗をかくことでも血中のアルコール濃度が薄くなり、有害物質が尿となって体の外に排出されます。
二日酔い解消/対策の食べ物

https://matome.naver.jp/odai/2136560257485111901
2013年05月21日